プロジェクトのロケーションを選択する

いくつかの Firebase プロダクトでは、ロケーションの設定が必要です。

  • Google アナリティクス - Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にすると、アナリティクスのレポートのロケーションを選択するよう求められます。このロケーションは組織の国または地域を表します。アナリティクスのロケーションによって、収益レポートの通貨が設定されます。

  • Cloud FirestoreCloud Storage - いずれかのプロダクトを使い始めると、プロジェクトのデフォルトの Google Cloud Platform(GCP)リソース ロケーションを選択するように求められます(別のサービスを設定するときにまだ選択していない場合)。

  • Cloud Functions for Firebase(スケジュール設定された関数のみ) - スケジュール設定された関数を実行する場合、Cloud Scheduler には App Engine アプリが必要です。このアプリの設定中には、プロジェクトのデフォルトの Google Cloud Platform(GCP)リソース ロケーションを選択するように求められます(別のサービスを設定するときにまだ選択していない場合)。

    スケジュール設定されていない関数のロケーションの設定の詳細については、Cloud Functions のロケーションをご覧ください。

  • Realtime Database - Realtime Database インスタンスを作成する場合は、インスタンスのロケーションを選択するように求められます。各インスタンスには異なるロケーションを選択できます。Realtime Database インスタンスのロケーションは、デフォルトの GCP リソース ロケーションの選択には影響しません。

プロダクトまたはプロダクト グループのロケーション設定を選択する

ほとんどのユースケースでは、プロジェクトの作成時に Firebase コンソールで、または特定のプロダクトのコンソール ページで、ロケーション設定を選択します。

アナリティクス

Firebase コンソールの Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にすると、アナリティクスのレポートのロケーションを選択するよう求められます。組織の場所を表す国または地域を選択します。

自分がプロジェクトのオーナーまたは編集者になっている場合は、アナリティクスのレポートのロケーションのタイムゾーンと通貨を編集できます。Google アナリティクスの設定に進み、[レポート] ペインまでスクロールします。

Cloud Firestore、Cloud Storage、スケジュール設定された関数

Cloud Firestore、Cloud Storage、スケジュール設定された関数はすべて、デフォルトの GCP リソース ロケーションと呼ばれる同じロケーション設定を共有します(このロケーション設定について詳しくは下記をご覧ください)。このロケーションは、以前(プロジェクトの作成時か、このロケーション設定を使用する別のサービスの設定時)に設定されている可能性があります。

  • Cloud Firestore または Cloud Storage を設定する場合は、Firebase コンソールのワークフローで、プロジェクトのデフォルトの GCP リソースのロケーションを選択するよう求められます。

    Cloud Storage の場合、デフォルトの GCP リソース ロケーションはデフォルトのバケットにのみ適用されます。Blaze プランをご利用の場合は、それぞれ独自のロケーションを使用する複数のバケットを作成できます。

  • スケジュール設定された関数を実行する場合、Cloud Scheduler には App Engine アプリが必要です。設定中に、プロジェクトのデフォルトの GCP リソースのロケーションを選択するよう求められます。

  • デフォルトの GCP リソース ロケーションは、Firebase プロジェクトの defaultLocation.finalize エンドポイントを呼び出してプログラムで設定できます。

Realtime Database のロケーション

新しい Realtime Database インスタンスを作成する場合は、そのインスタンスのロケーションを指定する必要があります。プロジェクト内の Realtime Database インスタンスは、それぞれ別のロケーションに配置できます。現在 Realtime Database インスタンスでサポートされているロケーションを、関連するデータベースの URL スキームとともに以下に示します。

Realtime Database インスタンスのロケーションは、デフォルトの GCP リソース ロケーションの選択には影響しません。

リージョン名 リージョンの説明 データベースの URL スキーム
us-central1 アイオワ DATABASE_NAME.firebaseio.com
europe-west1 ベルギー DATABASE_NAME.europe-west1.firebasedatabase.app
asia-southeast1 シンガポール DATABASE_NAME.asia-southeast1.firebasedatabase.app

ロケーション設定の表示

デフォルトの GCP リソース ロケーションについて

アプリで使用できる一部のサービスでは、プロジェクトのデフォルトの Google Cloud Platform(GCP)リソース ロケーションと呼ばれるロケーションの設定が必要です。ロケーションを設定する必要がある GCP サービスのデータは、このロケーションに保存されます。

以下のプロダクトは、同じデフォルトの GCP リソース ロケーションを共有しています。

  • Cloud Firestore
    デフォルトの GCP リソース ロケーションは、Firebase Realtime Database には適用されません。

  • Cloud Storage
    デフォルトの GCP リソース ロケーションは、デフォルトの Cloud Storage バケットにのみ適用されます。Blaze プランをご利用の場合は、それぞれ独自のロケーションを使用する複数のバケットを作成できます。

  • App Engine アプリ(スケジュール設定された関数など)
    App Engine アプリを設定すると、そのロケーションはデフォルトの GCP リソース ロケーションを共有します。Cloud Scheduler を使用する場合(たとえばスケジュール設定された関数を実行する場合)、プロジェクトに App Engine アプリを配備する必要があります。

マルチリージョン ロケーションまたはリージョン ロケーションを、デフォルトの GCP リソース ロケーションとして選択できます。us-central または europe-west のいずれかのロケーションを使用する App Engine アプリをすでに導入している場合、このロケーション設定を使用するすべての GCP サービスはマルチリージョンとみなされます。

マルチリージョン ロケーション

データベースの可用性と耐久性を最大限にする場合は、マルチリージョン ロケーションを選択します。

マルチリージョン ロケーションは定義済みのリージョンのセットで構成され、それら複数のリージョンにデータベースの複数のレプリカが保存されます。各レプリカは、データベース内のすべてのデータを含む読み取り / 書き込みレプリカ、または完全なデータセットを保持せずレプリケーションに参加するウィットネス レプリカのいずれかです。

複数のリージョン間でデータを複製することで、1 つのリージョン全体が失われてもデータの提供を継続できます。リージョン内においては、データはゾーン間で複製されるため、1 つのゾーンが失われてもそのリージョン内でデータの提供を継続できます。

Firebase は、次のマルチリージョン GCP リソース ロケーションをサポートしています。
マルチリージョン名 マルチリージョンの説明 読み取り / 書き込みリージョン ウィットネス リージョン
eur3 ヨーロッパ europe-west1(ベルギー)、europe-west4(オランダ) europe-north1(フィンランド)
nam5 米国 us-central1(アイオワ)、us-central2(オクラホマ - 限定公開の GCP リージョン) us-east1(サウスカロライナ)

リージョン ロケーション

リージョン ロケーションは、サウスカロライナなどの特定のロケーションを表します。リージョン ロケーションのデータは、リージョン内の複数のゾーンに複製されます。すべてのリージョン ロケーションは、他のロケーションから 160 km 以上離れています。

アプリケーションでレイテンシが重要な場合や、他の GCP リソースとのコロケーションが必要な場合は、費用や書き込みレイテンシを抑えるためにリージョン ロケーションを選択します。

Firebase は、次のリージョン GCP リソース ロケーションをサポートしています。
リージョン名リージョンの説明
北アメリカ
us-west1オレゴン
us-west2ロサンゼルス
us-west3ソルトレイクシティ
us-west4ラスベガス
northamerica-northeast1モントリオール
us-east1サウスカロライナ
us-east4北バージニア
南アメリカ
southamerica-east1サンパウロ
ヨーロッパ
europe-west2ロンドン
europe-west3フランクフルト
europe-central2ワルシャワ
europe-west6チューリッヒ
アジア
asia-south1ムンバイ
asia-southeast1シンガポール
asia-southeast2ジャカルタ
asia-east2香港
asia-east1台湾
asia-northeast1東京
asia-northeast2大阪
asia-northeast3ソウル
オーストラリア
australia-southeast1シドニー

次のステップ

  • 特定のロケーションに Cloud Firestore データベースを作成するには、Cloud Firestore を使ってみるにアクセスしてください。

  • Cloud Storage バケットを作成するには、ご使用のプラットフォームの「使ってみる」ページにアクセスしてください。

  • Cloud Functions for Firebase でスケジュール設定された関数を実行するには、設定ガイドをご覧ください。

  • レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすアプリケーションの構築について詳しくは、地域とリージョンをご覧ください。