コンソールへ移動

REST リソース: sites.releases

リソース: Release

Release とは、特定の時点で公開するように設定されている特定の構成とファイルのコレクションです。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "version": {
    object (Version)
  },
  "type": enum (Type),
  "releaseTime": string,
  "releaseUser": {
    object (ActingUser)
  },
  "message": string
}
フィールド
name

string

出力のみ。リリースの一意の識別子で、以下の形式です。

sites/site-name/releases/releaseID

この名前は、releases.create エンドポイントを呼び出したときにレスポンス本文で指定されます。

version

object (Version)

出力のみ。リリースされた構成とコンテンツ。

type

enum (Type)

リリースの理由を説明します。
SITE_DISABLE タイプのリリースを作成する場合のみ、このフィールドの値を指定します。

releaseTime

string (Timestamp format)

出力のみ。バージョンを公開するように設定されている時刻。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。精度はナノ秒。例: "2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

releaseUser

object (ActingUser)

出力のみ。リリースを作成したユーザーを示します。

message

string

リリースが作成されたときのデプロイの説明。512 文字まで入力できます。

Type

リリースの種類。サイト コンテンツの処理内容を示します。

列挙値
TYPE_UNSPECIFIED 未指定のタイプ。バージョンがリリースされたことを示します。
これは、他の type が明示的に指定されていないときのデフォルト値です。
DEPLOY バージョンが Firebase Hosting にアップロードされてリリースされました。
ROLLBACK リリースは、以前にデプロイされたバージョンを示しています。
SITE_DISABLE このリリースにより、サイトはコンテンツを配信できなくなります。Firebase Hosting はサイトが存在しなかったかのように動作します。

メソッド

create

新しいリリースを作成し、指定したバージョンのコンテンツをアクティブにサイト上で表示します。

list

指定されたサイトで作成されているリリースを一覧表示します。