Firebase プロダクトを組み合わせて
アプリ開発における共通の
課題を解決。

ユーザーは Facebook、Twitter、Google、または Github のアカウントで
アプリにログインできます。処理には 5 分とかかりません。

Firebase 向け Google アナリティクスを使えば、オンボーディング フローのステップごとにイベントを記録し、
目標到達プロセスを作成してユーザーの離脱箇所を確認できます。改善点がわかったら Remote Config でアプリに変更を加え、
コンバージョンへの影響をチェックしましょう。

Fabulous のロゴ

"オンボーディング フローをカスタマイズしたユーザーの方が、通常のユーザーよりも定着率が 2 倍も高いことがわかりました。さらに、カスタマイズしたオンボーディング画面の導入にかかった日数はたったの 1 日でした。"

- Sami Ben Hassine 氏、The Fabulous 社、共同設立者兼 CEO

オンボーディングのイラスト

ユーザーの使用履歴、場所、言語に基づいて初期画面をカスタマイズし、アプリを起動したときに喜んでもらえる環境を演出しましょう。

Firebase Remote Config を使用すれば、定義した個々のユーザー層に合ったコンテンツを表示できます。コンテンツやカスタム オーディエンスは、アプリ自体を更新することなく、Firebase コンソールから直接制御できます。


新機能をリリースする最も良い方法は、まず少数のユーザーを対象に動作テストと反応のチェックをすることです。問題がなければ、他のユーザーにも公開します。なんらかの理由で機能を停止しなければならなくなっても、新しいアプリを公開してユーザーが更新するのを待つ必要はありません。

Firebase 向け Google アナリティクスと Remote Config を使用して、新機能をテストするユーザー グループを選びます。次に、Cloud Messaging を使用して、それらのユーザーに招待状を送付して、新機能を試してもらいます。結果はアナリティクスで追跡します。問題がなければ、他のすべてのユーザーに公開します。修正が必要なら、Firebase コンソールから瞬時にロールバックできます。

One Football ロゴ

"Firebase のテスト機能のおかげで、日々のユーザー エンゲージメントを 5% 向上できました。"

- Maxime Blanc-Strauss 氏、Onefootball 社、製品担当責任者

更新を受信している人々のイラスト

たとえば 1 人のユーザーがモバイル デバイスでアプリを開き、その後ノートパソコンでアクセスして、さらにタブレットで開くこともあります。このようなアクティビティは、基本分析では 3 人の異なるユーザーと解釈され、チャーンレート増加の原因となります。

Firebase 向け Google アナリティクスでは、モバイルアプリのデータ(iOS と Android)を BigQuery にエクスポートできます。そして UserID で検索することで、複数のチャネルやデバイスをまたいでアプリのエンゲージメントを確認し、全体像を把握できます。

NPR ロゴ

"Firebase は、機能が充実した非常に優れたツールです。Remote Config、アナリティクス、BigQuery などの機能があり、これ 1 つでターゲティングを向上させることも、より優れたインサイトを得ることもできます。"

- Tejas Mistry 氏、NPR 社、プロダクト マネージャー

ユーザー ジャーニーのイラスト

アプリ内チャットはエンゲージメント向上に効果的な方法ですが、ユーザーに使ってもらえるチャット機能の実装は必ずしも簡単ではありません。

Firebase Authentication でシームレスに認証を行い、Realtime Database でチャットルームを設定します。チャット メッセージはすべてのユーザーのデバイスにリアルタイムで表示されます。Firebase Cloud Messaging で通知を送信すれば、ユーザーは別のアプリを使用していても受信できます。

メッセージを送信している人々のイラスト

ユーザー属性や行動に基づいてカスタムのオーディエンス リストを作成し、購入見込みの低いユーザーと高いユーザーに分けます。Firebase プロジェクトと AdMob を連動させれば、個々のユーザーの価値を可視化できます。

Firebase Remote Config をアナリティクスのカスタム オーディエンス リストと組み合わせると、アプリ内の広告表示の量をユーザーごとに調整できます。Firebase プロジェクトを AdMob と連動させれば、広告エクスペリエンスのカスタマイズがオーディエンスのライフタイム バリューに与える影響を測定できます。

Playbuzz ロゴ

"Firebase のおかげで、キャンペーン インフラストラクチャの管理にかかっていたエンジニアの手を完全に解放し、チームの作業効率もキャンペーンの実績も向上しました。これは当社にとって大きな収穫です。"

- Eran Orlev 氏、Playbuzz 社、モバイル製品担当責任者

広告のイラスト

Firebase Storage を使ってユーザーの写真をクラウドで安全に保管し、ファイルパスを Realtime Database に記録すれば、ユーザー間での写真の共有が可能です。

Firebase のセキュリティ ルールは Realtime Database と連動しているため、写真は共有相手のユーザーのみが表示できます。

Cloud Functions for Firebase は元の画像のディテールを保ったままサイズを調整するので、ユーザーはオリジナルの大容量サイズの写真をダウンロードする必要はありません。Cloud Functions は Google Cloud Platform 上で実行されるため、サーバーの管理も不要です。


複雑な手順を省いて支払い処理を完了できるサードパーティのサービスは数多く存在します。Firebase ではそれらの支払い API を安全に呼び出せるため、支払いをさらに効率化できます。しかも、自前のサーバーを立てる必要はありません。

ユーザーがアプリの支払い画面に移ったら、アプリでそのユーザーの最新の支払情報を収集し、Cloud Functions for Firebase に渡します。続いて、HTTPS 経由でサードパーティの支払い API にリクエストを送信し、注文を Realtime Database に書き込んで、処理が完了したらユーザーに確認メッセージを送信します。すべての処理はセキュリティで保護され、サーバーの管理も必要ありません。

クラウドを介したサードパーティ支払い処理のイラスト

ユーザーはどのようなマーケティングよりも友人からのおすすめを高く評価します。Firebase Dynamic Links を使用すれば、アプリ内に紹介システムを簡単に作成でき、プロダクトを成長させる可能性を大きく広げることができます。

Realtime Database と Cloud Functions for Firebase を使用すると、紹介完了時のアプリ内報酬を設定できます。招待リンクは複数のプラットフォームで動作し、紹介された人が初めて使うときの動作をカスタマイズできます。また、紹介した人や紹介された人、またはその両者へのリワードの贈呈を、特定の招待タスクが完了するまで遅らせることもできます。


アプリを開発したことがある人なら、ユーザーにアプリをインストールしてもらうことや、使い続けてもらうことの難しさをご存知でしょう。アプリ内プロモーションをテストすることはできても、低コストで効果的に定着を図るためにはどのユーザー層をターゲットとすべきかが見えてこない場合もあります。

Firebase Predictions は、Google の機械学習機能を Firebase 向け Google アナリティクスに組み込み、予測される行動に基づいて動的にユーザー グループを作成します。このユーザー グループを Remote Config で使用し、離脱する可能性の高いユーザーをアプリ内プロモーションのターゲットに設定することで、ユーザーの満足と定着を促します。

Halfbrick ロゴ

"テストの結果に基づいて、ゲーム内プロモーションをユーザーベース全体に公開することに決めました。現在、Predictions が「離脱の可能性あり」と特定したユーザーには、ゴールドコイン 2,000 枚とガチャトークン 25 枚が贈られます。他のタイトルでも Predictions を試してみるのが楽しみです。"

- Miguel Pastor 氏、Halfbrick 社、開発者

Firebase は、高品質アプリの開発、ユーザー層の拡大、収益の増加に貢献します。各機能はそれぞれ独立していますが、組み合わせて使用することで相乗効果を期待できます。