Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Swift PackageManagerを使用してFirebaseをインストールする

Firebase iOS SDKのv8.0.0以降、FirebaseのSwift Package Managerサポートはベータ版ではなく、一般的に使用可能です。 Swift PackageManagerユーザーにはCocoaPodsは必要ありません。

Xcode経由

Swift Package Managerのサポートには、Xcode12.5以降が必要です。

  1. CocoaPodsベースのプロジェクトからの移行、実行する場合はpod deintegrate XcodeプロジェクトからCocoaPodsを削除します。 CocoaPods-生成.xcworkspaceファイルは安全に後から削除することができます。初めてFirebaseをプロジェクトに追加する場合、この手順は無視してかまいません。

  2. Xcodeで、パッケージの依存を追加>ファイル>スウィフトパッケージに移動してFirebaseライブラリをインストール...

  3. 表示されるプロンプトで、FirebaseGitHubリポジトリを選択します。

    https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git
    
  4. 使用するFirebaseのバージョンを選択します。新しいプロジェクトの場合は、Firebaseの最新バージョンを使用することをお勧めします。

  5. アプリに含めるFirebase製品を選択します。

完了すると、Xcodeはパッケージの依存関係の解決を開始し、バックグラウンドでそれらをダウンロードします。

経由Package.swift

経由スウィフトパッケージにFirebaseを統合するにはPackage.swiftマニフェスト、あなたはにFirebaseを追加することができdependenciesパッケージの配列。詳細については、スウィフトパッケージマネージャのマニュアルを

dependencies: [

  .package(name: "Firebase",
           url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git",
           from: "8.0"),
  // ...

],

その後に追加し、Firebase製品に依存して任意のターゲットでdependencies配列そのターゲットの。

.target(
  name: "MyTargetName",
  dependencies: [
    .product(name: "FirebaseAuth", package: "Firebase"),
    // ...
  ]
),

製品固有の考慮事項

一部のFirebase製品は、正しく機能するために追加の統合手順が必要です。

グーグルアナリティクス

Googleアナリティクスでは、追加する必要が-ObjCターゲットのビルド設定にリンカフラグを。

Crashlytics

Crashlyticsでは、デバッグシンボルをアップロードする必要があります。

Xcodeの実行スクリプトを使用して、ビルド後にデバッグシンボルを自動的にアップロードできます。ここで実行スクリプトを見つけます:

${BUILD_DIR%Build/*}/SourcePackages/checkouts/firebase-ios-sdk/Crashlytics/run

アップロードシンボルのための別のオプションは使用することですupload-symbolsスクリプトを。プロジェクトファイルのサブディレクトリにスクリプトを置きます(例のためのscripts/upload-symbols )、その後、スクリプトが実行可能であることを確認してください。

chmod +x scripts/upload-symbols

このスクリプトを使用して、dSYMファイルを手動でアップロードできます。使用上の注意とスクリプトの追加手順については、実行してupload-symbolsパラメータなしで。