Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

初期化オプションのトラブルシューティング

有効なFirebaseオプションのセットを使用せずにアプリを初期化すると、アプリケーションの新規ユーザーに深刻な問題が発生します。

Firebaseオプションは、FirebaseサーバーAPIと正常に通信し、クライアントデータをFirebaseプロジェクトおよびFirebaseアプリケーションに関連付けるためにサービスに必要な一連のパラメータです。 Firebaseサービスは、Firebaseの初期化中に作成されたFirebaseコア/共通ライブラリから利用できる有効なFirebaseオプションに依存しています。

異なるFirebaseサービスが正しく機能するには、異なるFirebaseオプションが必要ですが、すべてのFirebaseサービスには次のFirebaseオプションが必要です。

  • APIキー-注:これはFCMサーバーキーではありません。FCMサーバーキーを参照してください。
    値の例: AIzaSyDOCAbC123dEf456GhI789jKl012-MnO
  • プロジェクトID-値の例: myapp-project-123
  • アプリケーションID( "AppID") -形式がプラットフォームによって異なるアプリの一意の識別子:
    • Androidの場合: mobilesdk_app_id注:これはAndroidパッケージ名ではありません
      値の例: 1:1234567890:android:321abc456def7890
    • iOS +の場合: GOOGLE_APP_ID注:これはAppleバンドルIDではありません
      値の例: 1:1234567890:ios:321abc456def7890

Androidアプリのトラブルシューティング

セキュリティを向上させるために、 2月27日以降のFirebase SDKのアップデートにより、Firebase InstanceIDサービスがFirebaseInstallationsAPIへの依存関係に置き換えられました。

Firebaseをインストールすると、クライアントデータをFirebaseプロジェクトに関連付けるために、必須のFirebaseオプションAPIキー、プロジェクトID、アプリケーションIDの存在と有効性が強制されます。詳細については、 FirebaseOptionsを参照してください。

FirebaseインスタンスID(IID)を使用したFirebase Cloud Messaging(FCM)

アプリの新規ユーザーがFCMで問題を抱えている場合は、必要なFirebaseオプションのセットなしでFirebaseを初期化している可能性があります。

アプリケーションが不完全または誤ったgoogle-services.json構成ファイルを使用している可能性があります。または、アプリがプログラムでFirebaseを初期化していますが、必要なFirebaseオプションのフルセットはありません。

その結果、Firebase Cloud MessagingなどのFirebaseサービスは、更新されたFirebaseSDKでリリースされた後にアプリをインストールしたエンドユーザーに対して誤動作します。さらに、Firebaseへのリクエストが繰り返し失敗すると、アプリのエンドユーザーエクスペリエンスが低下する可能性があります。

私は何をする必要がありますか?

アプリケーションの誤動作しているFirebaseサービスを修正するには:

  1. プロジェクトの有効なAPIキー、有効なプロジェクトID、および有効なアプリケーションID( mobilesdk_app_idまたは「AppId」)を使用してFirebaseを初期化することにより、アプリケーションを更新します。
  2. アプリの新しいバージョンをPlayストアにリリースします。

Appleアプリのトラブルシューティング

セキュリティを向上させるために、 1月14日以降のFirebase SDKのアップデートにより、Firebase InstanceIDサービスがFirebaseInstallationsAPIへの依存関係に置き換えられました。

Firebaseをインストールすると、クライアントデータをFirebaseプロジェクトに関連付けるために、必須のFirebaseオプションAPIキー、プロジェクトID、アプリケーションIDの存在と有効性が強制されます。詳細については、 FIROptionsを参照してください。

FirebaseインスタンスID(IID)を使用したFirebase Cloud Messaging(FCM)

アプリの新規ユーザーがFCMで問題を抱えている場合は、必要なFirebaseオプションのセットなしでFirebaseを初期化している可能性があります。

アプリケーションが不完全または無効なGoogleService-Info.plist構成ファイルを使用している可能性があります。または、アプリがプログラムでFirebaseを初期化していますが、必要なFirebaseオプションのフルセットはありません。

その結果、Firebase Cloud MessagingなどのFirebaseサービスは、更新されたFirebaseSDKでリリースされた後にアプリをインストールしたエンドユーザーに対して誤動作します。さらに、Firebaseへのリクエストが繰り返し失敗すると、アプリのエンドユーザーエクスペリエンスが低下する可能性があります。

私は何をする必要がありますか?

アプリケーションの誤動作しているFirebaseサービスを修正するには:

  1. プロジェクトの有効なAPIキー、有効なプロジェクトID、および有効なアプリケーションID( GOOGLE_APP_IDまたは「アプリID」)を使用してFirebaseを初期化することにより、アプリケーションを更新します。
    1. Firebase構成ファイルを使用したデフォルトの初期化プロセス:FirebaseコンソールからGoogleService-Info.plist構成ファイルをダウンロードしてから、アプリ内の既存のファイルを置き換えます。
    2. FIROptionsオブジェクトを使用したプログラムによる初期化:FirebaseコンソールからGoogleService-Info.plist構成ファイルをダウンロードしてAPIキー、プロジェクトID、アプリケーションIDを見つけ、アプリのFIROptionsオブジェクトでこれらの値を更新します。
  2. アプリの新しいバージョンをAppStoreにリリースします。

FCMサーバーキー

アプリがCloudAPIキーではなくFCMサーバーキーを使用している場合、同じFCMサーバーキーを使用してFCM経由でプッシュ通知を送信すると、セキュリティの脆弱性が発生する可能性があります。この場合、サーバーがFCMへの送信要求を認証する方法を変更することを強くお勧めします。

FCMサーバーキー(Firebase / Cloud APIキーとは異なります)は、プロジェクトの名前でプッシュ通知を送信するために悪用される可能性があるため、アプリケーションに含めないでください。