Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

リリースとモニタリング関連のプロダクトについて学ぶ

手間をかけずに、短時間でアプリの品質を改善できます。テスト、トリアージ、トラブルシューティングを簡素化できます。機能を慎重にロールアウトし、導入状況をモニタリングできます。安定性とパフォーマンスの問題を早い段階で特定し、優先順位を付け、修正できます。

注目トピック

Performance Monitoring の使用を開始する際や、Performance Monitoring の機能とツールを使用する際のトラブルシューティングのヒントをお読みください。
トラブルシューティング ガイド内にある Crashlytics の設定に関するヘルプとよくある質問への回答をご覧ください。

注目のプロダクト

Firebase Crashlytics は軽量なリアルタイムのクラッシュ レポートツールで、アプリの品質を低下させるアプリ内の安定性の問題を追跡し、優先順位を付け、修正するのに役立ちます。Crashlytics は、クラッシュをインテリジェントにグループ化し、クラッシュにつながった状況をあぶり出すことによって、トラブルシューティングの時間を節約します。
Firebase App Distribution を使用すると、Trusted Tester(テスター)にアプリを簡単に配布できます。アプリをテスターのデバイスに迅速に配布できるので、早い段階からフィードバックを得ることができます。アプリで Crashlytics を使用すると、すべてのビルドで安定性の指標を自動的に取得できます。
Firebase Test Lab では、ホストされているさまざまなデバイスでアプリを実行できるため、実際のテスターにアプリを配布する前に品質テストを行えます。テスト結果(ログ、動画、スクリーンショットなど)は、Firebase コンソールまたは Google Cloud バケットで確認できます。

関連動画

Firebase Crashlytics は、アプリの品質に影響する安定性の問題をリアルタイムで追跡し、優先順位を付けて修正できます。大量のクラッシュ レポートを管理しやすい問題のリストに整理し、コンテキスト情報を追加するとともに、クラッシュの重大度と蔓延度を示します。これにより、根本原因をより迅速に特定することができます。Firebase Crashlytics を使用すると、アプリの優先順位付けやトラブルシューティングに費やす時間を減らし、アプリの新機能の構築などの作業により多くの時間をかけることができます。
Firebase Test Lab を利用すると、Google がホストする仮想デバイスと物理デバイスで、アプリの自動テストを行ったり、カスタマイズされたテストを行ったりできます。さまざまな実際のデバイスや状況でアプリをテストして、開発ライフサイクル全体で隠れた問題を見つけます。
Firebase Remote Config を使用すると、アプリの新しいバージョンを公開せずに、アプリの外観を変更したり、機能の段階的なロールアウトを行ったり、A/B テストを行ったり、カスタマイズされたコンテンツを特定のユーザーに配信したりできます。これらすべてをクラウドから行うことができます。