Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
CrazyLabs のロゴ
CrazyLabs の事例: Firebase Remote Config を使用して収益を大規模に最大化
CrazyLabs のスクリーンショット

はじめに

CrazyLabs はハイパーカジュアル ゲームとカジュアル ゲームのパブリッシャーです。同社のゲームのダウンロード数は 40 億件を超え、 Super Stylist - Makeover & Style Fashion Guru Tie Dye Phone Case などの人気タイトルを配信しています。同社のビジネスモデルを支えているのは、数多くの候補の中から高収益を生み出す可能性があるゲームを早期に特定し、そのスケーリングを支援することです。


課題

CrazyLabs は、ユーザー エンゲージメントを低下させずに収益を最大化するため、常に最大 15 本のゲームをテストしています。これらのテストでは、高収益の可能性を示すシグナルを早期に特定するために、最大 30 通りの広告の構成とアプリ内購入の設定を走らせる必要があります。次に、これらのシグナルを使用して、各ユーザー層のライフタイム バリューを最大化します。また、ゲームレベル設計についてもテストし、何がユーザー エンゲージメントを最大限に維持するかを把握します。テストする構成がタイトルあたり最大 30 通り存在し、地理的グループも複数に分かれていることから、これだけ多くのテストを稼働させて成果の高い構成を見つけるのは複雑で時間がかかる作業です。CrazyLabs は社内ソリューションやその他のサードパーティ ツールを試してきましたが、それらはスピードや信頼性に欠けるか、モバイルアプリに適合していませんでした。そのため、このようなテストを大規模かつ短時間で自動的に行える方法を求めていました。

CrazyLabs のスクリーンショット

解決方法

CrazyLabs は、テストの自動化を目指して Firebase Remote Config に目をつけました。 Remote Config API を使用して、ユーザーを複数のグループに分割し、テストする構成順列を各グループに割り当てました。また、 AdMob と組み合わせて、各ユーザー層に対する広告の頻度、フォーマット、プレースメントなどのさまざまな広告収益化オプションを最大 15 個のアプリで同時に測定し、テストしました。さらに、UI 要素をどこに追加するか、ゲームの難易度をどの程度にするかといったゲームレベル設計を最適化するテストも実施しました。次に、 データを BigQuery にエクスポート して結果を分析し、最も効果的な構成を決定しました。これにより、数多くの選択肢の中から最適化に最も適したオプションを 7 日以内に選択できました。CrazyLabs で最高技術責任者を務める Eran Heres 氏はこう語ります。「Firebase がなければ、今日のような形で事業を運営することはできなかったでしょう。」


結果

最大 30 通りのテストを一度に実行し、最も効果的な構成を 1 週間以内に特定できるようになった

CrazyLabs のロゴ

「Firebase がなければ、今日のような形で事業を運営することはできなかったでしょう。」

- CrazyLabs 社最高技術責任者 Eran Heres 氏