Join us for Firebase Summit on November 10, 2021. Tune in to learn how Firebase can help you accelerate app development, release with confidence, and scale with ease. Register

アナリティクス データの収集と使用方法を構成する

Google アナリティクスには、アナリティクス データの収集と使用を制御できる機能が用意されています。

アナリティクス データの収集を無効にする

エンドユーザーの同意を得る、法的責任を満たす、などの理由でアナリティクス データの収集を一時的または完全に無効にしなければならない場合があります。Google アナリティクスには、アナリティクス データの収集を一時的または完全に無効にするための複数のオプションが用意されています。これらを組み合わせることで、さまざまなユースケースに対応できます。

収集を一時的に無効にする

データを収集する前にエンドユーザーの同意を得るなど、アナリティクスによるデータ収集を一時的に無効にする場合は、アプリの Info.plist ファイルで、FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_ENABLED の値を NO(ブール値)に設定します。たとえば、ソース XML で次のように設定します。

<key>FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_ENABLED</key>
<false/>

エンドユーザーが同意した後などに収集を再度有効にするには、AnalyticssetAnalyticsCollectionEnabled インスタンス メソッドを呼び出します。次に例を示します。

Swift

Analytics.setAnalyticsCollectionEnabled(true)

Objective-C

[FIRAnalytics setAnalyticsCollectionEnabled:YES];

なんらかの理由で収集を再び停止する場合は以下を呼び出します。

Swift

Analytics.setAnalyticsCollectionEnabled(false)

Objective-C

[FIRAnalytics setAnalyticsCollectionEnabled:NO];

これで、再び有効にするまで収集が停止します。setAnalyticsCollectionEnabled メソッドによって設定された値は、アプリの実行後も維持され、アプリの Info.plist ファイル内の FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_ENABLED の値をオーバーライドします。setAnalyticsCollectionEnabled の値を設定すると、ユーザーがアプリを閉じて再度開いた場合でも、setAnalyticsCollectionEnabled が再び呼び出されるまでアナリティクスの収集の状態は変わりません。

収集を完全に無効にする

お使いのアプリのバージョンでアナリティクスの収集を完全に無効にするには、アプリの Info.plist ファイルで FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_DEACTIVATEDYES(ブール値)に設定します。FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_DEACTIVATEDYES(ブール値)に設定すると、この設定がアプリの Info.plist 内の FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_ENABLED の値や setAnalyticsCollectionEnabled で設定された値よりも優先されます。

収集を再び有効にするには、Info.plist から FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_DEACTIVATED を削除します。FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_DEACTIVATEDNO(ブール値)に設定しても効果はなく、Info.plist ファイルで FIREBASE_ANALYTICS_COLLECTION_DEACTIVATED が設定されていない場合と同じ動作になります。

IDFA の収集を無効にする

アプリの Podfile に pod 'Firebase/Analytics' を追加して CocoaPods から Firebase をインストールした場合、iOS アプリで IDFA(デバイスの広告識別子)の収集を無効にするには、AdSupport フレームワークがアプリに含まれていないことを確認してください。

IDFA 収集機能なしで Firebase をインストールするには、pod 'Firebase/Analytics' の代わりに次のサブスペックを使用します。

pod 'Firebase/AnalyticsWithoutAdIdSupport'

IDFA について詳しくは、Apple のドキュメントをご覧ください。

IDFV の収集を無効にする

iOS アプリで IDFV(ベンダの識別子)の収集を無効にするには、アプリの Info.plist ファイルで GOOGLE_ANALYTICS_IDFV_COLLECTION_ENABLED の値を NO(ブール値)に設定します。

アナリティクス データの使用を構成する

カスタマイズされた広告機能を無効にする

Google アナリティクス プロジェクトを広告アカウントにリンクしている、広告との連携を有効にしている、またはデータ共有を選択している場合は、カスタマイズされた広告でアナリティクス データを使用できる可能性があります。たとえば、このようなデータをカスタマイズされた広告に使用できないことを指定しない限り、first_open などの収集されたイベントを使用して、リマーケティング用のユーザーリストを作成し、デプロイできます。

ユーザーのアナリティクス データをカスタマイズされた広告に使用するかどうかをプログラムで制御するには、アプリの AndroidManifest.xml ファイルで適切なデフォルト動作を設定し、以下のメソッドを使用してデフォルトの動作をオーバーライドします。

カスタマイズされた広告のデフォルトの動作を設定するには、アプリの Info.plist ファイルで GOOGLE_ANALYTICS_DEFAULT_ALLOW_AD_PERSONALIZATION_SIGNALS の値を NO(ブール値)に設定します。

また、Google アナリティクスのプロパティ設定にある広告のカスタマイズ設定を使用して、エンドユーザーから収集したデータを広告のパーソナライズに使用するかどうかを調整できます。

カスタマイズされた広告機能を再度有効にする

実行時に(エンドユーザーが同意した後などに)カスタマイズされた広告機能をユーザーに対して再度有効にするには、次のように setUserProperty メソッドを使用します。

Swift

Analytics.setUserProperty("true", forName: AnalyticsUserPropertyAllowAdPersonalizationSignals)

Objective-C

[FIRAnalytics setUserPropertyString:@"YES" forName:kFIRUserPropertyAllowAdPersonalizationSignals];

アナリティクスの収集を一時的に(たとえば、エンドユーザーが同意するまで)無効にした後で、ユーザーのアナリティクス収集を再度有効にするときに、カスタマイズされた広告機能を制御できるようにするには、この設定を指定する呼び出しを、アナリティクスの収集を再度有効にする呼び出しよりも前に配置します。次に例を示します。

Swift

Analytics.setUserProperty(..., forName: AnalyticsUserPropertyAllowAdPersonalizationSignals)
Analytics.setAnalyticsCollectionEnabled(true)

Objective-C

[FIRAnalytics setUserPropertyString:... forName:kFIRUserPropertyAllowAdPersonalizationSignals];
[FIRAnalytics setAnalyticsCollectionEnabled:YES];

設定を確認する

上記のいずれかの方法でユーザーに対して広告のカスタマイズ機能を無効にした場合は、それ以降にこのユーザーのデバイスからログに記録されるイベント バンドルに「non_personalized_ads」というユーザー プロパティが格納され、このバンドル内のイベントをカスタマイズされた広告に使用できないことを示す値 1 が設定されます。カスマイズされた広告を無効にしても、レポートやアトリビューションなど、測定のためにデータを使用する場合には影響しません。