Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase Crashlytics を使ってみる

このクイックスタートでは、Firebase コンソールで包括的なクラッシュ レポートを表示できるよう、Firebase Crashlytics SDK を使用してアプリに Firebase Crashlytics を設定する方法について説明します。

始める前に

  1. まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。Android アプリをお持ちでない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  2. 省略可: クラッシュに遭遇していないユーザー、パンくずリスト、カスタム イベントなどのクラッシュ指標を取得するには、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にする必要があります。

    1. 既存の Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていない場合は、 > [プロジェクトの設定] の[統合] タブで Google アナリティクスを有効にできます。

      新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

    2. 最後に、Google アナリティクス コンソールの、[管理] タブ > [アカウント設定] > [データ共有設定] で、データ共有を有効にします。

      古い Firebase プロジェクトでは、(Firebase コンソールの) > [プロジェクト設定] の [統合] タブで、データ共有を有効にしなければならない場合があります。

ステップ 1: Firebase コンソールで Crashlytics を設定する

  1. Firebase コンソールの左側のナビゲーション パネルにある [Crashlytics] をクリックします。

  2. Firebase プロジェクトに複数のアプリが登録されている場合は、コンソールの上部バーにある [Crashlytics] の横にあるプルダウンから追加したアプリを選択します。

  3. [Crashlytics を有効にする] をクリックします。

ステップ 2: アプリに Firebase Crashlytics を追加する

  1. プロジェクト レベルの build.gradle ファイルで、ビルド スクリプトの依存関係として Crashlytics Gradle プラグインを追加します。
    buildscript {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    
        dependencies {
            // ...
    
            // Check that you have the Google Services Gradle plugin v4.3.2 or later
            // (if not, add it).
            classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.5'
    
            // Add the Crashlytics Gradle plugin (be sure to add version
            // 2.0.0 or later if you built your app with Android Studio 4.1).
            classpath 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-gradle:2.5.2'
        }
    }
    
    allprojects {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    }
       
  2. アプリレベルの build.gradle ファイルで、Crashlytics Gradle プラグインを適用します。
    apply plugin: 'com.android.application'
    
    apply plugin: 'com.google.gms.google-services' // Google Services Gradle plugin
    
    // Apply the Crashlytics Gradle plugin
    apply plugin: 'com.google.firebase.crashlytics'
        

ステップ 3: Crashlytics を初期化する

  1. Firebase Android BoM を使用して、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)で Crashlytics Android ライブラリの依存関係を宣言します。

    Crashlytics のエクスペリエンスを最適化するために、プロジェクトで Google アナリティクスを有効にすることをおすすめします。また、Google アナリティクスの設定の一環として、Google アナリティクス用の Firebase SDK をアプリに追加する必要もあります。

    クラッシュの影響を受けていないユーザーとパンくずリストをリアルタイムで取得するには、v24.7.1 以降の BoM を使用してください。

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:27.1.0')
    
        // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics'
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics'
    }
    

    Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、ライブラリのバージョンの管理に BoM を使用することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics:17.4.1'
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:18.0.3'
    }
    

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:27.1.0')
    
        // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ktx'
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
    }
    

    Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、ライブラリのバージョンの管理に BoM を使用することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Declare the dependencies for the Crashlytics and Analytics libraries
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ktx:17.4.1'
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx:18.0.3'
    }
    

  2. 省略可: Firebase Crashlytics では、Android ネイティブ開発キット(NDK)を使用してビルドされたアプリのクラッシュ レポートを取得できます。アプリで NDK を使用している場合、アプリの基礎となる NDK ライブラリで発生したクラッシュを報告するように Crashlytics を構成できます。方法については、NDK クラッシュ レポートに関するドキュメントをご覧ください。

ステップ 4: プロジェクトを実行する

最後に、アプリを実行します。デバイスログに、初期化が完了したという Firebase の確認が表示されます。

次のステップ