Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Value

サポートされている値タイプのいずれかを保持できるメッセージ。

JSON表現
{

  // Union field value_type can be only one of the following:
  "nullValue": null,
  "booleanValue": boolean,
  "integerValue": string,
  "doubleValue": number,
  "timestampValue": string,
  "stringValue": string,
  "bytesValue": string,
  "referenceValue": string,
  "geoPointValue": {
    object (LatLng)
  },
  "arrayValue": {
    object (ArrayValue)
  },
  "mapValue": {
    object (MapValue)
  }
  // End of list of possible types for union field value_type.
}
田畑
ユニオンフィールドvalue_type 。値を設定する必要があります。 value_typeは、次のいずれかになります。
nullValue

null

null値。

booleanValue

boolean

ブール値。

integerValue

string ( int64 format)

整数値。

doubleValue

number

double値。

timestampValue

string ( Timestamp format)

タイムスタンプ値。

マイクロ秒のみに正確です。保存されると、追加の精度は切り捨てられます。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。解像度はナノ秒で、最大9桁の小数部。例: "2014-10-02T15:01:23Z"および"2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

stringValue

string

文字列値。

UTF-8として表される文字列は、1MiB-89バイトを超えてはなりません。クエリでは、UTF-8表現の最初の1,500バイトのみが考慮されます。

bytesValue

string ( bytes format)

バイト値。

1MiBを超えてはなりません-89バイト。クエリでは、最初の1,500バイトのみが考慮されます。

base64でエンコードされた文字列。

referenceValue

string

ドキュメントへの参照。例: projects/{project_id}/databases/{databaseId}/documents/{document_path}

geoPointValue

object ( LatLng )

地球の表面上のポイントを表すジオポイント値。

arrayValue

object ( ArrayValue )

配列値。

別の配列を含むマップを含めることはできますが、別の配列値を直接含めることはできません。

mapValue

object ( MapValue )

マップ値。

MapValue

マップ値。

JSON表現
{
  "fields": {
    string: {
      object (Value)
    },
    ...
  }
}
田畑
fields

map (key: string, value: object ( Value ))

マップのフィールド。

マップキーはフィールド名を表します。正規表現__.*__一致するフィールド名は予約されています。特定の文書化されたコンテキストを除いて、予約済みフィールド名は禁止されています。 UTF-8として表されるマップキーは、1,500バイトを超えてはならず、空にすることはできません。

"key": valueペアのリストを含むオブジェクト。例: { "name": "wrench", "mass": "1.3kg", "count": "3" }