コンソールへ移動

カスタム オンボーディング プロセスを作成する

Firebase Invites と Firebase Dynamic Links を使用すると、ユーザーに合わせたスケーラブルなオンボーディング プロセスを実装できます。一例として Fabulous は、この組み合わせで定着率を倍増させました。

始める前に、Android アプリまたは iOS アプリを Firebase プロジェクトに接続する必要があります。Android の開始手順または iOS の開始手順をご確認ください。

実装の概要

  1. アプリからカスタムリンクを自動的に生成するように Dynamic Links を設定します。Dynamic Links は Firebase コンソールで設定できます。その後、ユーザーが招待リンクをクリックしたときに、iOS SDK または Android SDK を使用してアプリのカスタム パラメータで新しいリンクを生成します。
  2. 招待状をアプリに追加し、ユーザーがダイナミック リンクを簡単に共有できるようにします。ユーザーが友人をアプリに招待すると、アプリはペイロードを使用してダイナミック リンクを生成します。ユーザーは、使い慣れたネイティブのシステム ダイアログでダイナミック リンクを共有します。
  3. 受信したダイナミック リンクからデータを読み取り、招待したユーザーを適切な場所に送信します。招待されたユーザーがダイナミック リンクを使用してアプリに初めてアクセスしたときに、その情報パケットを取得し、新しいユーザーに合わせたカスタム オンボーディング プロセスを開始します。

Dynamic Links を設定する

iOS または Android の Builder API に必要なパラメータを指定し、短いリンクを作成します。ここではユーザー間の実装について説明していますが、その他の実装方法については Dynamic Links のドキュメントをご覧ください。

Firebase コンソールでの処理

  1. 設定に移動します。
  2. プロジェクトを選択して、ウェブ API キーをメモします。
  3. [Dynamic Links] に移動し、[始める] をクリックします。
  4. Firebase コンソールにダイナミック リンクの作成ガイドが表示されますが、ここでは使用しないので、[キャンセル] をクリックします。
  5. アプリでダイナミック リンクを自動的に生成するには、プロジェクト固有の短いリンクが必要です。この URL は Dynamic Links ウィンドウの左上隅に表示されています。クリックすると、クリップボードにコピーされます。

アプリでの処理

  1. iOS Builder API または Android Builder API を使用して、ダイナミック リンクをプログラムで作成します。
  2. 新しいユーザーがカスタム オンボーディング プロセスに移動するように、ダイナミック リンクにパラメータを追加します。たとえば、日付、ユーザー ID、リージョンなどを追加します。

アプリに招待状を追加する

ユーザーの 1 人がアプリの共有を考えています。ユーザーが友人を簡単に招待できるように、次の 2 つのベスト プラクティスに従ってください。

  • 簡単に見つけられる場所に招待リンクを配置する。
  • ユーザーがアプリでなんらかの処理を完了したときに、友人を招待するように提案する。たとえば、目標達成、レベルアップ、投稿の共有、他のユーザーと好意的なやりとりなどがあったときに行います。

アプリでの処理

ダイナミック リンクを生成したら、アプリからシステム共有ダイアログを開きます。Android の場合には、次のコードを追加します。

Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_SEND);
intent.setType("text/plain");
intent.putExtra(Intent.EXTRA_TEXT, "Try this amazing app: " + dl.getShortLink());
startActivity(Intent.createChooser(intent, "Share using"));

これで、使い慣れたメッセージング アプリやソーシャル ネットワークを使ってアプリを共有できます。

招待ユーザーのオンボーディング

ユーザーがアプリへの招待リンクをクリックすると、ダイナミック リンクから情報パケット(招待者のニックネーム、ユーザー名など)を取得できます。この情報を使用して、新しいユーザーの好みに合わせてカスタマイズを行います。

たとえば、グループゲームの場合、チュートリアルを表示した後に招待者のグループに参加するように促します。また、写真共有アプリの場合には、オンボーディング フロー中に招待者の指示に従うように促します。

アプリでの処理

Android または iOS でのダイナミック リンク受信手順に沿って、ダイナミック リンクからデータを読み取ります。

ダイナミック リンクからデータを抽出したら、新しいユーザーに合わせてカスタム オンボーディング プロセスを作成します。

動作をテストする

自分のアプリから招待状を送信し、新しいオンボーディング プロセスが意図したとおりに機能することを確認します。なお、署名のないアプリ(開発環境など)から招待状を送信すると、リンクをクリックしたときに警告が表示される場合があります。