Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
Tapps Games のロゴ
Tapps Games の事例: Crashlytics と Remote Config を使用してクラッシュに遭遇していないユーザーの割合を高め、評価を向上させる
Tapps Games のスクリーンショット

はじめに

Tapps Games は、1 か月のアクティブ ユーザー数が 1,100 万人を超えるブラジルのゲーム デベロッパーで、アーケード、カジュアル、パズル、シミュレーションなどの複数のカテゴリにわたって 400 種類以上のゲームを提供しています。Tapps の使命は、Vlogger Go Viral、My Boo、My Virtual Pet Shop などの素晴らしいゲームを通して世界中の人々を楽しませ、結び付けることです。


課題

Tapps Games のような大規模なゲーム デベロッパーにとって重要なのは、安定したハイパフォーマンスなゲーム体験をユーザーに提供することです。そのため、同社の開発者チームは、Vlogger Go Viral の動画作成プロセスにカスタマイズ オプションを追加するとき、ロールアウトを成功させるためにはゲームのコア動画作成システムの安定性を監視しなければならないことを理解していました。

以前のアップデート時には、ロールアウト プロセス中に発生した重大な問題を明らかにするため、レビューを手動で検索し、否定的なレビューが急増していないか調べていました。否定的なレビューが見つかったらアプリに戻り、限られた情報を基に問題を再現しようとしました。このプロセスは非常に時間がかかり、問題が検出されたときにはすでに相当数のユーザーに影響が及んでいました。

Tapps Games のスクリーンショット

解決方法

Vlogger Go Viral ゲームのアップデートのロールアウト中に起きるすべてのクラッシュをタイムリーに検出する目的で、同社のチームは Firebase Crashlytics のクラッシュ アラートを有効にしました。Crashlytics の ベロシティ アラート は、クラッシュの重大度が増加したことをチームに直ちに知らせます。このプロセスは、同社のローカル ソフトウェア開発環境を通じて手動で行った場合には通常数日かかります。

ゲームのクラッシュの発生状況を認識できるようになった後、Tapps のチームは、Crashlytics ダッシュボードを使用して発生件数の多いクラッシュを調査し、影響を受けているユーザーの数を把握して、それらのクラッシュの根本原因を特定しました。このプロセスを通じて、Vlogger Go Viral の動画作成プロセスのアップデートと、同時に行われたコミュニティ プレーヤー イベントが、ある特定の画面クラッシュにつながったことを突き止めました。

この事態を受けて、リリースチームは Firebase Remote Config を使用してバグのある画面をシャットダウンしました。さらに、Crashlytics を使用してクラッシュを再現し、次回のリリースに向けてこれを修正しました。クラッシュを修正した後、まずは Google Play Console の段階的ロールアウトを使用して新しいバージョンを一部のプレーヤーに徐々にリリースしてから、完全なロールアウトに進みました。

このロールアウト プロセス中に Firebase Crashlytics と Remote Config を使用することで、クラッシュに遭遇していないユーザーの割合は 94.6% から 99.8% に増加し、クラッシュの影響を受けたプレーヤー動画の最大 5% を復元できました。また、Play ストアでの同ゲームの評価は 3.9 から 4.7 に向上しました。


結果

クラッシュに遭遇していないユーザーの割合が 94.6% から 99.8% に増加

Play ストアでの評価が 3.9 から 4.7 に向上

クラッシュの影響を受けた動画を 5% 復元

Tapps Games のロゴ

「当社の使命は、素晴らしいゲームを通して世界中の人々を楽しませ、結び付けることであり、Firebase は当社がこのミッションを達成するための重要なパートナーです。Firebase には、新しい機能を自信を持って迅速にデプロイできるツールが揃っています。」

- Tapps Games 社スタジオ責任者 Bruno Domingues 氏