Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Stream フィードでの認証

Stream
Made by Stream

Firebase Authentication ユーザーを Stream と同期して、Stream アクティビティ フィードの認証トークンを作成します。

この拡張機能の動作

Stream フィードのプロジェクトを Firebase Authentication と同期するために使用する拡張機能です。

Stream フィードのプロジェクトを Firebase Authentication に同期すると、事前に構成された Firebase Cloud Functions の関数にサーバーサイドでアクセスし、以下の Firebase Authentication SDK ログイン方法をアプリ内で使用できるようになります。

  • メールとパスワード ベースの認証
  • フェデレーション ID プロバイダの統合(Google、Apple、Facebook、Twitter、GitHub)
  • 電話番号認証
  • カスタム認証システムの統合
  • 匿名認証

追加設定

この拡張機能をインストールする前に、Firebase プロジェクトで Firebase Authentication を設定 してください。

この拡張機能をインストールする前に、Stream Activity Feeds アプリも設定する必要があります。この操作は、 Stream のサイト上で行えます。

料金

この拡張機能は、関連する料金が発生する可能性のある次の Firebase サービスを使用します。

  • Cloud Functions
  • Secret Manager

この拡張機能は、以下のサードパーティ サービスも使用します。

これらのサービスの使用に関連する費用はすべてお客様の負担となります。

Firebase に関する注意

この拡張機能をインストールするには、プロジェクトを [Blaze(従量課金制)プラン]に含める必要があります。使用したリソース分のみが請求されます。ほとんどの Firebase サービスで、少量の使用のための無料枠が用意されています。 Firebase の料金に関する詳細を確認してください。

この拡張機能をインストールまたは再構成すると、小額(通常は $0.10 未満)が課金されます。詳細な説明については、 Firebase の料金 で Cloud Functions を参照してください。

この拡張機能をインストールする方法

Firebase コンソールの使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase コンソールで行えます。

コンソールを使用してインストールする

Firebase CLI の使用

拡張機能のインストールと管理は、Firebase CLI でも行えます。

ステップ 1: 以下の npm コマンドを実行して、CLI をインストールするか、最新バージョンの CLI に更新します。

npm install -g firebase-tools
正常に機能しない場合は、 Firebase CLI リファレンス を確認するか、 npm のアクセス権 を変更してください。

ステップ 2: 新しい Firebase プロジェクトのディレクトリを設定 するか、既存のプロジェクト ディレクトリに移動します

ステップ 3: 次を実行して、この拡張機能を 拡張機能のマニフェスト に追加します

firebase ext:install stream/auth-activity-feeds --local --project=projectId_or_alias

Step 4 (Optional): Test this extension locally with the Firebase Emulator Suite

firebase emulators:start

ステップ 5: マニフェストにある拡張機能をプロジェクトに デプロイ します

firebase deploy --only extensions --project=projectId_or_alias
作成者
ライセンス
Apache-2.0
バージョン
0.2.0