Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Firebase Admin GoSDKリリースノート

Firebaseコンソールと他のFirebaseプラットフォームおよび関連するSDKのリリースノートを確認するには、 Firebaseリリースノートを参照してください。

バージョン4.1.0- 2020年10月22日

認証

  • ユーザーのインポート時に使用されるハッシュ構成でパスワードとソルトの順序を指定するためのサポートが実装されました。
  • トークン署名機能を新しいIAM認証情報APIに移行しました。

バージョン4.0.0- 2020年6月16日

  • AdminSDKはGoモジュールをオプトインしています。パッケージ名にメジャーバージョンが追加されました。開発者は、SDKをインストールおよびインポートするときに、新しいパッケージ名firebase.google.com/go/v4を使用する必要があります。詳細については、Go Admin SDKv4移行ガイドを参照してください。
  • プラットフォームレベルのエラーコードをチェックするための関数を提供する新しいerrorutilsパッケージを追加しました。

認証

  • 新しいサービスレベルのエラーチェック関数IsIDTokenInvalid()IsIDTokenExpired()IsSessionCookieInvalid()IsSessionCookieExpired()IsCertificateFetchFailed()追加されました。これらの関数は、既存のJWT検証APIと組み合わせて使用​​できます。

クラウドメッセージング

  • messaging.WebpushFcmOptionsタイプは、 messaging.WebpushFCMOptions名前が変更されました。
  • 新しいサービスレベルのエラーチェック関数IsThirdPartyAuthError()IsQuotaExceeded()IsSenderIDMismatch()IsUnregistered()IsUnavailable()追加されました。

バージョン3.13.0- 2020年5月21日

認証

  • ユーザーアカウントを一括で取得および削除するためのGetUsers()およびDeleteUsers() APIが追加されました。
  • 特定のテナントを対象とするカスタムトークンを作成するためのサポートを実装しました。 CustomToken()CustomTokenWithClaims()関数は、今も上に露出しているauth.TenantClientタイプ。

バージョン3.12.1- 2020年4月23日

  • 必要になるまで資格情報の読み込みを延期します。これにより、 auth.VerifyIDToken()などの一部のAPIを資格情報なしで呼び出すことができます。

クラウドメッセージング

  • トピック管理操作で使用されるリモートエンドポイントを更新しました。貢献してくれてありがとうrueian

バージョン3.12.0- 2020年1月15日

クラウドメッセージング

認証

  • TenantIteratorタイプのバグを修正し、すべてのテナントを正しくリストできなかった。

バージョン3.11.1- 2019年12月23日

認証

  • godocによって生成されたAPI参照出力を修正するための実装のマイナーな改善。

バージョン3.11.0- 2019年12月18日

  • Go1.9および1.10のサポートを終了しました。 Admin SDK for Goには、Go1.11以降が必要です。貢献してくれたshogo82148に感謝ます。

認証

  • 新しいIsInvalidEmail()エラーチェック関数が追加されました。貢献してくれたshogo82148に感謝ます。
  • 認証テナントを作成、更新、取得、および削除するためのauth.TenantManager追加されました。
  • ユーザーの管理、SAML / OIDCプロバイダーの構成、および特定のテナントの電子メールアクションリンクの生成のためのauth.TenantClient追加されました。

クラウドメッセージング

  • バッチメッセージングSendAll()およびSendMulticast()は、1回の呼び出しで最大500のメッセージの送信をサポートするようになりました。

バージョン3.10.0- 2019年10月30日

認証

  • auth.ExportedUserRecordは、サービスアカウントの資格情報に権限がないために編集されたパスワードハッシュを公開しなくなりました。
  • auth.OIDCProviderConfigタイプと、OIDC認証プロバイダー構成を作成、取得、更新、および削除するための関連関数を追加しました。
  • auth.SAMLProviderConfigタイプと、SAML認証プロバイダー構成を作成、取得、更新、および削除するための関連関数が追加されました。

クラウドメッセージング

  • 通知付きの画像URLを送信するためのサポートが追加されました。貢献してくれてありがとうchemidy

バージョン3.9.0- 2019年8月7日

クラウドメッセージング

  • 複数の通知をバッチとして送信するためのSendAll() APIが追加されました。
  • 複数の受信者に通知を送信するためのMulticastMessageおよびSendMulticast() APIが追加されました。
  • AndroidFCMOptionsAPNSFCMOptions 、およびFCMOptionsタイプを介した通知の分析ラベルを指定するためのサポートが追加されました。貢献してくれてありがとうchemidy

バージョン3.8.1- 2019年6月11日

  • Google ApplicationDefaultの認証情報がない環境で失敗していたいくつかの単体テストを修正しました。

バージョン3.8.0- 2019年5月30日

認証

  • auth.PasswordResetLink()auth.EmailVerificationLink() 、およびauth.EmailSignInLink()を介して、パスワードリセット、電子メール検証、および電子メールリンクサインイン用のリンクを作成するためのAPIを追加しました。詳細とコードサンプルについては、電子メールアクションリンクの生成を参照してください。
  • authパッケージ内のすべてのAPIは、I / OまたはHTTPエラーが原因で失敗したRPC呼び出しを自動的に再試行するようになりました。

バージョン3.7.0- 2019年3月28日

  • dbmessaging 、およびiidパッケージのAPIの自動HTTP再試行を有効にしました。

認証

バージョン3.6.0- 2019年1月16日

クラウドメッセージング

  • messaging.Apsタイプは、クリティカルアラートサウンドの設定をサポートするようになりました。この目的のために、新しいmessaging.CriticalSoundタイプが導入されました。
  • messagingパッケージのパブリックタイプは、正しいJSONアンマーシャリングをサポートするようになりました。

認証

  • VerifyIDToken()関数は、JWTタイムスタンプを比較するときに最大5分のクロックスキューを許容するようになりました。

バージョン3.5.0- 2018年12月4日

  • Go1.8以前のサポートを終了しました。

クラウドメッセージング

  • messaging.AndroidNotificationタイプは、AndroidOデバイスにメッセージを送信するときにchannel_id指定することをサポートするようになりました。貢献してくれてありがとうchemidy
  • messaging.ApsAlertタイプで、サブタイトルの指定がサポートされるようになりました。貢献してくれてありがとうchemidy
  • messaging.WebpushNotificationタイプは、追加のFCMオプションの指定をサポートするようになりました。貢献してくれてありがとうchemidy
  • FCMバックエンドサービスからより詳細なエラー応答を要求することにより、エラー処理が改善されました。

リアルタイムデータベース

  • SDKがノード名の特殊文字を処理する方法を修正しました。

バージョン3.4.0- 2018年9月13日

リアルタイムデータベース

  • firebase.Appは、同じFirebaseプロジェクト内の異なるデータベースインスタンスに接続するクライアントを初期化するために使用できる新しいDatabaseWithURL()関数を提供します。

バージョン3.3.0- 2018年8月9日

認証

クラウドメッセージング

バージョン3.2.0- 2018年7月17日

  • Admin SDKは、 GCLOUD_PROJECTGOOGLE_CLOUD_PROJECT両方の環境変数からFirebase / Google GCLOUD_PROJECTプロジェクトIDを読み取ることができるようになりました。

認証

  • Admin SDKは、サービスアカウントの資格情報で初期化せずにカスタムトークンを作成できるようになりました。
  • SDKは、 ServiceAccountIdオプション指定子を提供するようになりました。これを使用して、サービスアカウントのクライアント電子メールのみを設定できます。
  • Googleが管理する環境(Google App Engineなど)にデプロイすると、SDKは明示的な構成なしでサービスアカウントIDを自動検出できます。

バージョン3.1.0- 2018年6月12日

  • iidパッケージは、 iid.IsInvalidArgument()iid.IsNotFound()などのさまざまなエラー状態をチェックするための一連の新しい関数を提供するようになりました。

認証

  • ユーザーをFirebaseAuthに一括インポートするための新しいImportUsers()関数。
  • UpdateUser()関数とDeleteUser()関数は、存在しないユーザーIDで呼び出されたときに、 UserNotFoundエラーを正しく返すようにUserNotFoundました。

バージョン3.0.0- 2018年5月8日

  • CustomToken() CustomTokenWithClaims()VerifyIDToken()関数は、今取るContext最初の引数として。

バージョン2.7.0- 2018年4月17日

  • authパッケージとmessagingパッケージは、さまざまなエラー状態をチェックするための一連の新しい関数を提供するようにauth.IsIDTokenRevoked()たとえば、 auth.IsIDTokenRevoked()messaging.IsInvalidArgument()など)。

クラウドメッセージング

  • messaging.ApsタイプにMutableContentフィールドを追加しました。これは、FCMメッセージをAPNターゲットに送信するときにmutable-contentプロパティを設定するために使用できます。
  • Apsタイプで任意のKey-Valueフィールドを指定するためのサポートが追加されました。
  • messaging APIのエラー処理が改善されました。返されるエラーには、追加の詳細が含まれるようになりました。

バージョン2.6.1- 2018年3月15日

クラウドメッセージング

バージョンサポート

  • goバージョン1.6のサポート。

バージョン2.6.0- 2018年2月28日

リアルタイムデータベース

  • 基本的なデータ操作操作(作成、読み取り、更新、削除)、条件付き更新(トランザクション)、および高度なクエリを容易にする新しいdbパッケージ。現在、このAPIはリアルタイムイベントリスナーをサポートしていません。

バージョン2.5.0- 2018年2月14日

クラウドメッセージング

  • FCMメッセージを送信し、トピックのサブスクリプションを管理するための新しいmessagingパッケージ。
  • FCMメッセージを送信するための新しいSend()関数。
  • デバイス登録トークンのリストをFCMトピックにサブスクライブするための新しいSubscribeToTopic()関数。
  • FCMトピックからデバイス登録トークンのリストの登録を解除するための新しいUnubscribeFromTopic()関数。

認証

バージョン2.4.0- 2018年1月11日

初期化

  • firebase.NewApp()メソッドを引数なしで呼び出すことができるようになりました。これは、Googleのアプリケーションのデフォルトの資格情報を使用してアプリケーションを初期化し、 firebase.ConfigからロードFIREBASE_CONFIG環境変数。

認証

  • authパッケージのユーザー管理操作で、 identitytoolkit/v3ライブラリが使用されるようになりました。
  • ProviderID上のフィールドauth.UserRecordタイプは現在、一定の値に設定されているfirebase

バージョン2.3.0- 2017年12月21日

  • FirebaseプロジェクトからインスタンスIDと関連するユーザーデータを簡単に削除できる新しいInstanceID

バージョン2.2.1- 2017年12月13日

認証

  • X-Client-VersionをAPI呼び出しのヘッダーに追加して、APIの使用状況を追跡します。

バージョン2.2.0- 2017年12月8日

認証

  • Firebaseプロジェクトに関連付けられたユーザーアカウントのクエリと更新をサポートする新しいユーザー管理API。これにより、 GetUser()GetUserByEmail()GetUserByPhoneNumber()CreateUser()UpdateUser()DeleteUser()Users() 、およびSetCustomUserClaims()関数がauth.Clientます。

バージョン2.1.0- 2017年11月7日

バージョン2.0.0- 2017年10月13日

認証

  • Auth() APIがContext引数を受け入れるようになりました。この重大な変更により、 Appごとに1つのコンテキストを使用する代わりに、さまざまなコンテキストをさまざまなサービスに渡すことができます。

バージョン1.0.2- 2017年9月13日

認証

  • Google App Engineの環境に配備すると、SDKは今が提供するユーティリティを利用することができますのApp Engine SDK JWTトークンに署名することを。その結果、サービスアカウントのJSONファイルなしでCustomToken()を初期化しても、 CustomToken()CustomTokenWithClaims()を呼び出すことができるようになりました。

バージョン1.0.1- 2017年9月7日

認証

  • SDKの初期化中に提供されたクライアントオプションを使用して、公開鍵証明書のフェッチに使用されるhttp.Clientを作成するようになりました。これにより、開発者は、 option.WithHTTPClient()を使用してプラットフォーム固有のhttp.Clientを提供することにより、Google option.WithHTTPClient()などの環境でIDトークン検証機能を使用できます。

バージョン1.0.0- 2017年8月30日

  • Admin GoSDKの初期リリース。開始するには、「Firebase AdminSDKをサーバー追加するご覧ください
  • サービスアカウントの認証情報、ユーザー認証情報(更新トークン)、またはGoogleCloudアプリケーションのデフォルトの認証情報を使用してFirebaseプロジェクトにアクセスするようにSDKを設定できます。

認証

  • 最初のリリースは、 CustomToken() CustomTokenWithClaims()およびVerifyIDToken()カスタム認証トークンを鋳造し、Firebase IDトークンを検証するための機能。