コンソールへ移動

Firebase を iOS プロジェクトに追加する

要件

  • Xcode 10.1 以降をインストールします。

  • CocoaPods 1.4.0 以降をインストールします。

  • Xcode でプロジェクトを開きます。

    • プロジェクトのターゲットは iOS 8 以降に設定してください。

    • Swift プロジェクトには Swift 3.0 以降を使用してください。

  • アプリを実行する物理 iOS デバイスまたは iOS エミュレータを設定します。

    • Cloud Messaging を使用する場合は、以下のものが必要となります。

      • 物理 iOS デバイス
      • Apple Developer アカウントの Apple Push Notification Authentication Key
      • Xcode で [App] > [Capabilities] でプッシュ通知を有効にする
    • その他のすべての Firebase プロダクトで、物理 iOS デバイスと iOS シミュレータのいずれかを使用できます。

  • Google アカウントを使用して Firebase にログインします。

Xcode プロジェクトをまだ用意していない場合、Firebase プロダクトを試すだけであれば、クイックスタート サンプルをダウンロードしてご利用いただけます。

ステップ 1: Firebase プロジェクトを作成する

iOS アプリに Firebase を追加する前に、iOS アプリに接続するための Firebase プロジェクトを作成します。Firebase プロジェクトの詳細については、Firebase プロジェクトについて理解するをご覧ください。

ステップ 2: アプリを Firebase に登録する

Firebase プロジェクトを作成したら、プロジェクトに iOS アプリを追加できます。

Firebase プロジェクトにアプリを追加するベスト プラクティス、考慮事項(複数のビルド バリエーションの扱い方など)の詳細については、Firebase プロジェクトについて理解するをご覧ください。

  1. Firebase コンソールの [Project Overview] ページの中央にある iOS アイコンをクリックして設定ワークフローを起動します。

    すでに Firebase プロジェクトにアプリまたはゲームを追加している場合は、[アプリを追加] をクリックするとプラットフォームのオプションが表示されます。

  2. アプリのバンドル ID を [iOS バンドル ID] フィールドに入力します。

    • このバンドル ID を探すには、XCode でアプリを開き、最上位の Runner ディレクトリの [全般] タブにアクセスします。[バンドル ID] フィールドの値が iOS バンドル ID です(例: com.yourcompany.yourproject)。
  3. (省略可)設定ワークフローの指示に従って他のアプリ情報を入力します。

  4. [アプリの登録] をクリックします。

ステップ 3: Firebase 構成ファイルを追加する

  1. [Download GoogleService-Info.plist] をクリックして、Firebase iOS 構成ファイル(GoogleService-Info.plist)を取得します。

    • Firebase iOS 構成ファイルはいつでも再ダウンロードできます。

    • 構成ファイルに (2) のような文字が追加されていないことを確認してください。

  2. 構成ファイルを Xcode プロジェクトのルートに移動します。メッセージが表示されたら、構成ファイルをすべてのターゲットに追加するオプションを選択します。

プロジェクトに複数のバンドル ID がある場合は、Firebase コンソールで各バンドル ID を登録済みアプリに関連付けて、各アプリで独自の GoogleService-Info.plist ファイルを設定できるようにする必要があります。

ステップ 4: アプリに Firebase SDK を追加する

Firebase ライブラリのインストールには CocoaPods を使用することをおすすめします。ただし、CocoaPods を使用せずに、SDK フレームワークを直接統合する方法もあります。

いずれかのクイックスタート サンプルを使用する場合、Xcode プロジェクトと(ポッドが含まれる)Podfile がすでに存在していても、Firebase 構成ファイルを追加してポッドをインストールする必要があります。

サポートされている Firebase プロダクトを iOS アプリに追加できます。Firebase 向け Google アナリティクスを使用して始めることを推奨します。

  1. Podfile がない場合は作成します。

    cd your-project-directory
    pod init
  2. アプリで使用したいポッドを Podfile に追加します。たとえば、アナリティクスの場合は次のようになります。

    pod 'Firebase/Analytics'

    これにより、iOS アプリで Firebase を稼働させるために必要なライブラリが、Firebase 向け Google アナリティクスとともに追加されます。

  3. ポッドをインストールし、.xcworkspace ファイルを開いて Xcode でプロジェクトを確認します。

    pod install
    open your-project.xcworkspace

ステップ 5: アプリで Firebase を初期化する

最後に、アプリケーションに初期化コードを追加します。この手順は、アプリに Firebase を追加するときにすでに完了している可能性があります。クイックスタートのサンプル プロジェクトを使用した場合は自動で完了しています。

  1. UIApplicationDelegate で Firebase モジュールをインポートします。

    Swift

    import Firebase

    Objective-C

    @import Firebase;
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常、アプリの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで行います。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];

初期化コードを追加したらアプリを実行して、Firebase を正常にインストールしたという確認を Firebase コンソールに送信します。

使用可能なポッド

さまざまな Firebase プロダクトで使用できるポッドは次のとおりです。

プロダクト Pod
AdMob pod 'Firebase/AdMob'
アナリティクス pod 'Firebase/Analytics'
Authentication pod 'Firebase/Auth'
Cloud Firestore pod 'Firebase/Firestore'
Cloud Functions for Firebase Client SDK pod 'Firebase/Functions'
Cloud Messaging pod 'Firebase/Messaging'
Cloud Storage pod 'Firebase/Storage'
Crashlytics pod 'Fabric'
pod 'Crashlytics'
Dynamic Links pod 'Firebase/DynamicLinks'
アプリ内メッセージング pod 'Firebase/InAppMessaging'
アプリ内メッセージング表示 pod 'Firebase/InAppMessagingDisplay'
ML Kit: Vision API pod 'Firebase/MLVision'
ML Kit: 画像ラベル付けモデル pod 'Firebase/MLVisionLabelModel'
ML Kit: バーコード スキャンモデル pod 'Firebase/MLVisionBarcodeModel'
ML Kit: テキスト認識モデル pod 'Firebase/MLVisionTextModel'
ML Kit: 顔検出モデル pod 'Firebase/MLVisionFaceModel'
ML Kit: オブジェクトの検出とトラッキング モデル pod 'Firebase/MLVisionObjectDetection'
ML Kit: Natural Language API pod 'Firebase/MLNaturalLanguage'
ML Kit: 言語識別モデル pod 'Firebase/MLNLLanguageID'
ML Kit: 翻訳モデル pod 'Firebase/MLNLTranslate'
ML Kit: スマート リプライモデル pod 'Firebase/MLNLSmartReply'
ML Kit: カスタムモデル API pod 'Firebase/MLModelInterpreter'
ML Kit: AutoML Vision Edge API pod 'Firebase/MLVisionAutoML'
Performance Monitoring pod 'Firebase/Performance'
Realtime Database pod 'Firebase/Database'
Remote Config pod 'Firebase/RemoteConfig'

CocoaPods を使用せずに統合する

CocoaPods を使用しない場合でも、次の手順でフレームワークを直接インポートすることで Firebase SDK を利用できます。

  1. framework SDK zip をダウンロードします。これは 1 GB 以下のファイルで、しばらく時間がかかる場合があります。

  2. ファイルを解凍し、アプリに含めるフレームワークの README を確認します。

  3. ターゲットのビルド設定で、Other Linker SettingsObjC リンカーフラグを追加します。

次のステップ

以下で Firebase の詳細を確認します。

Firebase 機能をアプリに追加します。