AdMob と Firebase の統合(Android ベータ版)

AdMob と Firebase の統合により、AdMob と Firebase のプラットフォーム間でデータを共有できます。Firebase と AdMob を使用している場合、Firebase が広告データにアクセスし、AdMob がアプリと分析データにアクセスします。

この機能は、Android アプリ向けのベータ版として公開されています。ベータ版プログラムに参加すると、SDK のベータ版をダウンロードして統合することができます。

Android ベータ版ビルドの統合手順

  1. AdMob と Firebase SDK のベータ版をここからダウンロードします。

  2. ローカルの Maven リポジトリを設定します。

    Google Mobile Ads Android の EAP ビルドを統合するには、ローカルの Maven リポジトリを設定する必要があります。Gradle は、以下の順番で確認を行い、ローカルの Maven リポジトリの場所を探します。

    1. $HOME/.m2/settings.xml ファイル。ローカル Maven リポジトリ ディレクトリが指定されています。注: Windows の場合、%USERPROFILE%\.m2 に存在することがあります。
    2. $M2_HOME/conf/settings.xml ファイル。ローカル Maven リポジトリ ディレクトリが指定されています。
    3. settings.xml ファイルが見つからない場合、Gradle はローカル Maven リポジトリ ディレクトリとしてデフォルトの場所 $HOME/.m2/repository/ を使用します。このディレクトリが存在しない場合には作成されます。

    正しい場所を確認できたら、GoogleMobileAds-Android-Beta-10.2.3.zip ファイルの内容をローカル Maven リポジトリ ディレクトリに追加します。

    次に、プロジェクト レベルの build.gradle ファイルのリポジトリ セクションに以下の太字の行を追加し、ローカル Maven リポジトリを使用するように Gradle を設定します。

    allprojects {
        repositories {
            mavenLocal()
            jcenter()
        }
    }
  3. Google Mobile Ads EAP ビルドの依存関係を Gradle ファイルに追加します。

    プロジェクトで Google Mobile Ads SDK の EAP ビルドを使用するには、依存関係として、このファイルをアプリの build.gradle ファイルで参照する必要があります。アプリケーション レベルの build.gradle ファイルを開き、以下の太字の行を依存関係のセクションに追加します。

    ...
    dependencies {
        compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
        ...
        implementation 'com.google.firebase:firebase-ads:10.2.3'
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:10.2.3'
    }
    ...
  4. ProGuard を使用している場合は、次のコードを ProGuard の構成に追加します(デフォルトは proguard-rules.pro)。

    -keep public class com.google.firebase.analytics.FirebaseAnalytics {
        public *;
    }
    
    -keep public class com.google.android.gms.measurement.AppMeasurement {
        public *;
    }

確認手順

統合が正しく機能していることを確認するには、Firebase の DebugView手順)を使用して、ad_click イベントと ad_impression イベントがアプリから送信されていることを確認します。DebugView を構成した後、アプリ内で広告を読み込んで表示すると、ad_impression イベントがトリガーされます。