Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Google Analyticsを使用して、クラッシュレポートの指標を取得します

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google アナリティクスは、Firebase の分析エンジンです。アプリで Analytics と Crashlytics を一緒に使用すると、クラッシュの影響を受けていないユーザー、クラッシュ前の特定のイベントを追跡するブレッドクラム、BigQuery など、問題を生成し、クラッシュ データをより詳細に追跡するのに役立つ機能を利用できます。アプリの主要な指標を視覚化できます。

このガイドでは、Crashlytics が設定されているアプリに Analytics を追加する方法について説明します (まだCrashlytics をアプリに追加していない場合)。

ステップ 1: Firebase 構成ファイルを追加する

  1. Firebase Android 構成ファイルをアプリに追加します。

    1. プロジェクト設定を開きます。 Your appsカードで、構成ファイルが必要なアプリのパッケージ名を選択します。

    2. [google-services.json をダウンロード] をクリックして、Firebase Android 構成ファイル ( google-services.json ) を取得します。

      • Firebase Android 構成ファイルはいつでも再ダウンロードできます。
      • 構成ファイルに(2)のような追加の文字が追加されていないことを確認してください。
    3. 構成ファイルをアプリのモジュール (アプリ レベル) ディレクトリに移動します。

  2. アプリで Firebase 製品を有効にするには、 google-services プラグインを Gradle ファイルに追加します。

    1. ルート レベル (プロジェクト レベル) の Gradle ファイル ( build.gradle ) で、ルールを追加して Google Services Gradle プラグインを含めます。また、Google の Maven リポジトリがあることも確認してください。

      buildscript {
      
        repositories {
          // Check that you have the following line (if not, add it):
          google()  // Google's Maven repository
        }
      
        dependencies {
          // ...
      
          // Add the following line:
          classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.15'  // Google Services plugin
        }
      }
      
      allprojects {
        // ...
      
        repositories {
          // Check that you have the following line (if not, add it):
          google()  // Google's Maven repository
          // ...
        }
      }
      
    2. モジュール (アプリ レベル) の Gradle ファイル (通常はapp/build.gradle ) で、Google Services Gradle プラグインを適用します。

      apply plugin: 'com.android.application'
      // Add the following line:
      apply plugin: 'com.google.gms.google-services'  // Google Services plugin
      
      android {
        // ...
      }
      

ステップ 2: Analytics SDK をアプリに追加する

  1. モジュール (アプリ レベル) の Gradle ファイル(通常は<project>/<app-module>/build.gradle ) で、Analytics Android ライブラリの依存関係を追加します。ライブラリのバージョン管理には、 Firebase Android BoMを使用することをお勧めします。

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:31.2.0')
    
        // Add the dependency for the Analytics library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
    }
    

    Firebase Android BoMを使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (代替) BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase BoM を使用しないことを選択した場合は、依存関係の行で各 Firebase ライブラリ バージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数のFirebase ライブラリを使用する場合は、BoM を使用してライブラリ バージョンを管理することを強くお勧めします。これにより、すべてのバージョンに互換性が確保されます。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Analytics library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx:21.2.0'
    }
    

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:31.2.0')
    
        // Add the dependency for the Analytics library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics'
    }
    

    Firebase Android BoMを使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (代替) BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を追加する

    Firebase BoM を使用しないことを選択した場合は、依存関係の行で各 Firebase ライブラリ バージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数のFirebase ライブラリを使用する場合は、BoM を使用してライブラリ バージョンを管理することを強くお勧めします。これにより、すべてのバージョンに互換性が確保されます。

    dependencies {
        // Add the dependency for the Analytics library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:21.2.0'
    }
    

  2. アクティビティの先頭でcom.google.firebase.analytics.FirebaseAnalyticsオブジェクトを宣言します。

    Kotlin+KTX

    private lateinit var firebaseAnalytics: FirebaseAnalytics

    Java

    private FirebaseAnalytics mFirebaseAnalytics;
  3. onCreate()メソッドで初期化します。

    Kotlin+KTX

    // Obtain the FirebaseAnalytics instance.
    firebaseAnalytics = Firebase.analytics

    Java

    // Obtain the FirebaseAnalytics instance.
    mFirebaseAnalytics = FirebaseAnalytics.getInstance(this);

次のステップ