レポート

新しい AdMob アカウントでは、AdSense Management API を利用してレポートを作成することができます。

警告: 以前の AdMob レポートデータは、AdSense Management API 経由では利用できません。

概念

下記は、AdMob に関する重要な概念です。

アカウント:

AdSense アカウントには pub-xxxxxxxxxxxxxxxx という形式の ID が割り当てられます。AdMob にログインすると、「パブリッシャー ID」がページの右上に表示されます。この ID は、AdSense Management API リファレンスのほとんどのエンドポイントにアクセスするのに必要です。

広告クライアント:

広告クライアントは、アカウントと製品の関係を指定します。

新しい AdMob アカウントには、ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx という形式の広告クライアント ID が付属しています(広告クライアントを取得するには AdSense Management API で Accounts.adclients.list 呼び出しを使用できます)。この広告クライアント ID を、すべての広告 AdMob レポートで必要に応じて使用します。

広告ユニット:

広告ユニットは、広告の個々のプレースホルダを指定します。

広告ユニット ID は、AdMob ページの [収益化] -> [すべてのアプリ] -> [該当のアプリ] で確認できます。レポートの対象となる広告ユニットを探して、広告ユニット ID を見つけます。広告ユニット ID は ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx/nnnnnnnnnn という形式ですが、AdSense Management API で使用するために、それを ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx:nnnnnnnnnn 形式に変更してください。

また、API で Accounts.adunits.list 呼び出しを使用して広告ユニットを取得することもできます。

AdSense Management API のドキュメントには、多数のサンプルが用意されています。

ディメンション

AdMob 専用のディメンションは以下のとおりです。

ディメンション 説明
APP_ID アプリのアプリストア ID またはバンドル ID。iOS アプリの場合は 1:、Android アプリの場合は 2: で始まります。例: 1:476954712、2:com.labpixies.lineup
APP_NAME アプリの名前。このフィールドは最大 80 文字で、App Store や Google Play ストアでアプリの名前が変更されても更新されることはありません。例: Flood-It!、Line Up
APP_PLATFORM アプリのプラットフォーム。例: iOS、Android

AdSense Management API のドキュメントには、その他のディメンションと指標についても記載されています(AdMod に関連しないものもあります)。

おすすめの方法

AdMob の収益のみを確認する場合は、次の例のように AdMob アカウント ID でフィルタを設定します。

filter: "AD_CLIENT_ID==ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx"

同様に、単一のアプリの収益を確認する場合は、次のようにフィルタにアプリ ID を設定します。

filter: "APP_ID==2:com.labpixies.lineup"

フィードバックを送信...