Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
Tapple のロゴ
Tapple の事例: Firebase Remote Config を使用してサブスクリプションを 8% 増加
Tapple のスクリーンショット

はじめに

2015 年から、日本のデベロッパー Tapple は、人気のデートアプリを通じて恋の相手を見つけられるよう支援しています。自分に近い趣味や関心を持つ異性をマッチングすることで 2 億人を超える人々を結び付け、毎月数千組の新しいカップルを誕生させています。


課題

サービス開始以来、Tapple は 500 万人のユーザーのライフタイム バリュー(LTV)を最大化するためにさまざまな方法を試してきました。しかし、関与する要素が多いため、LTV は最適化するのが難しい指標です。そのため、LTV の主要な推進要因であるサブスクリプション登録率に焦点を絞ることにしました。

Tapple が特に求めていたのはより多くのユーザーがサブスクリプション プランを購入することだったので、ユーザーのサブスクリプション率を最適化するテストを設計しました。サブスクリプション プランに加入していない男性ユーザーは受け取ったメッセージを読むことができないため、そのようなユーザーがメッセージにアクセスしようとするとサブスクリプションへの加入を促すプロンプトが表示されます。複数バージョンのサブスクリプション プロンプトをテストして最も効果の高いプロンプトを特定するため、Tapple はテストのセットアップと実施が簡単な Firebase を選びました。

Tapple のスクリーンショット

解決方法

Firebase Remote Config を使用することで、Tapple は新バージョンのアプリをリリースすることなく、サブスクリプション プロンプトを動的に制御および変更することができました。また、Firebase A/B Testing を通じて、特にパフォーマンスが高いバリアントに関する分析情報を得ることができました。さらに、Firebase Crashlytics を使用してアプリの安定性をモニタリングし、テスト中に問題が発生した場合は Remote Config を使用して迅速かつ簡単に機能をロールバックできるようにしました。

チームはデザイン C が最も効果的だろうと考えていましたが、Firebase A/B Testing の結果を見ると、実際に最も高いコンバージョンを示したのはデザイン A でした。テストで勝利したデザインを実装した後、サブスクリプション登録は 8% 増加しました。

Firebase を使用することで、Tapple はユーザーの LTV を向上させただけでなく、データと実証された結果の裏付けに基づいて重要なビジネス上の決断を下すこともできました。


結果

サブスクリプション登録が 8% 増加

Tapple のロゴ

「私たちは LTV を最適化することに常に注力してきましたが、ご存じのように一筋縄ではいきません。Firebase には、当サービスのユーザーのライフタイム バリューを体系的に向上させるために必要なツールが揃っており、問題が発生した場合の安全対策も用意されています。Firebase から得られた分析情報は非常に有用で、ユーザー エクスペリエンスを最適化してサブスクリプション登録を増加させるために大いに役立ちました。」

- Tapple 社エンジニア Shohei Kawano および Wataru Mukainakano