Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

ユーザープロパティを設定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザー プロパティは、言語設定や地理的位置など、ユーザー ベースのセグメントを記述するために定義する属性です。これらを使用して、アプリの対象ユーザーを定義できます。このガイドでは、アプリでユーザー プロパティを設定する方法について説明します。

Analytics は一部のユーザー プロパティを自動的に記録します。それらを有効にするためにコードを追加する必要はありません。追加のデータを収集する必要がある場合は、プロジェクトごとに最大 25 の異なるユーザー プロパティを設定できます。ユーザー プロパティ名は大文字と小文字が区別されることに注意してください。大文字と小文字のみが異なる名前の 2 つのユーザー プロパティを設定すると、2 つの異なるユーザー プロパティがログに記録されることに注意してください。

Google が予約している一部のユーザー プロパティ名は使用できません。

  • 性別
  • 興味

あなたが始める前に

プロジェクトをセットアップし、Analytics の使用開始の説明に従って Analytics にアクセスできることを確認してください。

ユーザー プロパティの設定

Analytics のユーザー プロパティを設定して、アプリのユーザーを説明できます。カスタム定義を作成し、それらを使用してレポートに比較を適用したり、対象ユーザーの評価基準として使用したりすることで、ユーザー プロパティを利用できます。

ユーザー プロパティを設定するには、次の手順に従います。

  1. Firebase コンソールのAnalyticsの [カスタム定義]ページで、ユーザー プロパティのカスタム定義を作成します。詳しくは、カスタム ディメンションと指標をご覧ください。
  2. setUserProperty()メソッドを使用して、アプリでユーザー プロパティを設定します。

次の例は、架空の「好きな食べ物」プロパティを追加する方法を示しています。これは、文字列foodの値をアクティブなユーザーに割り当てます。

迅速

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
Analytics.setUserProperty(food, forName: "favorite_food")

Objective-C

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
[FIRAnalytics setUserPropertyString:food forName:@"favorite_food"];

このデータには、Firebase コンソールのアナリティクスカスタム定義ページからアクセスできます。このページには、アプリ用に定義したユーザー プロパティのリストが表示されます。これらのプロパティは、Google アナリティクスで利用できる多くのレポートの比較に使用できます。 Firebase ヘルプセンターでアナリティクス レポート ダッシュボードの詳細をご覧ください。