Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebaseサービスアカウントの概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Firebase はサービス アカウントを使用して、ユーザー認証情報を共有せずにサービスを操作および管理します。 Firebase プロジェクトを作成すると、プロジェクトですでに多数のサービス アカウントが利用可能になっていることに気付くかもしれません。

また、サービスを追加したり、特定のアクション (Firebase プロダクトを BigQuery にリンクするなど) を実行したりすると、新しいサービス アカウントがプロジェクトに追加されることに気付くかもしれません。これらのサービス アカウントの一部は、Firebase によって直接追加されます。その他は、Firebase プロジェクトに関連付けられた Google Cloud プロジェクトを介して追加されます。

Firebase コンソールの[設定] > [プロジェクト ] の [サービス アカウント] タブで、プロジェクトに関連付けられているすべてのサービス アカウントを表示できます。

Firebase マネージド サービス アカウントのリストは次のとおりです。

アカウント名アカウントの使用プロジェクトに追加する場合
firebase-service-account@firebase-sa-management.iam.gserviceaccount.com Firebase サービスを管理し、Google Cloud プロジェクトにリンクするには - すべての Firebase プロジェクトに必要です

Firebase プロジェクトの作成時 / Firebase サービスを既存の Google Cloud プロジェクトに追加する

注: 2018 年 9 月より前に作成された一部の Firebase プロジェクトには、このサービス アカウントが含まれていません。ただし、Firebase は、このサービス アカウントを必要とするアクションが次に実行されるときに、これらのプロジェクトのいずれかにこのサービス アカウントを自動的に追加します。

サービスproject-number @gcp-sa-firebaseappcheck.iam.gserviceaccount.com次の App Check プロバイダーによって発行された応答トークンを確認するには:
  • reCAPTCHA エンタープライズ
  • Play Integrity API
次のプロバイダーで App Check を使用するためにアプリを登録するとき:
  • reCAPTCHA エンタープライズ
  • Play Integrity API
project-id @appspot.gserviceaccount.com App Engine に関連するプロダクトを管理するには: Cloud Firestore、Cloud Storage for Firebase、Cloud Functions for Firebase Firebase プロジェクトの作成時 / Google Cloud プロジェクトの Firebase へのインポート時
インポート前に Google Cloud プロジェクト用に既に存在している可能性があります
サービスproject-number @firebase-rules.iam.gserviceaccount.com Cloud Firestore、Cloud Storage for Firebase、Realtime Database の Firebase セキュリティ ルールを管理するにはFirebase プロジェクトの作成時 / Google Cloud プロジェクトの Firebase へのインポート時
サービス - project number @gcp-sa-firebasestorage.iam.gserviceaccount.com

(非推奨) firebase-storage@system.gserviceaccount.com
Cloud Storage for Firebase バケットを管理します。 Firebase プロジェクトの作成時 / Firebase への Google Cloud プロジェクトのインポート時。
firebase-storage@サービス アカウントは新しいプロジェクトに割り当てられなくなりました。サポート FAQを参照してください。
サービスproject-number @gcf-admin-robot.iam.gserviceaccount.com Cloud Functions for Firebase を操作するにはFirebase プロジェクトの作成時 / Google Cloud プロジェクトの Firebase へのインポート時
インポート前に Google Cloud プロジェクト用に既に存在している可能性があります
project-number @cloudservices.gserviceaccount.com Google API を使用するにはFirebase プロジェクトの作成時 / Google Cloud プロジェクトの Firebase へのインポート時
インポート前に Google Cloud プロジェクト用に既に存在している可能性があります
firebase-adminsdk- random5chars @ project-id .iam.gserviceaccount.com Firebase Admin SDK の認証情報を提供するにはFirebase プロジェクトの作成時 / Google Cloud プロジェクトの Firebase へのインポート時
firebase-measurement@system.gserviceaccount.com Firebase データを Google アナリティクスから BigQuery にエクスポートするにはFirebase プロダクトを BigQuery にリンクするとき
crashlytics-exporter@crashlytics-bigquery-prod.iam.gserviceaccount.com Firebase Crashlytics から BigQuery にデータをエクスポートするにはFirebase プロダクトを BigQuery にリンクするとき
exporter@fcm-bq-export-prod.iam.gserviceaccount.com Firebase Cloud Messaging から BigQuery にデータをエクスポートするにはFirebase プロダクトを BigQuery にリンクするとき
exporter@performance-bq-export-prod.iam.gserviceaccount.com Firebase Performance Monitoring から BigQuery にデータをエクスポートするにはFirebase プロダクトを BigQuery にリンクするとき
サービスproject-number @gcp-sa-bigquerydatatransfer.iam.gserviceaccount.com Firebase プロダクト(Google アナリティクス、Crashlytics、Cloud Messaging、Performance Monitoring)から BigQuery にデータをインポートするにはFirebase プロダクトを BigQuery にリンクするとき
ext- extension-instance-id @ project-id .iam.gserviceaccount.com Firebase 拡張機能のインストールを管理し、実行するには拡張機能のインストール時 (各拡張機能インスタンスには独自のサービス アカウントがあります)
(非推奨) firebase-crashreporting- random4char @ project-name .iam.gserviceaccount.comクラッシュ シンボルを Firebase Crash Reporting にアップロードするにはFirebase プロジェクト作成時