Join us for Firebase Summit on November 10, 2021. Tune in to learn how Firebase can help you accelerate app development, release with confidence, and scale with ease. Register

アプリを Realtime Database エミュレータに接続する

アプリを Realtime Database エミュレータに接続する前に、Firebase Local Emulator Suite の全体的なワークフローを理解し、Local Emulator Suite のインストールと構成を行い、CLI コマンドを確認しておいてください。

Firebase プロジェクトを選択する

Firebase Local Emulator Suite は、1 つの Firebase プロジェクト向けにプロダクトをエミュレートします。

エミュレータを起動する前に CLI の作業ディレクトリで firebase use を実行し、使用するプロジェクトを選択します。または、各エミュレータ コマンドに --project フラグを渡すという方法もあります。

Local Emulator Suite は、実際の Firebase プロジェクトとデモ プロジェクトのエミュレーションをサポートしています。

プロジェクト タイプ 特長 エミュレータで使用
実際

実際の Firebase プロジェクトとは、自分で作成および構成した(通常は Firebase コンソールで)プロジェクトのことです。

実際のプロジェクトには、データベース インスタンス、ストレージ バケット、関数など、その Firebase プロジェクト用にセットアップしたリソースなどのライブリソースが含まれています。

実際の Firebase プロジェクトを使用する場合、サポートされているプロダクトの一部またはすべてに対してエミュレータを実行できます。

エミュレートしていないプロダクトに関しては、アプリとコードはライブリソース(データベース インスタンス、ストレージ バケット、関数など)とやり取りします。

デモ

デモ Firebase プロジェクトには、実際の Firebase 構成がなく、ライブリソースもありません。これらのプロジェクトには通常、Codelab またはその他のチュートリアルを介してアクセスします。

デモ プロジェクトのプロジェクト ID には demo- という接頭辞が付いています。

デモ Firebase プロジェクトを使用する場合、アプリとコードはエミュレータのみとやり取りします。エミュレータが実行されていないリソースとアプリがやり取りしようとすると、コードは失敗します。

可能な限り、デモ プロジェクトを使用することをおすすめします。次のような特長があります。

  • Firebase プロジェクトを作成せずにエミュレータを実行できるため、セットアップが簡単である
  • エミュレートされていない(本番環境の)リソースを誤って呼び出しても、データが変更されたり、使用量がカウントされたり、課金が発生したりする可能性がないため、安全性が高い
  • インターネットにアクセスして SDK 構成をダウンロードする必要がないため、オフラインでも使いやすい

アプリをインストルメント化してエミュレータと通信する

Android、iOS、ウェブ SDK

次のように、Realtime Database とやり取りするようにアプリ内構成またはテストクラスを設定します。

Android
        // 10.0.2.2 is the special IP address to connect to the 'localhost' of
        // the host computer from an Android emulator.
        FirebaseDatabase database = FirebaseDatabase.getInstance();
        database.useEmulator("10.0.2.2", 9000);
iOS - Swift
    // In almost all cases the ns (namespace) is your project ID.
let db = Database.database(url:"http://localhost:9000?ns=YOUR_DATABASE_NAMESPACE")

ウェブ バージョン 9

import { getDatabase, connectDatabaseEmulator } from "firebase/database";

const db = getDatabase();
if (location.hostname === "localhost") {
  // Point to the RTDB emulator running on localhost.
  connectDatabaseEmulator(db, "localhost", 9000);
} 

ウェブ バージョン 8

var db = firebase.database();
if (location.hostname === "localhost") {
  // Point to the RTDB emulator running on localhost.
  db.useEmulator("localhost", 9000);
} 

エミュレータを使用して Realtime Database イベントによってトリガーされる Cloud Functions をテストするために、追加の設定は必要ありません。Realtime Database エミュレータと Cloud Functions エミュレータの両方が実行されている場合、これらは自動的に連携します。

Admin SDK

Firebase Admin SDK は、環境変数 FIREBASE_DATABASE_EMULATOR_HOST が設定されている場合、Realtime Database エミュレータに自動的に接続されます。

export FIREBASE_DATABASE_EMULATOR_HOST="localhost:9000"

コードを Cloud Functions エミュレータ内で実行している場合、initalizeApp を呼び出すとプロジェクト ID とその他の構成が自動的に設定されます。

他の環境から Realtime Database エミュレータに接続する場合は、プロジェクト ID を指定する必要があります。プロジェクト ID を initializeApp に直接渡すことも、GCLOUD_PROJECT 環境変数を設定することによって指定することもできます。実際の Firebase プロジェクト ID を使用する必要はありません。Realtime Database エミュレータはどのようなプロジェクト ID でも受け入れることができます。

Node.js Admin SDK
admin.initializeApp({ projectId: "your-project-id" });
環境変数
export GCLOUD_PROJECT="your-project-id"

各テストの間にデータベースをクリアする

各アクティビティの間に Realtime Database をフラッシュするには、データベース参照をクリアします。この方法は、単純にエミュレータ プロセスをシャットダウンする代替策として使用することができます。

Android
// With a DatabaseReference, write null to clear the database.
database.getReference().setValue(null);
iOS - Swift
// With a DatabaseReference, write nil to clear the database.
    Database.database().reference().setValue(nil);

ウェブ バージョン 9

import { getDatabase, ref, set } from "firebase/database";

// With a database Reference, write null to clear the database.
const db = getDatabase();
set(ref(db), null);

ウェブ バージョン 8

// With a database Reference, write null to clear the database.
firebase.database().ref().set(null);

コードは通常、プラットフォームの非同期イベント処理機能を使用して、フラッシュが終了または失敗したことを確認するまで待機します。

このようなステップが存在することで、テストを順番に行って関数をトリガーする際に、実行と実行の間に古いデータが消去され、新しいベースラインのテスト構成が使用されるようになります。

データのインポートとエクスポート

データベース エミュレータと Cloud Storage エミュレータを使用すると、実行中のエミュレータ インスタンスからデータをエクスポートできます。単体テストまたは継続的インテグレーション ワークフローで使用するデータのベースライン セットを定義し、チーム間で共有するためにエクスポートします。

firebase emulators:export ./dir

テストでは、エミュレータの起動時にベースライン データをインポートします。

firebase emulators:start --import=./dir

シャットダウン時にデータをエクスポートするようにエミュレータに指示するには、エクスポート パスを指定します。または、--import フラグに渡されたパスをそのまま使用することもできます。

firebase emulators:start --import=./dir --export-on-exit

データのインポートとエクスポートのこれらのオプションは、firebase emulators:exec コマンドでも機能します。詳細については、エミュレータ コマンド リファレンスをご参照ください。

セキュリティ ルールのアクティビティを可視化する

プロトタイプとテストのループを行うときに、Local Emulator Suite が提供する可視化ツールとレポートを使用できます。

ルール評価を可視化する

プロトタイプにセキュリティ ルールを追加する際に、Local Emulator Suite のツールを使用してデバッグできます。

一連のテストを実施した後、それぞれのルールの評価が表示されたテスト カバレッジ レポートにアクセスできます。レポートを取得するには、エミュレータの実行中に公開されたエンドポイントに対してクエリを実行します。ブラウザでの表示に適したバージョンを参照するには、次の URL を使用します。

http://localhost:9000/.inspect/coverage?ns=<database_name>

これによりルールが式やサブ式に分割されます。それぞれの式の上にマウスカーソルを重ねて、実行回数や返された値などの詳細情報を確認できます。このデータの未加工の JSON バージョンを取得するには、クエリに次の URL を含めます。

http://localhost:9000/.inspect/coverage.json?ns=<database_name>

次のステップ