Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
Tamedia のロゴ
Tamedia の事例: カスタム アラートによって購読者のコンバージョンを増加
Tamedia のスクリーンショット

はじめに

Tamedia は、日刊および週刊の新聞、雑誌、デジタル プラットフォームを発行しているスイスのメディア グループです。同社は、Berner Zeitung(BZ)(ベルン州の主要な日刊紙)と 24 Heures(フランスで最大の発行部数を誇る日刊誌)の月次および日次購読を Google Play で提供しています。


課題

BZ および 24 Heures アプリに関する同社の目標は、月次購読の売上を増やすことです。

購読料は高いものの、月次購読が読者に与える価値は日次購読より高く、月次購読者はより長期間プレミアム コンテンツを読むことができます。また、月次購読者はアプリのコンテンツを見る時間が長いため、月次購読は Tamedia にとって同社のブランドに対する読者のロイヤリティを構築する絶好の機会となります。

そのため、Tamedia は、どうすれば購読オファーの認識を向上させ、購読目標の成果を高められるかをテストしたいと考えていました。

Tamedia のスクリーンショット

解決方法

Tamedia は、アプリの使用頻度は高いものの、まだプレミアム コンテンツを購読していない読者に焦点を合わせることにしました。このような読者の購読オファーの認知度を向上させるため、Firebase の料金不要の機能である Google アナリティクスを介したユーザー セグメンテーションと Firebase In-App Messaging を介したカスタム メッセージの 2 つをテストしました。

BZ では、Firebase In-App Messaging を通じて、7 日間にアプリを開いた回数が 5 回を超えた非購読者に購読オファーについて知らせるアプリ内通知を送り、アプリ内購読画面への直接リンクをそれに含めました。

24 Heures では、非購読者が購読を申し込まずにプレミアム コンテンツをクリックした回数が 3 回を超えた場合にオファーのアプリ内リマインダーを送りました。

同社の仮説は正しいことが証明されました。アプリの使用頻度が高い読者は、コンテンツ消費に基づくカスタマイズされた製品オファーをアプリ内通知で受け取ったときに進んで購読を申し込む傾向が強いことがわかりました。

BZ では、購読のアプリ内購入の件数が過去 3 か月と比較して 29% 増加し、購入全体の 82% が購読通知によるものでした。

24 Heures では、ペイウォールに 2 回ぶつかった読者に対するカスタム アラートの導入後、アプリ内購入は 8% 増加しました。購読全体の 3 分の 2 以上がカスタム アラート通知の導入に起因していました。


結果

BZ では、購読件数が過去 3 か月よりも 29% 増加し、そのうち 82% が購読通知によるものであった

24 Heures では、アプリ内購入が 8% 増加した