Firebase をゲームに活用

Firebase でゲームをパワーアップする

Firebase をゲームに役立てる

アナリティクスを使用すると、ゲームのプレイ時間、レベルのクリアにかかった時間、購入したアプリ内コンテンツの金額など、プレーヤーによるゲーム体験がわかります。Dynamic Links を使用すると、カスタムレベル、ゲーム内アイテム、ゲームへの招待状などのコンテンツをプレーヤー間で共有できるようになります。Cloud Messaging を使用すると、ゲームの既存のコンテンツをクリアしたプレーヤーに対して、新しいコンテンツをリリースするときにプッシュ通知を送信できます。Remote Config を使用すると、敵の密度やパワーアップの頻度など、デベロッパーが制御したいゲーム内設定を迅速に調整できます。Realtime Database を使用すると、カスタムマップなど、ユーザーが生成したコンテンツをクラウドに安全に保存できます。Storage を使用すると、安全なサービスを使用して、プレーヤーにダウンロード可能なコンテンツを配信できます。

plat_cpp plat_unity

C++ と Unity 向けのパワフルな SDK

Firebase では、iOS や Android 上のモバイルゲームにバックエンド サービスと解析機能を簡単に追加できます。SDK を使用すると、C++ や Unity のゲーム内から Firebase サービスに直接アクセスでき、Java や Swift(または Objective-C)コードを記述する必要はありません。

C++ と Unity 向けの Firebase SDK では次の機能がサポートされています。

AdMob、アナリティクス、Dynamic Links、Invites、Remote Config、Authentication、Realtime Database、Cloud Messaging、Storage、Cloud Functions

plat_cpp plat_unity

コンソールをさらに活用

コンソールで、アナリティクスを使用して使用状況データのやり取り、管理、表示を行います。Authentication 設定を管理したり、Remote Config パラメータの変更や更新を行ったりします。ファイルを Firebase Storage にアップロードしたり、Composer でメッセージを送信したりします。

Firebase Predictions や A/B テストなどの機能を簡単に有効にし、これらにアクセスできます。Predictions では、機械学習のパワーを活用して、プレーヤー向けにカスタマイズされたエクスペリエンスを作成します。A/B テストを利用すると、Notifications や Remote Config でテストを実行できます。

Flood-it! サンプル プロジェクトのガイドを見る(ログインが必要)

デスクトップ プラットフォームでの開発とテスト

ゲームを作成する場合、通常は、まずデスクトップ プラットフォームでテストしてから、開発の後の段階で端末にデプロイしてテストする方が簡単になります。このワークフローを支援するため、Firebase の Unity と C++ 向け SDK のサブセットが提供されており、以下の機能でデスクトップ プラットフォームがサポートされています。

Realtime Database、Remote Config、Authentication、Cloud Storage、Cloud Functions。

(残りのデスクトップ ライブラリはスタブ実装であり機能しません)

サンプルゲームを見る

ゲームに Firebase を簡単に組み込めることを示すために、2 種類のサンプルゲームを作成しました。これらのゲームの内容は GitHub で確認できます。また、Google Play ストアからモバイル端末にダウンロードしてプレイすることもできます。Unity のサンプルアプリである MechaHamster は iOS 向けにも提供されており、App Store から入手できます。

Mechahamster(Unity SDK)

Zooshi(C++ SDK)

お気に入りのゲームメーカーが信頼するサービス

お気に入りのデベロッパーが、ゲーム作りに Firebase のパワーを活用しています

 
 
 
 
 
 

Firebase プラットフォーム全体を探索する

Firebase は、高品質ゲームの開発、プレーヤー層の拡大、収益の増加に役立ちます。各機能はそれぞれ独立していますが、組み合わせて使用することで相乗効果を期待できます。