Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Cloud Storage for Firebase

Cloud Storage for Firebase は、写真や動画など、ユーザーが作成したコンテンツを保管、提供する必要のあるアプリ デベロッパー向けに構築されています。

Cloud Storage for Firebase は、Google の基準や規模をもとに構築された、強力かつシンプルでコスト効果の高いオブジェクト ストレージ サービスです。Cloud Storage 用の Firebase SDK では、ネットワーク品質にかかわらず、Firebase アプリでのファイルのアップロードとダウンロードに Google のセキュリティが適用されます。

この SDK は、画像、音声、動画、またはその他のユーザーが生成したコンテンツを格納する場合に使用できます。使用されるサーバーでは、Google Cloud Storage API を使用して同じファイルにアクセスできます。

iOS の設定 Android の設定 ウェブの設定 C++ の設定 Unity の設定

主な機能

堅牢なオペレーション Cloud Storage 用の Firebase SDK は、ネットワークの品質にかかわらずアップロードとダウンロードを行うことができます。アップロードとダウンロードは安全かつ柔軟で、処理が停止されたところから再開できるため、時間と帯域幅を節約できます。
強固なセキュリティ Cloud Storage 用の Firebase SDK と Firebase Authentication の統合により、シンプルで直感的な認証をデベロッパーに提供します。Google の宣言型セキュリティ モデルを使用して、ファイル名、サイズ、コンテンツ タイプ、その他のメタデータに基づいてアクセスを許可できます。
高いスケーラビリティ Cloud Storage は、アプリの急激な拡大を考慮して、エクサバイト規模に対応できるよう構築されています。Spotify や Google フォトと同じインフラストラクチャを使用して、プロトタイプから製品版へ簡単に移行できます。

仕組み

デベロッパーは Cloud Storage 用の Firebase SDK を使用して、クライアントから直接ファイルのアップロードとダウンロードを行います。ネットワーク接続がよくない場合、クライアントは動作が停止したところから再試行できるため、ユーザーは時間と帯域幅を節約できます。

Cloud Storage for Firebase はファイルを Google Cloud Storage バケットに保存して、Firebase と Google Cloud の両方からアクセスできるようにします。これにより、Cloud Storage 用の Firebase SDK 経由でモバイル クライアントから柔軟にファイルのアップロードとダウンロードを行うことができます。また、Google Cloud Storage API を使用して、画像のフィルタリングや動画のコード変換といったサーバー側の処理を行うこともできます。Cloud Storage は自動的にスケーリングされるため、他のプロバイダへ移行する必要がありません。Google Cloud との統合のメリットの詳細についてお確かめください。

Cloud Storage 用の Firebase SDK は、Firebase Authentication とシームレスに統合してユーザーを識別します。また、個々のファイルやファイル グループごとにアクセス制御を設定できる宣言型セキュリティ言語を備えているため、必要に応じてファイルを公開したり非公開にしたりできます。

実装のプロセス

Cloud Storage 用の Firebase SDK を統合する Gradle、CocoaPods、またはスクリプト インクルード経由でクライアントをすばやく統合します。
参照を作成する アップロード、ダウンロード、または削除するファイルのパス("images/mountains.png" など)への参照を作成します。
アップロードまたはダウンロードする メモリ内またはディスク上のネイティブ タイプにアップロードまたはダウンロードします。
ファイルを保護する Cloud Storage の Firebase Storage セキュリティ ルールを使用してファイルを保護します。

その他の種類のデータを保存する方法

  • Cloud Firestore は、Firebase と Google Cloud からのモバイル、ウェブ、サーバー開発に対応した、柔軟でスケーラブルなデータベースです。
  • Firebase Realtime Database は JSON アプリケーション データ(ゲームの状態やチャット メッセージなど)を格納し、接続されているすべてのデバイスで変更を瞬時に同期します。データベースのオプションの違いについては、データベースの選択: Cloud Firestore または Realtime Database をご覧ください。
  • Firebase Remote Config は、アプリのアップデートをユーザーにダウンロードしてもらわなくてもアプリの動作と外観を変更できるように、デベロッパーが指定した Key-Value ペアを格納します。
  • Firebase Hosting はウェブサイト向けの HTML、CSS、JavaScript に加えて、デベロッパーが提供するその他のアセット(画像、フォント、アイコンなど)もホストします。

次のステップ