Catch up on everthing we announced at this year's Firebase Summit. Learn more

Firebase コンソールを使用して Android アプリをテスターに配布する

このガイドでは、APK を App Distribution にアップロードし、Firebase コンソールを使用してビルドをテスターに配布する方法について説明します。

始める前に

まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。

他の Firebase プロダクトを使用していない場合は、プロジェクトを作成してアプリを登録するだけでかまいません。ただし、今後追加のプロダクトを使用する場合は、上述のリンク先のページのステップをすべて完了してください。

ステップ 1. アプリをビルドする

アプリのプレリリース版をテスターに配布する準備ができたら、通常のプロセスに従って APK をビルドします。APK はデバッグ鍵またはアプリ署名鍵を使用して署名する必要があります。

ステップ 2. テスターにアプリを配布する

テスターにアプリを配布するには、Firebase コンソールを使用して APK ファイルをアップロードします。

  1. Firebase コンソールの [App Distribution] ページを開きます。指示に従って Firebase プロジェクトを選択します。

  2. [リリース] ページで、配布するアプリをプルダウン メニューから選択します。

  3. アプリの APK ファイルをコンソールにドラッグしてアップロードします。

  4. アップロードが完了したら、ビルドを受け取るテスター グループとテスターを指定します。次に、ビルドのリリースノートを追加します。

    テスター グループの作成方法については、テスターの管理をご覧ください。

  5. [Distribute] をクリックして、テスターがビルドを利用できるようにします。

ビルドを配布すると、Firebase コンソールの App Distribution ダッシュボードで 150 日間(5 か月間)利用できます。ビルドが期限切れになる 30 日前に、テストデバイス上のテスターのビルドリストとコンソールの両方に有効期限のお知らせが表示されます。

アプリのテストに招待されていないテスターには、開始するための招待メールが届きます。既存のテスターには、新しいビルドのテスト準備ができていることを知らせるメールが届きます(テストアプリのインストール手順についてはテスターの設定ガイドをご覧ください)。Firebase コンソールで各テスターのステータス(招待を承諾したか、アプリをダウンロードしたか)を確認できます。

招待の有効期間は 30 日です。この期間内にテスターは招待を承諾してアプリのテストを開始できます。招待が期限切れになる 5 日前に、Firebase コンソール内の、リリースのテスターの横に有効期限のお知らせが表示されます。招待は、テスターの行のプルダウン メニューから再送信することで更新できます。