Catch up on everthing we announced at this year's Firebase Summit. Learn more

Firebase リリース チェックリスト

このドキュメントには、Firebase アプリを実際にリリースする前に考慮すべきチェックリストが記載されています。

接続されているアプリを更新する

Android Firebase コンソールの [プロジェクトの設定] で、アプリの署名証明書のリリース SHA-1 ハッシュを追加します(OAuth クライアント ID 用)。この操作は、アプリで Firebase Authentication(Google ログインまたは電話番号ログイン)または Firebase Dynamic Links を使用している場合は必須です。

iOS Firebase コンソールの [プロジェクトの設定] で、App Store ID、バンドル ID、チーム ID(必要な場合)を更新します。

ウェブ 不正使用を防ぐためのドメインのアクセス制御を追加します。

  • Google Cloud Console で、ブラウザ API キーとクライアント ID による本番環境ドメインへのアクセスを許可します。
  • Firebase コンソールの [認証] パネルで、本番環境ドメインへのアクセスを許可します。

プランの上限を確認し、予算アラートを設定する

すべて Spark 料金プランでは、Realtime Database、Cloud Storage、Hosting の機能に使用上限が厳しく設定されています。この上限に達すると、アプリが意図したとおりに機能しない可能性があります。この上限を解除するには、Blaze 料金プランへのアップグレードを検討してください。詳細については、料金ページのをご覧ください。

すべて Google Cloud Console でプロジェクトの予算アラートを設定します。

すべて Firebase コンソールで [使用量と請求額] ダッシュボードをモニタリングします。

App Check を有効にする

すべて 自分のアプリだけがバックエンド サービスにアクセスできるようにするため、サポート対象のすべてのサービスで App Check を有効にします。

サービスを準備する

アナリティクス

すべて 起動時からユーザーの収集を開始するための、アナリティクス向けのユーザー パラメータを規定します。

すべて Crashlytics で使用できるように、リリースビルド向け proguard ファイルをアップロードします。

すべて アナリティクス データで BigQuery を使用する場合に備え、BigQuery のリンクを有効にします。

Authentication

Android Authentication との連携を有効にするために proguard ルールを構成します。

Android Firebase コンソールの [プロジェクトの設定] で、アプリの署名証明書のリリース SHA-1 ハッシュを追加します(OAuth クライアント ID 用)。これは、アプリで Google ログインまたは電話番号ログインを使用する場合に必要です。

iOS 一般的なエラーに関するエラー処理が iOS に備わっていることを確認します。

すべて 使用していないプロバイダ(特に Firebase コンソールの匿名ユーザー)を無効にします。

すべて Google ログインを使用している場合は、OAuth 同意画面をカスタマイズします。

すべて 認証メール送信サービスのドメインと送信者をカスタマイズします。

Cloud Firestore

Android リリースビルドがコード縮小用の ProGuard を使用していることを確認します。ProGuard を使用していなくても、Cloud Firestore SDK とその依存関係は最大 1 MB を APK サイズに加えることができます。

すべて 意図しないデータアクセスを防ぐためにセキュリティ ルールを構成します。

Cloud Messaging

iOS Firebase コンソールで Cloud Messaging 用の APNS 認証キーをアップロードしてください。APNS 証明書を使用する場合は、本番環境の APN 証明書がアップロードされるようにします。

すべて Cloud Messaging データで BigQuery を使用する場合に備え、BigQuery のリンクを有効にします。

Cloud Storage

すべて 意図しないデータアクセスを防ぐために Cloud Storage セキュリティ ルールを構成します。

Crashlytics

Android Crashlytics で使用できるように、リリースビルド向けの proguard マッピングをアップロードします。

iOS Crashlytics で使用できるように、リリースビルド向け dsym ファイルをアップロードします。

すべて Crashlytics データで BigQuery を使用する場合に備え、BigQuery のリンクを有効にします。

Android Firebase コンソールの [プロジェクトの設定] で、アプリの署名証明書のリリース SHA-1 ハッシュを追加します(OAuth クライアント ID 用)。

Firebase ML

Android 本番環境向けに Firebase ML Android アプリを準備するをご覧ください。

iOS 本番環境向けに Firebase ML iOS アプリを準備するをご覧ください。

Predictions

すべて Predictions データで BigQuery を使用する場合に備え、BigQuery のリンクを有効にします。

Realtime Database

Android Realtime Database との連携を有効にするために proguard ルールを構成します。

すべて 意図しないデータアクセスを防止するために Realtime Database のルールを構成します。

すべて スケーリングの準備が整っていることを確認します。Realtime Database には、ほとんどのアプリケーションに十分対応できるだけのデフォルトの割り当て容量がありますが、アプリによっては容量追加が必要になる場合もあります。

Remote Config

すべて 試験運用版の Remote Config ルールがリリース ユーザーに影響しないことと、アプリで適切なデフォルト値が配信されることを確認します。

リリース

Android Test Lab で Android アプリを実行し、バグの最終チェックを行います。

すべて 主要な新機能の Dynamic Links を作成して、これをプロモーション用資料とソーシャル メディアで使用します。