Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Android でパスワード ベースのアカウントを使用して Firebase 認証を行う

Firebase Authentication を使用することで、ユーザーが Firebase での認証にメールアドレスとパスワードを使用できるようにし、アプリのパスワード ベースのアカウントを管理できます。

始める前に

  1. まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。

  2. アプリを Firebase プロジェクトに接続していない場合は、Firebase コンソールで接続します。
  3. メールアドレスとパスワードによるログインを有効にします。
    1. Firebase コンソールで [Authentication] セクションを開きます。
    2. [ログイン方法] タブで [メール / パスワード] を有効にして、[保存] をクリックします。
  4. Firebase Android BoM を使用して、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)で Firebase Authentication Android ライブラリの依存関係を宣言します。

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:28.0.1')
    
        // Declare the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth'
    }
    

    Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、ライブラリのバージョンの管理に BoM を使用することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Declare the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth:21.0.1'
    }
    

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:28.0.1')
    
        // Declare the dependency for the Firebase Authentication library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx'
    }
    

    Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Declare the dependency for the Firebase Authentication library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-auth-ktx:21.0.1'
    }
    

パスワード ベースのアカウントを作成する

パスワードを使用して新しいユーザー アカウントを作成するには、アプリのログイン アクティビティで次の手順に沿って操作します。

  1. 登録アクティビティの onCreate メソッドで、FirebaseAuth オブジェクトの共有インスタンスを取得します。

    Java

    private FirebaseAuth mAuth;
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    mAuth = FirebaseAuth.getInstance();

    Kotlin+KTX

    private lateinit var auth: FirebaseAuth
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    auth = Firebase.auth
  2. アクティビティを初期化するときに、ユーザーが現在ログインしているかどうかを確認します。

    Java

    @Override
    public void onStart() {
        super.onStart();
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        FirebaseUser currentUser = mAuth.getCurrentUser();
        if(currentUser != null){
            reload();
        }
    }

    Kotlin+KTX

    public override fun onStart() {
        super.onStart()
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        val currentUser = auth.currentUser
        if(currentUser != null){
            reload();
        }
    }
  3. 新しいユーザーがアプリの登録フォームを使用して登録したら、アプリで必要な新しいアカウントの検証手順(新しいアカウントのパスワードが正しく入力されていることや、パスワードの複雑さの要件を満たしているかの確認など)を行います。
  4. 新しいユーザーのメールアドレスとパスワードを createUserWithEmailAndPassword に渡して、新しいアカウントを作成します。

    Java

    mAuth.createUserWithEmailAndPassword(email, password)
            .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                @Override
                public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                    if (task.isSuccessful()) {
                        // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                        Log.d(TAG, "createUserWithEmail:success");
                        FirebaseUser user = mAuth.getCurrentUser();
                        updateUI(user);
                    } else {
                        // If sign in fails, display a message to the user.
                        Log.w(TAG, "createUserWithEmail:failure", task.getException());
                        Toast.makeText(EmailPasswordActivity.this, "Authentication failed.",
                                Toast.LENGTH_SHORT).show();
                        updateUI(null);
                    }
                }
            });

    Kotlin+KTX

    auth.createUserWithEmailAndPassword(email, password)
            .addOnCompleteListener(this) { task ->
                if (task.isSuccessful) {
                    // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                    Log.d(TAG, "createUserWithEmail:success")
                    val user = auth.currentUser
                    updateUI(user)
                } else {
                    // If sign in fails, display a message to the user.
                    Log.w(TAG, "createUserWithEmail:failure", task.exception)
                    Toast.makeText(baseContext, "Authentication failed.",
                            Toast.LENGTH_SHORT).show()
                    updateUI(null)
                }
            }
    新しいアカウントが作成されると、ユーザーのログインも行われます。コールバックでは、getCurrentUser メソッドを使用してユーザーのアカウント データを取得できます。

メールアドレスとパスワードを使用してユーザーのログインを行う

パスワードを使用したユーザーのログイン手順は、新しいアカウントの作成手順と似ています。アプリのログイン アクティビティで、次の手順を行います。

  1. ログイン アクティビティの onCreate メソッドで、FirebaseAuth オブジェクトの共有インスタンスを取得します。

    Java

    private FirebaseAuth mAuth;
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    mAuth = FirebaseAuth.getInstance();

    Kotlin+KTX

    private lateinit var auth: FirebaseAuth
    // ...
    // Initialize Firebase Auth
    auth = Firebase.auth
  2. アクティビティを初期化するときに、ユーザーが現在ログインしているかどうかを確認します。

    Java

    @Override
    public void onStart() {
        super.onStart();
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        FirebaseUser currentUser = mAuth.getCurrentUser();
        if(currentUser != null){
            reload();
        }
    }

    Kotlin+KTX

    public override fun onStart() {
        super.onStart()
        // Check if user is signed in (non-null) and update UI accordingly.
        val currentUser = auth.currentUser
        if(currentUser != null){
            reload();
        }
    }
  3. ユーザーがアプリにログインしたら、そのユーザーのメールアドレスとパスワードを signInWithEmailAndPassword に渡します。

    Java

    mAuth.signInWithEmailAndPassword(email, password)
            .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
                @Override
                public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                    if (task.isSuccessful()) {
                        // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                        Log.d(TAG, "signInWithEmail:success");
                        FirebaseUser user = mAuth.getCurrentUser();
                        updateUI(user);
                    } else {
                        // If sign in fails, display a message to the user.
                        Log.w(TAG, "signInWithEmail:failure", task.getException());
                        Toast.makeText(EmailPasswordActivity.this, "Authentication failed.",
                                Toast.LENGTH_SHORT).show();
                        updateUI(null);
                    }
                }
            });

    Kotlin+KTX

    auth.signInWithEmailAndPassword(email, password)
            .addOnCompleteListener(this) { task ->
                if (task.isSuccessful) {
                    // Sign in success, update UI with the signed-in user's information
                    Log.d(TAG, "signInWithEmail:success")
                    val user = auth.currentUser
                    updateUI(user)
                } else {
                    // If sign in fails, display a message to the user.
                    Log.w(TAG, "signInWithEmail:failure", task.exception)
                    Toast.makeText(baseContext, "Authentication failed.",
                            Toast.LENGTH_SHORT).show()
                    updateUI(null)
                }
            }
    ログインが成功したら、返された FirebaseUser を使用して処理を進めることができます。

次のステップ

ユーザーが初めてログインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、ユーザーがログインに使用した認証情報(ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダ情報)にアカウントがリンクされます。この新しいアカウントは Firebase プロジェクトの一部として保存され、ユーザーのログイン方法にかかわらず、プロジェクトのすべてのアプリでユーザーを識別するために使用できます。

  • アプリでは、FirebaseUser オブジェクトからユーザーの基本的なプロフィール情報を取得します。ユーザーを管理するをご覧ください。

  • Firebase Realtime Database と Cloud Storage のセキュリティ ルールでは、ログイン済みユーザーの一意のユーザー ID を auth 変数から取得し、それを使用して、ユーザーがアクセスできるデータを管理できます。

既存のユーザー アカウントに認証プロバイダの認証情報をリンクすることで、ユーザーは複数の認証プロバイダを使用してアプリにログインできるようになります。

ユーザーのログアウトを行うには、signOut を呼び出します。

Java

FirebaseAuth.getInstance().signOut();

Kotlin+KTX

Firebase.auth.signOut()