コンソールへ移動

メソッド: sites.versions.populateFiles

バージョンにコンテンツ ファイルを追加します。

HTTP リクエスト

POST https://firebasehosting.googleapis.com/v1beta1/{parent=sites/*/versions/*}:populateFiles

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
parent

string

必須。ファイルを追加するバージョン。以下の形式です。

sites/site-name/versions/versionID

リクエストの本文

リクエストの本文には、次の構造のデータが含まれます。

JSON 表現

{
  "files": {
    string: string,
    ...
  }
}
フィールド
files

map (key: string, value: string)

バージョンに追加すべきアセットに対応するハッシュへのファイルパスのセット。ファイルパスが空のハッシュを示しているとファイルパスがバージョンから削除されるので注意してください。ハッシュを計算するにはファイルを Gzip 圧縮し、新たに圧縮したファイルの SHA256 ハッシュを使います。

"key": value ペアのリストが含まれるオブジェクト。例: { "name": "wrench", "mass": "1.3kg", "count": "3" }

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが含まれます。

JSON 表現

{
  "uploadRequiredHashes": [
    string
  ],
  "uploadUrl": string
}
フィールド
uploadRequiredHashes[]

string

指定のエンドポイントにアップロードする必要がある、指定されたファイルのコンテンツ ハッシュ。

uploadUrl

string

ファイルのアップロード先の URL。以下の形式です。
「https://upload-firebasehosting.googleapis.com/upload/sites/site-name/versions/versionID/files」。
Gzip 圧縮したファイル コンテンツの URL に対するマルチパート POST を、スラッシュと末尾に追加したファイルのハッシュを使用して実行します。

承認スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/firebase.hosting
  • https://www.googleapis.com/auth/firebase
  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳細については、認証の概要をご覧ください。

今すぐ試す