Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

MessageBird を使用してメッセージを送信する

MessageBird
MessageBird で作成

MessageBird Conversations API を使用してメッセージと通知を送信します。

この拡張機能の動作

この拡張機能を使用すると、オムニチャネル メッセージ(SMS、WhatsApp、Google のビジネス メッセージ、Messenger、Telegram、Line、Viber など)を MessageBirdで送信できます。 ドキュメントが特定の Firestore コレクションに追加されると、この拡張機能は MessageBird Conversations API を使用してそのドキュメントをメッセージに変換し、ドキュメントの配信ステータスを更新します。

 db.collection('YOUR_DOCUMENT_COLLECTION').add({
  channelId: 'YOUR_CHANNEL_ID',
  type: 'text',
  content: {
    text: 'YOUR_MESSAGE_CONTENT'
  },
  to: 'RECIPIENT_OF_THE_MESSAGE',
});

注: サポートされているメッセージ タイプと必須のコンテンツ フィールドの完全なリストは Conversations API のドキュメント にあります。

追加の設定

この拡張機能をインストールする前に、Firebase プロジェクトで以下の Firebase サービスを設定してください。

  • Cloud Firestore: メッセージ ドキュメントを保存します。
  • ドキュメント内の手順に沿って、Cloud Firestore データベースを作成します。 この拡張機能をインストールする前に、MessageBird アカウントMessageBird API アクセスキーを用意しておく必要があります。 また、メッセージを送信するときにチャネルを指定する必要があるため、メッセージの送出に使用する適切なチャネル(SMS チャネル、WhatsApp チャネル、Facebook Messenger チャネル、Telegram チャネルなど)を作成する必要もあります。

段階的な MessageBird アカウント設定

チャネルページで、使用するチャネルを設定できます

注: MessageBird には、実際のメッセージを送信せずに API を呼び出すことが可能なテストモードもあります。これをテスト目的で使用すると、開発中の余分な費用を抑えることができます。

料金

この拡張機能は、関連する料金が発生する可能性のある以下の Firebase サービスを使用します。

  • Cloud Firestore
  • Cloud Functions

この拡張機能は、以下のサードパーティ サービスも使用します。

お客様には、これらのサービスの使用に関連するすべての費用に対する責任があります。

Firebase に関する注意

この拡張機能をインストールするには、Firebase プロジェクトを Blaze(従量課金制)プランに含める必要があります。使用したリソース分のみが請求されます。ほとんどの Firebase サービスで、少量の使用のための無料枠が用意されています。Firebase の料金に関する詳細を確認してください。

この拡張機能をインストールまたは再構成すると、小額(通常は $0.10 未満)が課金されます。詳細な説明については、Firebase の料金 で Cloud Functions を参照してください。

この拡張機能をインストールする方法

Firebase コンソールの使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase コンソールで行えます。

コンソールを使用してインストールする

Firebase CLI の使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase CLI でも行えます。

ステップ 1: 以下の npm コマンドを実行して、CLI をインストールするか、最新バージョンの CLI に更新します。

npm install -g firebase-tools
正常に機能しない場合は、Firebase CLI リファレンスを確認するか、npm のアクセス権を変更してください。

ステップ 2: 以下のコマンドを実行して、この拡張機能をインストールします。

firebase ext:install messagebird/firestore-messagebird-send-msg --project=projectId_or_alias
サポート対象
Cloud Firestore
作成者
ライセンス
Apache-2.0
バージョン
0.1.8