コンソールへ移動

Fabric からリンクした後の移行手順

Firebase へようこそ

アプリを Firebase に移行したので、Firebase の機能を確認して設定しましょう。

  • Firebase Crashlytics の新機能を確認する。

  • アプリに Google アナリティクスをインストールして初期化する。新しい機能だけでなく、クラッシュの影響を受けていないユーザーなど、Fabric で提供されていた機能も使用できます。

  • Firebase と Fabric の両方に通知設定を構成する。

  • チームを招待して Firebase の使用を開始し、移行したアプリに Firebase コンソールからアクセスできるようにする。

  • よくある質問を確認する。

移行後の相違点

リンクしたアプリの場合、Firebase Crashlytics ダッシュボード(Firebase コンソール)に Crashlytics データが表示されます。リンクプロセスで Crashlytics SDK または Fabric API キーは変更されません。

今後数か月以内に、iOS と Android 用に Firebase 固有の Crashlytics SDK をリリースし、アップグレードの詳細を提供する予定です。このため、現時点で iOS または Android アプリを移行する場合、次の点に注意してください。

  • iOS と Android の SDK は変更されていないため、Crashlytics SDK の使用方法を変更しないでください。

  • Fabric API キーを変更または削除しないでください。

Firebase Crashlytics の機能を確認する

Crashlytics データは Firebase Crashlytics ダッシュボード(Firebase コンソール)に表示されます。

Firebase Crashlytics には、次のような新機能があります。

Google アナリティクスの使用を開始

Google アナリティクスは Firebase の分析エンジンで、データに関する詳細な分析情報を提供します。

Google アナリティクス SDK のインストール

iOSAndroidUnity アプリに SDK をインストールして初期化する方法については、Google アナリティクスのドキュメントをご覧ください。

Crashlytics で Google アナリティクスが役立つ仕組み

Google アナリティクスでは、次のように Fabric で使用していた便利な機能を利用できます。

最新リリースをモニタリングする

アプリで Google アナリティクスを初期化すると、Firebase コンソールの最新リリースページで現行のビルドの安定性と指標をモニタリングできます。

最新リリースページにアクセスする方法はいくつかあります。

Answers ではなくイベントを使用する

Google アナリティクスでは、Fabric の Answers と同様に、カスタム イベントと定義済みイベントを設定できます。

  • Firebase でイベントを設定する方法については、ご使用のプラットフォーム(iOSAndroid、または Unity)の Google アナリティクスのドキュメントをご覧ください。

  • 既存の Answers イベントを Google アナリティクス イベントに変換する方法については、Fabric Analytics のページをご覧ください。

通知設定を構成する

Firebase への移行が完了したので、Firebase と Fabric の両方からメールが届きます。

次のように通知設定を構成できます。

  • Firebase の場合 - Firebase コンソールで Firebase の通知と統合を構成します。

    • 通知の場合、[アラート] > [アラート設定] の順に移動して、Crashlytics の Firebase アラート登録を管理します。
      Firebase コンソールの右上隅にあるベルのアイコンをクリックします。

    • 統合の場合、[プロジェクトの設定] > [統合] の順に移動し、Jira、Slack、PagerDuty の通知を設定します。

  • Fabric の場合 - Fabric の設定ページで Fabric の通知を構成します。

    • Firebase と Fabric の両方から重複したメールを受信しないように、Fabric 通知設定を変更してください。

チームメンバーを招待する

Firebase への移行が完了したので、チームを招待して Firebase の使用を開始し、移行したアプリに Firebase コンソールからアクセスできるようにします。

  • Firebase コンソールから - [プロジェクトの設定] > [ユーザーと権限] の順に移動して、チームメイトを Firebase プロジェクトのメンバーとして追加します。

  • Fabric サイトから - Fabric 移行ダッシュボードの招待ページにアクセスして、移行したアプリにチームメイトを招待します。アプリに関連付けられているすべてのチームメイトをワンクリックで Firebase プロジェクトに追加できます。

よくある質問

アプリをリンクしました。どうすればよいですか?

アプリを Firebase に移行したので、このページで Firebase の機能と設定方法を確認してください。

  • Firebase Crashlytics の新機能を確認する。

  • アプリに Google アナリティクス SDK をインストールして初期化する。新しい機能だけでなく、クラッシュの影響を受けていないユーザーなど、Fabric で提供されていた機能も使用できます。

  • Firebase と Fabric の両方に通知設定を構成する。

  • チームのメンバーを招待して Firebase の使用を開始し、移行したアプリに Firebase コンソールからアクセスできるようにする。

移行したアプリで、SDK にどのような変更を行う必要がありますか?

しばらくは、アプリで Crashlytics SDK と Fabric API キーを使用してください。今後数か月以内に、iOS と Android 用に Firebase 固有の Crashlytics SDK をリリースし、アップグレードの詳細を提供する予定です。

クラッシュの影響を受けていないユーザー、最新リリースのダッシュボード、イベント トラッキングなど、Firebase Crashlytics の機能にアクセスするには、アプリで Google アナリティクスを使用する必要があります。

アプリの最新リリースのステータスを確認する方法を教えてください。

最新リリースページを表示するには、アプリに Google アナリティクスが必要です。

  1. アプリに Google アナリティクス SDK をインストールして初期化します。

  2. 最新リリースページにアクセスする方法はいくつかあります。

クラッシュの影響を受けていないユーザーが表示されません。なぜですか?

クラッシュの影響を受けていないユーザーの指標を表示するには、アプリで Google アナリティクスを使用する必要があります。

  1. アプリに Google アナリティクス SDK をインストールして初期化します。

  2. Firebase Crashlytics ダッシュボードで指標を確認します。

Firebase に Crashlytics ベータ版がありませんが、Fabric アプリをリンクしました。どうすればよいですか?

App Distribution という新しいプロダクトとともに Crashlytics ベータ版を Firebase に組み込む作業を進めています。App Distribution に早期にアクセスしてフィードバックを送ることもできます。その場合は、登録が必要になります。

しばらくの間は、Firebase コンソールから Crashlytics をご利用ください。Fabric ダッシュボードから Crashlytics ベータ版を引き続き使用できます。

Firebase プロジェクトに複数のアプリがあります。どのように整理したらよいですか?

エンドユーザーから見て、1 つのプロジェクト内のすべてのアプリが、同じアプリケーションのプラットフォーム別のバリエーションとなるようにしてください。同じアプリやゲームの Android バージョンと iOS バージョンを同じ Firebase プロジェクトに接続してみることをおすすめします。通常、1 つのプロジェクト内にあるすべてのアプリは、同じ Firebase リソース(データベースやストレージ バケットなど)を共有します。

  • Firebase プロジェクトにアプリを追加するベスト プラクティスと注意事項については、Firebase プロジェクトについて理解するをご覧ください。

  • Fabric の組織から Firebase プロジェクトへ移行したアプリを移動する方法については、Fabric の Organizing Projects ページ(iOS または Android)をご覧ください。

Firebase アプリのリンクを解除するには、Firebase プロジェクトのオーナーになる必要があります。

  1. [プロジェクトの設定] > [統合] の順に移動します。

  2. [Fabric] カードで [管理] をクリックします。

  3. [リンクを解除] をクリックして、リンクの解除を確認します。

Firebase アプリのリンクを解除した後は、いつでも Fabric 移行ダッシュボードで再リンクできます。

リンクされた Fabric アプリを含む Firebase プロジェクトを削除しました。このアプリのリンクを解除するにはどうすればよいですか?

Firebase プロジェクトの復元や Firebase アプリのリンク解除を行うには、Firebase プロジェクトのオーナーになる必要があります。

  1. Google Cloud Console で Firebase プロジェクトを復元します。

    Firebase プロジェクトと Google Cloud プロジェクト(Google Cloud Console を含む)との関係の詳細については、Firebase プロジェクトについて理解するをご覧ください。

  2. このページで説明している手順に沿ってリンクを解除します。

Fabric の全体的な計画に関する情報はどこで入手できますか?

最新の情報は次のソースをご覧ください。

このページを見てもまだわからないことがあります。どこに問い合わせればよいですか?

Firebase への移行がスムーズにできるにように、サポート窓口を用意しています。移行に関するご質問やフィードバックについては、support@fabric.io までお問い合わせください。

次のステップ