Firebase Management API

Firebase Management API を使用すると、Firebase プロジェクトの Firebase リソースや Firebase アプリなどの設定や管理をプログラムから行うことができます。

ワークフロー: REST API を使用して Firebase プロジェクトを設定する

プログラムから FirebaseProject を設定する場合は、Firebase のリソースやアプリを既存の Google Cloud Platform(GCP)Project に追加します。既存の GCP Project がまだ存在しない場合は、GCP Resource Manager API を使用して作成できます。

Firebase プロジェクトを設定するには、次の順序で REST エンドポイントを呼び出します。

  1. availableProjects.list を呼び出して、Firebase リソースを追加する既存の GCP Project のリソース名を特定します。

    この一意の識別子(projects/my-project-123 など)を後の呼び出しで使用します。

  2. projects.addFirebase を呼び出して、Firebase リソースを GCP Project に追加します。

    この呼び出しでは、リクエスト本文ですべてのフィールドを指定します。

  3. FirebaseProject にアプリを追加します。

    • iOS アプリを追加するには、projects.iosApps.create を呼び出します。

      この呼び出しでは、リクエスト本文で namedisplayNamebundleId を指定します。

    • Android アプリを追加するには、projects.androidApps.create を呼び出します。

      この呼び出しでは、リクエスト本文で namedisplayNamepackageName を指定します。

      • Android アプリに SHA 証明書を追加するには、projects.androidApps.sha.create を呼び出します。

        この呼び出しでは、リクエスト本文の name フィールドは空にする必要があります。

これらの呼び出しに関するプログラムによるアクセスの管理については、Cloud Identity Access Management(IAM)API のドキュメントをご覧ください。

サービス: firebase.googleapis.com

下記のすべての URI は https://firebase.googleapis.com を基準にしています。

このサービスには、次のディスカバリ ドキュメントが用意されています。

REST リソース: v1beta1.availableProjects

メソッド
list GET /v1beta1/availableProjects
Firebase リソースを追加できる Google Cloud Platform(GCP)Projects のリストを返します。

REST リソース: v1beta1.projects

メソッド
addFirebase POST /v1beta1/{project=projects/*}:addFirebase
指定した既存の Google Cloud Platform(GCP)Project に Firebase リソースを追加します。
get GET /v1beta1/{name=projects/*}
指定したリソース名によって識別される FirebaseProject を取得します。
getAdminSdkConfig GET /v1beta1/{name=projects/*/adminSdkConfig}
初期化を簡単にするため、サーバーによって使用される構成アーティファクトを取得します。
list GET /v1beta1/projects
呼び出し元がアクセスできる各 FirebaseProject のリストを返します。
patch PATCH /v1beta1/{project.name=projects/*}
指定したリソース名によって識別される FirebaseProject の属性を更新します。
searchApps GET /v1beta1/{parent=projects/*}:searchApps
指定した FirebaseProject で使用可能なすべてのアプリを一覧表示する便利なメソッド。

REST リソース: v1beta1.projects.androidApps

メソッド
create POST /v1beta1/{parent=projects/*}/androidApps
新しい AndroidApp を作成するよう要求します。
get GET /v1beta1/{name=projects/*/androidApps/*}
指定したリソース名によって識別される AndroidApp を取得します。
getConfig GET /v1beta1/{name=projects/*/androidApps/*/config}
指定した AndroidApp に関連付けられた構成アーティファクトを取得します。
list GET /v1beta1/{parent=projects/*}/androidApps
指定した親プロジェクトに関連付けられている各 AndroidApp のリストを返します。
patch PATCH /v1beta1/{app.name=projects/*/androidApps/*}
指定したリソース名によって識別される AndroidApp の属性を更新します。

REST リソース: v1beta1.projects.androidApps.sha

メソッド
create POST /v1beta1/{parent=projects/*/androidApps/*}/sha
指定した AndroidApp に SHA 証明書を追加します。
delete DELETE /v1beta1/{name=projects/*/androidApps/*/sha/*}
指定した AndroidApp から SHA 証明書を削除します。
list GET /v1beta1/{parent=projects/*/androidApps/*}/sha
指定した AndroidApp の SHA-1 および SHA-256 証明書のリストを返します。

REST リソース: v1beta1.projects.iosApps

メソッド
create POST /v1beta1/{parent=projects/*}/iosApps
新しい IosApp を作成するよう要求します。
get GET /v1beta1/{name=projects/*/iosApps/*}
指定したリソース名によって識別される IosApp を取得します。
getConfig GET /v1beta1/{name=projects/*/iosApps/*/config}
指定した IosApp に関連付けられた構成アーティファクトを取得します。
list GET /v1beta1/{parent=projects/*}/iosApps
指定した親プロジェクトに関連付けられている各 IosApp のリストを返します。
patch PATCH /v1beta1/{app.name=projects/*/iosApps/*}
指定したリソース名によって識別される IosApp の属性を更新します。

サービス: firebase.googleapis.com

下記のすべての URI は https://firebase.googleapis.com を基準にしています。

このサービスには、次のディスカバリ ドキュメントが用意されています。

REST リソース: v1.operations

メソッド
cancel POST /v1/{name=operations/**}:cancel
長時間実行オペレーションの非同期キャンセルを開始します。
delete DELETE /v1/{name=operations/**}
長時間実行のオペレーションを削除します。
get GET /v1/{name=operations/**}
長時間実行のオペレーションの最新状態を取得します。
list GET /v1/{name}
リクエストで指定されたフィルタに一致するオペレーションを一覧表示します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。