5 月 10 日開催の Google I/O で Firebase の最新情報をお届けします。今すぐ登録

Apple アプリに Firebase をインストールする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Swift Package Manager

Firebase Apple SDK の v8.0.0 以降では、Firebase の Swift Package Manager サポートはベータ版を終了し、一般提供となっています。Swift Package Manager を使用する場合は CocoaPods は必要ありません。

Firebase バージョン 8 以降の場合、インストール方法として Swift Package Manager を使用することをおすすめします。

Xcode を使用する場合

Swift Package Manager のサポートには、13.3.1 以降が必要です。

  1. CocoaPods ベースのプロジェクトから移行する場合は、pod deintegrate を実行して Xcode プロジェクトから CocoaPods を削除します。CocoaPods が生成した .xcworkspace ファイルは、後で安全に削除できます。プロジェクトに初めて Firebase を追加する場合、この手順は無視してください。

  2. Xcode で、[File] > [Add Packages] の順に移動して、Firebase ライブラリをインストールします。

  3. 表示されるプロンプトで、Firebase GitHub リポジトリを選択します。

    https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git
    
  4. 使用する Firebase のバージョンを選択します。新しいプロジェクトの場合は、最新バージョンの Firebase を使用することをおすすめします。

  5. アプリに含める Firebase ライブラリを選択します。

完了すると、Xcode はパッケージの依存関係の解決とバックグラウンドでのダウンロードを開始します。

Package.swift を使用する場合

Package.swift マニフェストを使用して Firebase を Swift パッケージに統合するには、Firebase をパッケージの dependencies 配列に追加します。詳細については、Swift Package Manager のドキュメントをご覧ください。

dependencies: [

  .package(name: "Firebase",
           url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git",
           from: "8.0"),
  // ...

],

次に、Firebase プロダクトに依存するすべてのターゲットの dependencies 配列に、依存対象の Firebase プロダクトを追加します。

.target(
  name: "MyTargetName",
  dependencies: [
    .product(name: "FirebaseAuth", package: "Firebase"),
    // ...
  ]
),

プロダクト固有の考慮事項

Firebase プロダクトによっては、正しく機能するために追加の統合手順が必要になることがあります。

Google アナリティクス

Google アナリティクスでは、ターゲットのビルド設定に -ObjC リンカーフラグを追加する必要があります(推移的に含める場合)。

Crashlytics

Crashlytics ではデバッグ シンボルをアップロードする必要があります。

Xcode の実行スクリプトのビルド フェーズを使用して、ビルド後にデバッグ シンボルを自動的にアップロードできます。この実行スクリプトは次の場所にあります。

${BUILD_DIR%Build/*}/SourcePackages/checkouts/firebase-ios-sdk/Crashlytics/run

シンボルをアップロードするもう一つの方法は、upload-symbols スクリプトを使用することです。このスクリプトをプロジェクト ファイルのサブディレクトリ(scripts/upload-symbols など)に配置し、実行可能にします。

chmod +x scripts/upload-symbols

このスクリプトを使用して、dSYM ファイルを手動でアップロードできます。このスクリプトの使用上の注意と追加手順を確認するには、パラメータを指定せずに upload-symbols を実行してください。

CocoaPods

Firebase では、Swift Package Manager に加えて、CocoaPods を使用したインストールがサポートされています。

Firebase の CocoaPods ディストリビューションには、Xcode 13.3.1 と CocoaPods 1.10.0 以降が必要です。CocoaPods を使用して Firebase をインストールする方法は次のとおりです。

  1. Podfile がない場合は作成します。プロジェクトのディレクトリのルートから、次のコマンドを実行します。

    pod init
  2. アプリで使用したい Firebase Pod を Podfile に追加します。

    サポートされている Firebase プロダクトをアプリに追加できます。

    アナリティクスが有効な場合

    # Add the Firebase pod for Google Analytics
    pod 'FirebaseAnalytics'
    
    # For Analytics without IDFA collection capability, use this pod instead
    # pod ‘Firebase/AnalyticsWithoutAdIdSupport’
    
    # Add the pods for any other Firebase products you want to use in your app
    # For example, to use Firebase Authentication and Cloud Firestore
    pod 'FirebaseAuth'
    pod 'FirebaseFirestore'

    デバイスレベルの広告識別子である IDFA について詳しくは、Apple のユーザーのプライバシーとデータの使用と、App Tracking Transparency に関するドキュメントをご覧ください。

    アナリティクスが無効な場合

    # Add the pods for the Firebase products you want to use in your app
    # For example, to use Firebase Authentication and Cloud Firestore
    pod 'FirebaseAuth'
    pod 'FirebaseFirestore'
  3. Pod をインストールし、.xcworkspace ファイルを開いて Xcode でプロジェクトを確認します。

    pod install --repo-update
    open your-project.xcworkspace

プロダクト固有の考慮事項

Firebase プロダクトによっては、正しく機能するために追加の統合手順が必要になることがあります。

Crashlytics

Crashlytics ではデバッグ シンボルをアップロードする必要があります。

Xcode の実行スクリプトのビルド フェーズを使用して、ビルド後にデバッグ シンボルを自動的にアップロードできます。この実行スクリプトは次の場所にあります。

"${PODS_ROOT}/FirebaseCrashlytics/run"

Carthage

Carthage のサポートは試験運用です。Carthage 経由でアプリに Firebase を含める方法については、GitHub の手順をご覧ください。

手動での統合

依存関係マネージャーを使用せずに Firebase を統合したいユーザー向けに、Firebase は、ビルド済みのバイナリの XCFramework ディストリビューションを提供しています。Firebase をインストールするには:

  1. framework SDK zip をダウンロードします。このファイルには、すべての Firebase SDK 用に利用できるすべてのターゲット アーキテクチャのスライスが含まれているため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

  2. ファイルを解凍し、アプリに含めるフレームワークの README を確認します。

  3. ターゲットのビルド設定で Other Linker Settings-ObjC リンカーフラグを追加します。