AppleアプリにFirebaseをインストールします

Swiftパッケージマネージャー

Firebase Apple SDKのv8.0.0以降、FirebaseのSwift Package Managerサポートはベータ版ではなく、通常は使用可能です。 SwiftPackageManagerユーザーにはCocoaPodsは必要ありません。

Firebaseバージョン8以降の場合、SwiftPackageManagerが推奨されるインストール方法です。

Xcode経由

Swift Package Managerのサポートには、13.3.1以降が必要です。

  1. CocoaPodsベースのプロジェクトから移行する場合は、 pod deintegrateを実行して、XcodeプロジェクトからCocoaPodsを削除します。 CocoaPodsで生成された.xcworkspaceファイルは後で安全に削除できます。初めてFirebaseをプロジェクトに追加する場合は、この手順を無視できます。

  2. Xcodeで、 [ファイル]> [パッケージの追加]に移動して、Firebaseライブラリをインストールします

  3. 表示されるプロンプトで、FirebaseGitHubリポジトリを選択します。

    https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git
    
  4. 使用するFirebaseのバージョンを選択します。新しいプロジェクトの場合は、Firebaseの最新バージョンを使用することをお勧めします。

  5. アプリに含めるFirebaseライブラリを選択します。

完了すると、Xcodeはパッケージの依存関係の解決を開始し、バックグラウンドでそれらをダウンロードします。

Package.swift経由

Package.swiftマニフェストを介してFirebaseをSwiftパッケージに統合するには、パッケージのdependencies配列にFirebaseを追加できます。詳細については、 SwiftPackageManagerのドキュメントを参照してください。

dependencies: [

  .package(name: "Firebase",
           url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git",
           from: "8.0"),
  // ...

],

次に、Firebase製品に依存するターゲットで、そのターゲットのdependencies配列に追加します。

.target(
  name: "MyTargetName",
  dependencies: [
    .product(name: "FirebaseAuth", package: "Firebase"),
    // ...
  ]
),

製品固有の考慮事項

一部のFirebase製品は、正しく機能するために追加の統合手順が必要です。

グーグルアナリティクス

Google Analyticsでは、一時的に含まれている場合、ターゲットのビルド設定に-ObjCリンカーフラグを追加する必要があります。

Crashlytics

Crashlyticsでは、デバッグシンボルをアップロードする必要があります。

Xcodeのスクリプトビルドフェーズを使用して、ビルド後にデバッグシンボルを自動的にアップロードできます。ここで実行スクリプトを見つけます:

${BUILD_DIR%Build/*}/SourcePackages/checkouts/firebase-ios-sdk/Crashlytics/run

シンボルをアップロードするための別のオプションは、 upload-symbolsスクリプトを使用することです。スクリプトをプロジェクトファイルのサブディレクトリ(たとえば、 scripts/upload-symbols )に配置し、スクリプトが実行可能であることを確認します。

chmod +x scripts/upload-symbols

このスクリプトを使用して、dSYMファイルを手動でアップロードできます。スクリプトの使用上の注意と追加の手順については、パラメーターなしでupload-symbolsを実行してください。

CocoaPods

Firebaseは、 SwiftPackageManagerに加えてCocoaPodsを使用したインストールをサポートしています。

FirebaseのCocoaPodsディストリビューションには、Xcode13.3.1およびCocoaPods1.10.0以降が必要です。CocoaPodsを使用してFirebaseをインストールする方法は次のとおりです。

  1. Podfileをまだ作成していない場合は、作成します。プロジェクトディレクトリのルートから、次のコマンドを実行します。

    pod init
  2. Podfileに、アプリで使用するFirebaseポッドを追加します。

    サポートされているFirebase製品をアプリに追加できます。

    分析が有効

    # Add the Firebase pod for Google Analytics
    pod 'FirebaseAnalytics'
    
    # For Analytics without IDFA collection capability, use this pod instead
    # pod ‘Firebase/AnalyticsWithoutAdIdSupport’
    
    # Add the pods for any other Firebase products you want to use in your app
    # For example, to use Firebase Authentication and Cloud Firestore
    pod 'FirebaseAuth'
    pod 'FirebaseFirestore'

    デバイスレベルの広告識別子であるIDFAの詳細については、Appleのユーザープライバシーとデータの使用およびアプリトラッキングの透明性に関するドキュメントをご覧ください。

    アナリティクスが有効になっていません

    # Add the pods for the Firebase products you want to use in your app
    # For example, to use Firebase Authentication and Cloud Firestore
    pod 'FirebaseAuth'
    pod 'FirebaseFirestore'
  3. ポッドをインストールし、 .xcworkspaceファイルを開いて、Xcodeでプロジェクトを表示します。

    pod install --repo-update
    open your-project.xcworkspace

製品固有の考慮事項

一部のFirebase製品は、正しく機能するために追加の統合手順が必要です。

Crashlytics

Crashlyticsでは、デバッグシンボルをアップロードする必要があります。

Xcodeのスクリプトビルドフェーズを使用して、ビルド後にデバッグシンボルを自動的にアップロードできます。ここで実行スクリプトを見つけます:

"${PODS_ROOT}/FirebaseCrashlytics/run"

カルタゴ

カーセージのサポートは実験的なものです。 Carthageを介してアプリにFirebaseを含める方法については、GitHubの手順をご覧ください。

手動で統合する

Firebaseは、依存関係マネージャーを使用せずにFirebaseを統合したいユーザー向けに、ビルド済みのバイナリXCFrameworkディストリビューションを提供します。 Firebaseをインストールするには:

  1. フレームワークSDKzipをダウンロードします。このファイルには、すべてのFirebase SDKで利用可能なすべてのターゲットアーキテクチャのアーキテクチャスライスが含まれているため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

  2. ファイルを解凍してから、アプリに含めるフレームワークのREADMEを確認します。

  3. ターゲットのビルド設定のOther Linker Settings-ObjCリンカーフラグを追加します。