Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

RevenueCat を使用したアプリ内購入の有効化

RevenueCat
Made by RevenueCat

アプリ内購入やサブスクリプションの促進、プレミアム コンテンツへのアクセス制御、Firestore への購入情報の同期を実行します。

この拡張機能の動作

RevenueCat のアプリ収益化プラットフォームを利用することで、デベロッパーは安心してアプリ内購入とサブスクリプションをデプロイし、データを一元化して収益を高めることができます。RevenueCat はアプリ内購入インフラストラクチャを構築し、絶えず変化するニーズに対応することで、アプリ開発企業が製品やサービスの成長のためにより多くの時間やリソースを投資できるようにしています。

この拡張機能をインストールすると、Apple App Store、Google Play ストア、Amazon アプリストアでのアプリ内購入の RevenueCat バックエンドとして Firebase サービスを使用できます。

この拡張機能は、アプリ内購入やサブスクリプションの処理を行い、プレミアム コンテンツへのアクセスを制御し、 RevenueCat を使用してお客様の購入情報を Firestore に同期します。

この拡張機能で次のことが行えます。

  • 購入のライフサイクル イベント(トライアルの開始、購入、サブスクリプションの更新、請求に関する問題など)を Firestore に保存して対応する。
  • 顧客と顧客の Firestore での購入に関する情報を保存、更新する。
  • Firebase Authentication カスタム クレーム として顧客のエンタイトルメントに関する情報を更新する。

RevenueCat は、ネイティブの iOS アプリと Android アプリの両方に加え、 React Native Flutter Unity Cordova Ionic のハイブリッド クロス プラットフォーム アプリをサポートしています。

この拡張機能を利用するには、 RevenueCat アカウントを作成 するか、RevenueCat アカウントを事前に 1 つ設定しておく必要があります。

イベント

この拡張機能によりイベントが出力され、このイベントによって、拡張機能が機能している間にさまざまなトリガー ポイントでカスタム ロジックをリッスンして実行できます。たとえば、 initial_purchase イベントによって新しいサブスクリプションが購入される、 cancellation イベントによってサブスクリプションまたは更新されない購入がキャンセルされるなどのイベントをリッスンできます。

追加の設定

Firebase

この拡張機能をインストールする前に、Firebase プロジェクトで次の Firebase サービスを設定します。

  • Cloud Firestore 。アプリ内購入とサブスクリプションの詳細を保存します。
  • ドキュメント の手順に沿って Cloud Firestore データベースを作成します。
  • (省略可) Firebase Authentication 。ユーザーに対応するさまざまな登録オプションを有効にして、カスタム クレームの管理を有効にします。
  • Firebase コンソール でユーザーに提供するログイン方法を有効にします。
RevenueCat

- RevenueCat プロジェクト をまだ作成していない場合は作成します。

  • RevenueCat Firebase の統合を設定 します。プロジェクト設定に移動し、[Integrations] で [Add]、[Firebase] の順にクリックします。
  • 新しく作成した統合から、共有シークレットをコピーします。このコピーは、拡張機能のセットアップに必要になります。
モバイルアプリ

RevenueCat のドキュメント の手順に沿って、RevenueCat の SDK をモバイルアプリに追加します。さらに、以下の手順でアプリ内に Firebase 統合を設定 します。

料金

この拡張機能は、関連する料金が発生する可能性のある以下の Firebase サービスを使用します。

この拡張機能は、以下のサードパーティ サービスも使用します。

これらのサービスの使用に関連する費用はすべてお客様の負担となります。

この拡張機能をインストールする方法

Firebase コンソールの使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase コンソールで行えます。

コンソールを使用してインストールする

Firebase CLI の使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase CLI でも行えます。

ステップ 1: 以下の npm コマンドを実行して、CLI をインストールするか、最新バージョンの CLI に更新します。

npm install -g firebase-tools
正常に機能しない場合は、 Firebase CLI リファレンス を確認するか、 npm のアクセス権 を変更してください。

ステップ 2: 新しい Firebase プロジェクトのディレクトリを設定 するか、既存のプロジェクト ディレクトリに移動します

ステップ 3: 次を実行して、この拡張機能を 拡張機能のマニフェスト に追加します

firebase ext:install revenuecat/firestore-revenuecat-purchases --local --project=projectId_or_alias

Step 4 (Optional): Test this extension locally with the Firebase Emulator Suite

firebase emulators:start

ステップ 5: マニフェストにある拡張機能をプロジェクトに デプロイ します

firebase deploy --only extensions --project=projectId_or_alias
サポート対象
Cloud Firestore Authentication
作成者
ライセンス
apache-2.0
バージョン
0.1.4