コンソールへ移動

メソッド: sites.versions.files.list

指定されたバージョンでアップロードされる残りのファイルを一覧表示します。

HTTP リクエスト

GET https://firebasehosting.googleapis.com/v1beta1/{parent=sites/*/versions/*}/files

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
parent

string

必須。一覧表示するファイルの親。以下の形式です。

sites/site-name/versions/versionID

クエリ パラメータ

パラメータ
status

enum (Status)

一覧表示される、バージョンのファイルの種類。

pageSize

number

返すページサイズ。デフォルトは 1000 です。

pageToken

string

前のリクエストの nextPageToken(ある場合)。これは、firebase.hosting.proto.metadata.ListFilesPageToken のエンコード後のバージョンになります。

リクエスト本文

リクエストの本文は空にする必要があります。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが含まれます。

JSON 表現

{
  "files": [
    {
      object (VersionFile)
    }
  ],
  "nextPageToken": string
}
フィールド
files[]

object (VersionFile)

指定されたバージョンのリストパス / ハッシュ。

nextPageToken

string

ページ分けトークン(もっと多くの結果が存在する場合)。

承認スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/firebase.hosting.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/firebase.hosting
  • https://www.googleapis.com/auth/firebase.readonly
  • https://www.googleapis.com/auth/firebase
  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform.read-only
  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳細については、認証の概要をご覧ください。

Status

バージョンに追加しているファイルの現在のステータス。

列挙値
STATUS_UNSPECIFIED デフォルトのステータス。意図的に使用しないでください。
EXPECTED ファイルはバージョンに含まれており、間もなくアップロードされる予定です。
ACTIVE ファイルはすでに Firebase Hosting にアップロードされています。

VersionFile

バージョンの一部である静的コンテンツ ファイル。

JSON 表現

{
  "path": string,
  "hash": string,
  "status": enum (Status)
}
フィールド
path

string

ファイルのコンテンツが表示される URI。

hash

string

ファイルの SHA256 コンテンツ ハッシュ。

status

enum (Status)

出力のみ。指定されたバージョン内の特定のファイルの現在のステータス。
値は pending uploaduploaded のいずれかになります。

試してみる