Join us for Firebase Summit on November 10, 2021. Tune in to learn how Firebase can help you accelerate app development, release with confidence, and scale with ease. Register

Cloud Functions for Firebase の学習(動画シリーズ)

Cloud Functions for Firebase に興味があり、映像形式で学習を進めたい方には、Firebase YouTube チャンネルの動画シリーズをおすすめします。

Cloud Functions for Firebase を使用すると、Firebase 機能や HTTPS リクエストによってトリガーされたイベントに応じて、バックエンド コードを自動的に実行できます。この動画では、TypeScript を使用して関数を記述し、それらを Firebase CLI でデプロイする方法を学習できます。

Cloud Functions のコードを記述する場合、Promise の動作を理解しておくことが不可欠となります。Promise は記述する関数のほぼすべてで使用されることになるため、正しく記述しないと、コードが不可解な状態で失敗する可能性があります。このチュートリアルでは、HTTP 関数で Promise を使用する際の基礎を学びます。

バックグラウンド関数を正常に終了させるには、その関数で待ち状態になっている処理がすべて完了したときに、fulfilled(完了)状態または rejected(拒否)状態に変わった Promise を返さなければなりません。Firestore トリガーではどのように動作するのか見てみましょう。

Cloud Functions で複数の非同期処理を実行するにはどうすればよいのでしょうか。この動画では、Promise を使って処理を順次的に実行する方法と、Promise.all() を使って処理を並列に管理する方法を説明します。これらは、Cloud Functions for Firebase で高度なコードを記述する際に必要となる基礎的な手法です。

async/await 構文を使用すると、TypeScript(および ECMAScript 2017)における読み取りと書き込みの操作がより簡単になります。この 2 つのチュートリアルのパート 1 では、Cloud Functions で async/await を使用する方法を学習できます。

Cloud Functions for Firebase で async/await 構文を使用すると、TypeScript や ECMAScript 2017 のコードで読み取りと書き込みの操作がより簡単になります。このパート 2 の動画では、Promise を使用する一部の関数を、代わりに async/await を使用するように変換する方法を説明します。

Cloud Functions を使用すれば、Realtime Database 内の変更に応答するコードを作成できます。この動画では、こうしたトリガーがバックエンドに対して機能する仕組みを、onCreate イベント ハンドラに焦点を当てて説明します。このイベント ハンドラは、データベース内で新しいデータが作成されるとトリガーされます。

データベース トリガー ミニシリーズの最初の動画では、新しいドキュメントに対してトリガーされる OnCreate を使用してデータベース トリガーを実装する方法を説明しました。では、既存のドキュメントの変更に対するトリガーを実装する場合はどうでしょうか。この動画では、OnUpdate トリガーについて説明します。

この動画では、onDelete トリガーが Cloud Functions for Firebase と連動する仕組みと、競合状態を処理する方法について説明します。