Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Firebaseセキュリティルールのリリースノート

Firebaseコンソールと他のFirebaseプラットフォームおよび関連するSDKのリリースノートを確認するには、 Firebaseリリースノートを参照してください。

2020年3月25日

  • タイプチェックルールは、CLI、Firebaseコンソール、エミュレータスイートで一般的なタイプのエラーと警告をチェックするようになりました。エラーは、ルールの使用またはデプロイをブロックしますが、警告はブロックしません。以下の例をご覧ください。ルール言語v1、v2で利用できます。

  • ルールプレイグラウンドルールプレイグラウンドで式にカーソルを合わせると、コンソールでFirestoreおよびStorageルールをデバッグできるようになります。詳細については、以下のドキュメントまたは例をご覧ください。

2020年2月13日

  • マップの相違 (ルール言語の機能強化)。 Map Diffsは、マップ間の違いを示します。 requestオブジェクトとresourceオブジェクトはマップとして構造化されているため、新旧のデータを比較するのに最適です。以下のドキュメントと例をご覧ください。ルール言語v1、v2で利用できます。

  • ローカル変数 (ルール言語の拡張)。ローカル変数がセキュリティルールでサポートされるようになりました。キーワードletを使用して、ルール関数でローカル変数を作成します。以下のドキュメントと例をご覧ください。ルール言語v2で利用可能です。

  • 三項演算子 (ルール言語の拡張)。セキュリティルールに複雑な制御フローが含まれている場合は、FirestoreおよびStorageのルールに3項演算子が追加されたことに感謝します。期待どおりに動作します: condition ? true case : false case 。以下のドキュメントと例をご覧ください。ルール言語v1、v2で利用できます。

2019年12月9日

  • タイプを設定します (ルール言語拡張)。セットがFirebaseセキュリティルールでサポートされるタイプになりました。これは必須フィールドとオプションフィールドを適用するのに最適です。リストは、 myList.toSet()呼び出すことでセットに変換できます。 Firebaseセキュリティルール言語v1、v2で利用できます。

  • Stackdriverのルール評価指標 。ルール評価指標がFirebaseからStackdriver for Cloud Firestore、Realtime Database、Cloud Storageにエクスポートされるようになりました。これにより、アプリの承認リクエストに関する監視とアラートを設定できます。ルール言語v1、v2で利用できます。

2019年10月8日

  • マップ取得 (ルール言語拡張)。 getを使用すると、マップ内の値の取得が簡単にget 。 2つの引数を取ります。1つ目はMap内のキー、2つ目はキーが存在しない場合に返されるデフォルト値です。 ドキュメントと以下の例を確認してください。ルール言語v1、v2で利用できます。

  • ハッシュ (ルール言語の拡張)。 Firebaseセキュリティルールの値をハッシュして、プレーンテキストでは不要なコンテンツを覆い隠したり、扱いにくいものの処理を回避したりしたことがありますか?これでハッシュがFirebaseセキュリティルールで使用できるようになりました。以下のドキュメントと例をご覧ください。ルール言語v1、v2で利用できます。

  • 文字列置換 (ルール言語の拡張)。ルール内の文字列が、必要な形式になっていない場合があります。これで、 String.replace()なクリーンアップを行うためのString.replace()があります。 "myString".replace("my", "your") => "yourString"ます。この関数はドキュメントで説明されており、別の例を以下に示します。 Firebaseセキュリティルール言語v1、v2で利用できます。