Delete User Data

Firebase
Made by Firebase

ユーザーがアカウントを削除したときに、Cloud Firestore、Realtime Database、Cloud Storage の userId をキーとするデータを削除します。

この拡張機能の動作

この拡張機能を使用すると、あるユーザーが認証済みユーザーの中から削除された場合に、そのユーザーのデータを自動的に削除できます。

この拡張機能は、ユーザーデータを Cloud Firestore、Realtime Database、Cloud Storage のいずれかまたはすべてから削除するように構成できます。データを削除するための拡張機能のトリガーは毎回、ユーザーの UserId にキー付けされます。

注: この拡張機能を使用するには、Firebase Authentication を使用してユーザーを管理する必要があります。

この拡張機能は、ユーザーのプライバシーを尊重し、コンプライアンス要件を満たすために役立ちます。ただし、この拡張機能を使用しても、政府や業界による規制へのコンプライアンスは保証されません。

追加の設定

インストール前に、ユーザーデータを削除したいプロダクトで設定を完了しておく必要があります。必ず Firebase プロジェクトで Cloud FirestoreRealtime Database、または Cloud Storage の設定を確認してください。

また、Firebase Authentication でユーザーを管理するように設定しておくことも必要です。

料金

この拡張機能は、次のような他の Firebase サービスや Google Cloud Platform サービスを使用するため、それらに関連する料金が発生する可能性があります。

  • Cloud Firestore
  • Firebase Realtime Database
  • Cloud Storage
  • Cloud Functions

Firebase Extensions を使用する場合、課金の対象になるのは使用した基盤リソースのみです。有料階層の料金プランは、拡張機能が有料階層プランの必要なサービス(例: Google Cloud Platform API の呼び出しや、Google 以外のサービスに対する送信ネットワーク リクエストを行うサービス)を利用する場合のみ必要となります。なお、すべての Firebase サービスに無料使用枠が用意されています。詳しくは、Firebase の料金についての記事をご覧ください。

この拡張機能をインストールする方法

Firebase コンソールの使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase コンソールで行えます。

コンソールを使用してインストールする

Firebase CLI の使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase CLI でも行えます。

ステップ 1: 以下の npm コマンドを実行して、CLI をインストールするか、最新バージョンの CLI に更新します。

npm install -g firebase-tools
正常に機能しない場合は、Firebase CLI リファレンスを確認するか、npm のアクセス権を変更してください。

ステップ 2: 以下のコマンドを実行して、この拡張機能をインストールします。

firebase ext:install delete-user-data --project=projectId_or_alias
サポート対象
Cloud Firestore Realtime Database Cloud Storage
作成者
ライセンス
Apache-2.0
バージョン
0.1.4