Join us for Firebase Summit on November 10, 2021. Tune in to learn how Firebase can help you accelerate app development, release with confidence, and scale with ease. Register

Firebase Remote Config とアナリティクスを使用する

Firebase Remote Config と Google アナリティクスの両方が組み込まれたアプリを作成すると、アプリのユーザーについての理解が深まり、ユーザーのニーズにすばやく対応できます。アナリティクスのオーディエンスユーザー プロパティを使用して、柔軟かつ正確にユーザーベースのセグメントに応じてアプリをカスタマイズできます。

Google アナリティクスによるアプリの使用状況の分析については、アナリティクスの概要をご覧ください。

Firebase の外部で識別したセグメントを使用してアプリをカスタマイズするには、インポートしたセグメントのドキュメントをご覧ください。

Remote Config とユーザー プロパティ

Remote Config で、アナリティクスのユーザー プロパティの組み合わせを使用して条件を作成できるようになりました。これにより、定義したユーザー層のセグメントに向けてアプリをカスタマイズできます。

たとえば、所要時間と難易度が異なるさまざまなエクササイズ アクティビティがあるエクササイズ アプリで使用するため、次のユーザー プロパティを Google アナリティクスで定義できます。

  • Exercise_Interest
  • Preferred_Exercise_Duration
  • Preferred_Difficulty_Level

次に、これらのプロパティを使用する条件を(個別に、または組み合わせて)作成して、特定のユーザーに対してアプリの外観や動作をカスタマイズできます。たとえば、ランニングに興味を持っているユーザーには、アプリのロード中にジョギングする人の画像を表示するようにアプリを設計することができます。または、エクササイズの所要時間と難易度によってユーザー層のセグメントを定義して、アプリを起動したときに、カジュアル ユーザーには最初に短時間の簡単なワークアウトの提案を表示し、本格的なアスリートには 40 分間のランニングから始める提案を表示することができます。

ユーザーの行動にユーザー プロパティを変えるような変化があった場合、Google アナリティクスによってこれらの更新が収集され、次回のフェッチ リクエスト後にアプリ インスタンスの動作と外観が変更されることがあります。あらゆる演算子を使用できるため、特定のユーザー プロパティ(またはプロパティの組み合わせ)を持つユーザーを除外したり含めたりするルールを作成できます。

また、他の Remote Config ルールとユーザー プロパティに基づくルールを組み合わせて、カスタマイズしたアプリの動作をオーディエンス セグメントに配信することもできます。次に例を示します。

  • ヨガが好きで(Exercise_Interestyoga に完全一致)、Android 搭載端末でアプリを使用していて(OS type == Android)、カナダにいる(Device in region/country == Canada)ユーザー
  • ウェイト リフティングまたは減量に興味があり(Exercise_Interestweight が含まれる)、英語 UI(Device language ==English)の iOS デバイスでアプリを使用しているユーザー(OS type == iOS

次のステップ

ユーザー プロパティの詳細については、以下のガイドをご覧ください。

ルールを組み合わせて条件を作成する方法について詳しくは、Remote Config のパラメータと条件をご覧ください。

プロジェクトに Remote Config の条件を追加するには、条件を追加または編集するをご覧ください。パラメータ、ルール、条件は Firebase コンソールで作成できます。