Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase の起動チェックリスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントには、Firebaseアプリを本番環境にリリースする前に考慮すべき事項のチェックリストが含まれています。

接続されているアプリを更新する

Android Firebaseコンソールのプロジェクト設定(OAuthクライアントIDの場合)で、アプリの署名証明書のリリースSHA-1ハッシュを追加します。これは、アプリでFirebase認証(Googleサインインまたは電話番号サインイン)またはFirebaseDynamicLinksを使用している場合に必要です。

iOSFirebaseコンソールのプロジェクト設定でAppStoreIDとバンドルIDおよびチームID(必要な場合)を更新します。

不正使用を防ぐために、ドメインのアクセス制御を追加します。

  • GoogleCloudConsoleでブラウザAPIキーとクライアントIDの本番ドメインへのアクセスを許可します。
  • Firebaseコンソールの[認証]パネルで本番ドメインへのアクセスを許可します。

計画の制限を把握し、予算アラートを設定します

すべてのリアルタイムデータベース、クラウドストレージ、およびホスティング機能には、Sparkの料金プランに厳しい使用上限があります。これらの制限に達すると、アプリが意図したとおりに機能しなくなる可能性があります。これらの制限を取り除くために、Blaze料金プランにアップグレードすることを検討してください。詳細については、価格ページを参照してください。

すべてGoogleCloudConsoleでプロジェクトの予算アラートを設定します。

すべてFirebaseコンソールで使用状況と課金ダッシュボードを監視します。

アプリチェックを有効にする

すべてアプリのみがバックエンドサービスにアクセスできるようにするには、それをサポートするすべてのサービスに対してアプリチェックを有効にします。

サービスを準備する

分析

すべてAnalyticsのオーディエンスパラメータを定義して、起動からユーザーの収集を開始します。

Crashlyticsで使用するリリースビルドのすべてのUploadproguardファイル。

アナリティクスデータでBigQueryを使用する場合は、すべてBigQueryリンクを有効にします。

認証

Android Firebaseコンソールのプロジェクト設定(OAuthクライアントIDの場合)で、アプリの署名証明書のリリースSHA-1ハッシュを追加します。これは、アプリでGoogleログインまたは電話番号ログインを使用する場合に必要です。

iOS一般的なエラーについてAppleプラットフォームでエラー処理を行っていることを確認します。

使用していないすべての無効化プロバイダー(特にFirebaseコンソールの匿名ユーザー)。

すべてGoogleサインインを使用している場合は、 OAuth同意画面をパーソナライズします。

すべて認証電子メール送信サービスのドメインと送信者をカスタマイズします。

CloudFirestore

Androidリリースビルドでコードの縮小にProGuardが使用されていることを確認してください。 ProGuardがないと、Cloud Firestore SDKとその依存関係により、APKサイズが最大1MB増える可能性があります。

すべて意図しないデータアクセスを防ぐためにセキュリティルールを構成します。

クラウドメッセージング

iOSFirebase コンソールのAppleアプリにクラウドメッセージング用のAPNS認証キーを必ずアップロードしてください。 APNS証明書を使用している場合は、本番APNS証明書がアップロードされていることを確認してください。

クラウドメッセージングデータでBigQueryを使用する場合は、すべてBigQueryリンクを有効にします。

クラウドストレージ

すべて意図しないデータアクセスを防ぐために、クラウドストレージのセキュリティルールを構成します。

Crashlytics

Crashlyticsで使用するリリースビルドのAndroidアップロードプロガードマッピング。

Crashlyticsで使用するリリースビルド用のiOSアップロードdsymファイル。

CrashlyticsデータでBigQueryを使用する場合は、すべてBigQueryリンクを有効にします。

Android Firebaseコンソールのプロジェクト設定(OAuthクライアントIDの場合)で、アプリの署名証明書のリリースSHA-1ハッシュを追加します。

Firebase ML

AndroidFirebaseMLAndroidアプリの本番環境への準備」をご覧ください。

iOSFirebaseMLAppleアプリの本番環境への準備」を参照してください。

リアルタイムデータベース

Androidリアルタイムデータベースと連携するようにプロガードルールを構成します

すべて意図しないデータアクセスを防ぐために、リアルタイムデータベースルールを構成します。

すべてスケーリングの準備ができていることを確認します。リアルタイムデータベースには、ほとんどのアプリケーションに十分な大きさのデフォルトクォータがありますが、一部のアプリでは追加の容量が必要になる場合があります。

リモート構成

すべて実験的なRemoteConfigルールがリリースユーザーに影響を与えないこと、および適切なデフォルトがアプリに配布されていることを確認します。

リリース

Android Test LabでAndroidアプリを実行して、直前のバグをチェックします。

すべて、販促資料やソーシャルメディアで使用する主要な新機能の動的リンクを作成します。