Cloud Functions for Firebase の学習(動画シリーズ)

Cloud Functions for Firebase に興味があり、映像形式で学習を進めたい方には、Firebase の YouTube チャンネルの動画をおすすめします。

TypeScript を使用して Cloud Functions for Firebase を使ってみる

Cloud Functions for Firebase を使用すると、Firebase 機能や HTTPS リクエストによってトリガーされたイベントに応じて、バックエンド コードを自動的に実行できます。この動画では、TypeScript を使用して関数を記述し、それらを Firebase CLI でデプロイする方法を学習できます。

JavaScript の Promise を学ぶ(パート 1): Cloud Functions で HTTP トリガーを使用する方法

Cloud Functions のコードを記述する場合、Promise の動作を理解しておくことが不可欠となります。Promise は記述する関数のほぼすべてで使用されることになるため、正しく記述しないと、コードが不可解な状態で失敗する可能性があります。このチュートリアルでは、HTTP 関数で Promise を使用する際の基礎を学びます。

JavaScript の Promise を学ぶ(パート 2): Cloud Functions で Firestore トリガーを使用する方法

バックグラウンド関数を正常に終了させるには、その関数のすべての保留状態の処理が完了したときに、完了状態または拒否状態となる Promise を返さなければなりません。Firestore トリガーではどのように動作するのか見てみましょう。

JavaScript の Promise を学ぶ(パート 3): Cloud Functions で順次処理および並列処理を行う方法

Cloud Functions で複数の非同期処理を実行するにはどうすればよいのでしょうか。この動画では、Promise を使って処理を順次的に実行する方法と、Promise.all() を使って処理を並列に管理する方法を説明します。これらは、Cloud Functions for Firebase で高度なコードを書く際に必要となる手法です。

TypeScript および ECMAScript 2017 での async/await の動作

async/await 構文を使用すると、TypeScript(および ECMAScript 2017)における読み取りと書き込みの操作がより簡単になります。この 2 つのチュートリアルのパート 1 では、Cloud Functions で async/await を使用する方法を学習できます。

Cloud Functions for Firebase で async/await を使用する(TypeScript で記述)

Cloud Functions for Firebase で async/await 構文を使用すると、TypeScript や ECMAScript 2017 のコードで読み取りと書き込みの操作がより簡単になります。このパート 2 の動画では、Promise を使用して async/await を使用するように一部の関数を変換する方法を説明します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。