併用すれば、さらに効果的

Google Cloud Platform と Firebase のロゴ

Firebase は、アプリの迅速な開発と成長に役立つ Google のモバイル開発プラットフォームです。チームやインフラストラクチャのニーズの高まりに合わせて、Google Cloud Platform(GCP)プロダクトを簡単に導入できるよう設計されています。


どのような共通点がありますか?

Firebase と GCP は次のインフラストラクチャを共有しています。

SDK アイコン

Firebase と GCP は、Cloud Firestore、Cloud Functions、Cloud Storage という 3 つのプロダクトを共有しています。どれも GCP のプロダクトで、Firebase を介してクライアント側のデベロッパーに公開されています。サーバー SDK(GCP)とクライアント SDK(Firebase)から同じデータにアクセスできるため、フロントエンドとバックエンドの両チームが連携して作業できます。

プロジェクト アイコン

各アカウントでは複数のプロジェクトを設定し、フォルダやディレクトリのように使用できます。プロジェクトには、Firebase と GCP の両方のプロダクトを追加できます。

請求アイコン

料金はプロジェクト レベルで設定され、Firebase と GCP の両方のプロダクトを同じ請求書にまとめることができます。


鍵アイコン

プロジェクト レベルで役割ベースのアクセス制御を設定し、個人またはグループが両方のプラットフォームで実行できるアクションをまとめて制限したり許可したりできます。

チェックマーク アイコン

Firebase プロダクトには、GCP 利用規約のもとで提供されているものが複数あります( Firebase AuthenticationCloud Storage for Firebase Cloud Functions for FirebaseCloud Firestore、そして Firebase Test Lab など)。今後、さらに多くの Firebase プロダクトを GCP 利用規約に移行していく予定です。

Google アイコン

Firebase と GCP はどちらも Google アカウントを利用するため、アカウントが 1 つあれば両方で使用できます。


どのような違いがありますか?

  • アプリの構築とユーザー層の拡大に役立ちます。
  • クライアントサイド アプリのデベロッパー(ウェブとモバイルの両方)が使用しています。
  • 新しいモバイルアプリの構築、既存アプリへの新機能の追加、 ユーザー拡大のために使用されます。
  • Google のインフラストラクチャ(コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、 データ分析、機械学習)を 構成可能なサービスとして利用できます。
  • バックエンドやサーバーサイドのデベロッパーに使用されています。
  • Google のコア インフラストラクチャ、データ分析、 機械学習を活用したソフトウェアの構築に使用されます。

使ってみる

Firebase と Google Cloud Platform はこのように関係しています。
さっそくいずれかのコンソールにアクセスして使い始めましょう。