Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase Crashlytics を使ってみる

このクイックスタートでは、Firebase コンソールで包括的なクラッシュ レポートを表示できるよう、Firebase Crashlytics SDK を使用してアプリに Firebase Crashlytics を設定する方法について説明します。

Crashlytics を設定するには、Firebase コンソールと IDE の両方でタスク(Firebase 構成ファイルと Crashlytics SDK の追加など)を行う必要があります。設定を完了するには、強制的にテスト クラッシュを発生させて、最初のクラッシュ レポートを Firebase に送信する必要があります。

始める前に

  1. まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。Android アプリをお持ちでない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  2. 推奨: クラッシュに遭遇していないユーザー数の表示、パンくずリストのログ、ベロシティ アラートなどの機能を利用するには、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にする必要があります。

    • 既存の Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていない場合は、Firebase コンソールで、 > [プロジェクトの設定][統合] タブで Google アナリティクスを有効にします。

    • 新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

ステップ 1: Firebase コンソールで Crashlytics を有効にする

  1. Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードに移動します。

  2. ページの上部にある [Crashlytics] の横にあるプルダウンで目的のアプリが選択されていることを確認します。

  3. [Crashlytics を有効にする] をクリックします。

ステップ 2: アプリに Firebase Crashlytics プラグインを追加する

  1. プロジェクト レベルbuild.gradle ファイルで、buildscript の依存関係として Crashlytics Gradle プラグインを追加します。

    buildscript {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    
        dependencies {
            // ...
    
            // Check that you have the Google services Gradle plugin v4.3.2 or later
            // (if not, add it).
            classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.10'
    
            // Add the Crashlytics Gradle plugin
            classpath 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-gradle:2.7.1'
        }
    }
    
    allprojects {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    }
  2. アプリレベルbuild.gradle ファイルで、Crashlytics Gradle プラグインを適用します。

    apply plugin: 'com.android.application'
    apply plugin: 'com.google.gms.google-services' // Google services Gradle plugin
    
    // Apply the Crashlytics Gradle plugin
    apply plugin: 'com.google.firebase.crashlytics'
    

ステップ 3: アプリに Firebase Crashlytics SDK を追加する

Firebase Android BoM を使用して、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)で Crashlytics Android ライブラリの依存関係を宣言します。

Crashlytics でのエクスペリエンスを最適化するために、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にして、Google アナリティクス用の Firebase SDK をアプリに追加することをおすすめします。

Java

dependencies {
    // Import the BoM for the Firebase platform
    implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:28.3.1')

    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics'
}

Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

(別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

dependencies {
    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics:18.2.1'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:19.0.0'
}

Kotlin+KTX

dependencies {
    // Import the BoM for the Firebase platform
    implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:28.3.1')

    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ktx'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
}

Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

(別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

dependencies {
    // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
    // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ktx:18.2.1'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx:19.0.0'
}

ステップ 4: 強制的にテスト クラッシュを発生させて設定を完了する

Crashlytics の設定を完了し、Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードで最初のデータを確認するには、強制的にテスト クラッシュを発生させる必要があります。

  1. 強制的にテスト クラッシュを発生させるためのコードをアプリに追加します。

    アプリの MainActivity で次のコードを使用するとアプリにボタンが追加され、このボタンを押すとクラッシュを発生させることができます。ボタンには「Test Crash」というラベルが付いています。

    Java

    Button crashButton = new Button(this);
    crashButton.setText("Test Crash");
    crashButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
       public void onClick(View view) {
           throw new RuntimeException("Test Crash"); // Force a crash
       }
    });
    
    addContentView(crashButton, new ViewGroup.LayoutParams(
           ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT,
           ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT));
    

    Kotlin+KTX

    val crashButton = Button(this)
    crashButton.text = "Test Crash"
    crashButton.setOnClickListener {
       throw RuntimeException("Test Crash") // Force a crash
    }
    
    addContentView(crashButton, ViewGroup.LayoutParams(
           ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT,
           ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT))
    
  2. アプリをビルドして実行します。

  3. アプリの最初のクラッシュ レポートを送信するために、強制的にテスト クラッシュを発生させます。

    1. テスト用のデバイスまたはエミュレータからアプリを開きます。

    2. アプリ内で、上述のコードを使用して追加した [Test Crash] ボタンを押します。

    3. アプリがクラッシュしたら再起動します。これにより、Firebase にクラッシュ レポートが送信されます。

  4. Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードに移動して、テスト クラッシュを確認します。

    コンソールを更新し、5 分経過してもテスト クラッシュが表示されない場合は、デバッグ ロギングを有効にして、アプリがクラッシュ レポートを送信しているかどうかを確認してください。


これで完了です。これで Crashlytics がアプリのクラッシュをモニタリングするようになったため、Crashlytics ダッシュボードでクラッシュ レポートと統計情報を確認、調査できます。

次のステップ