Android で Google プロジェクトから移行

Google I/O 2016 では、モバイルアプリを構築するための新たなツールとして Firebase をご紹介しました。Firebase は、既存の Google デベロッパーの複数の技術に取って代わるだけでなく、多くの新機能が追加されています。このガイドでは、既存の設定ツールまたは Google API コンソールを使用して作成したプロジェクトから、アプリを更新するプロセスについて説明します。

Firebase の詳細については、このドキュメントを参照してください。既存の Firebase.com プロジェクトからアップグレードを行う場合は、アップグレード ガイドを参照してください。移行作業に問題が発生した場合は、デベロッパー サポートまでお問い合わせください。

コンソール プロジェクトを移行

Firebase では、API 設定および認証情報を、すべて単一の設定ファイルで管理しています。このファイルは、Android では google-services.json、iOS では GoogleService-Info.plist と名付けられています。このファイルは以下の手順でダウンロードできます。
  • Firebase を Google Developer プロジェクトへ追加 Firebase コンソールに移動して、[Google プロジェクトをインポート] を選択します。
  • 既存のプロジェクトを選択します。
  • App Invites を使用している場合は、Dynamic Links パネルを選択して警告に同意します。これにより Firebase Invites が有効になります。
  • Firebase でプロジェクトを設定します。
    1. 左側のメニューの歯車をクリックし、[プロジェクトの設定] を選択します。
    2. 各 iOS アプリについてこれらを選択し、App Store IDチーム ID を追加します。
    3. プロジェクト内の各アプリについて、更新済みの google-service.json または GoogleService-Info.plist ファイルを Firebase console からダウンロードします。ここには、Google アナリティクス、クラウド メッセージング、Google ログインで必要となる情報が含まれています。

Gradle の設定を更新

依存関係を、最新バージョンの 10.2.6 にアップグレードする必要があります。ほとんどの Google Play Services SDK の依存関係は、Firebase への移行時も変更されません。ただし、サービスによっては以下のように変更が必要になります。

以前に google-services Gradle プラグインを使用していた場合は、バージョン 3.1.0 に更新する必要があります。

プラグインを使用していない場合は、依存関係をルート build.gradle に追加してください。

buildscript {
    // ...
    dependencies {
        // ...
        classpath 'com.google.gms:google-services:3.1.0'
    }
}

次に、モジュールの Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)の末尾に以下の行を追加し、Gradle プラグインを有効化します。

apply plugin: 'com.android.application'

android {
  // ...
}

dependencies {
  // ...
}

// ADD THIS AT THE BOTTOM
apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

次に、Firebase console からダウンロードした google-services.json を、上記の Gradle ファイルと同レベルのモジュール フォルダ(通常は /app)にコピーします。

Google App Invites を Firebase Invites にアップグレード

build.gradle の依存関係を更新します。

変更前

compile 'com.google.android.gms:play-services-appinvite:8.4.0'
変更後

compile "com.google.firebase:firebase-invites:10.2.6"

新機能の詳細については、Firebase Invites の完全なドキュメントを参照してください。

AdMob by Google をアップグレード

build.gradle の依存関係を更新します。

変更前

compile 'com.google.android.gms:play-services-admob:8.4.0'
変更後

compile "com.google.firebase:firebase-ads:10.2.6"

Google Cloud Messaging(GCM)を Firebase Cloud Messaging(FCM)にアップグレード

既存の GCM 統合の使用を継続することは可能ですが、Firebase Cloud Messaging の新機能を活用したい場合は、FCM へのアップグレードが必要になります。FCM を利用するための Android GCM アプリのアップグレードの完全ガイドを参照してください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。