このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Firebase Admin Python SDKリリースノート

Firebaseコンソールと他のFirebaseプラットフォームおよび関連するSDKのリリースノートを確認するには、 Firebaseリリースノートを参照してください。

バージョン4.3.0-2020年5月14日

認証

  • ユーザーアカウントを一括で取得および削除するためのget_users()およびdelete_users() APIを追加しました。

バージョン4.2.0-2020年4月30日

認証

  • 認証テナントを作成、更新、取得、および削除するためのAPIを提供する新しいtenant_mgtモジュールを追加しました。
  • テナント対応のユーザー管理操作を実行するために、特定のテナントをスコープとするクライアントオブジェクトを返す新しいtenant_mgt.auth_for_tenant()関数を追加しました。
  • auth.OIDCProviderConfigタイプと、OIDC認証プロバイダー設定を作成、取得、更新、削除するための関連関数を追加しました。
  • auth.SAMLProviderConfigタイプと、SAML認証プロバイダー設定を作成、取得、更新、削除するための関連関数を追加しました。

バージョン4.1.0-2020年4月21日

Firebase ML

  • FirebaseでホストされているカスタムMLモデルを作成、更新、取得、一覧表示、公開、非公開、削除するための新しいmlモジュールを追加しました。 Admin SDK使用して MLモデルを管理する方法の詳細については、Firebaseのドキュメントをご覧ください。

バージョン4.0.1-2020年3月26日

クラウドメッセージング

  • トピック管理APIからより詳細なエラーメッセージを返します。

リアルタイムデータベース

  • v4.0.0リリースでの使用を妨げていたlisten() APIのリグレッションを修正しました。

バージョン4.0.0-2020年2月24日

  • Python 2および3.4​​はサポートされなくなりました。 Python Admin SDKを使用する場合、開発者はPython 3.5以降を使用する必要があります。
  • cachecontrol依存関係を最新のものにアップグレードしました。
  • Admin SDKは、すべての発信HTTPリクエストにデフォルトのタイムアウト120秒を設定するようになりました。

クラウドメッセージング

  • AndroidNotificationクラスは、Firebase Cloud Messagingサービスに送信されるevent_timeフィールドを正しくフォーマットするようになりました。
  • バッチ送信APIを呼び出すときにmessagingモジュールによってログに記録される誤ったエラーメッセージを修正しました。

バージョン3.2.1-2019年12月11日

クラウドメッセージング

  • AndroidNotificationブールパラメータが正しくエンコードされるようになりました。

バージョン3.2.0-2019年11月13日

クラウドメッセージング

  • Androidデバイスを対象とする通知をさらにカスタマイズできるようにする一連の新しいパラメーターをAndroidNotificationクラスに追加しました。
  • バッチメッセージングAPIのsend_all()およびsend_multicast()で、1回の呼び出しで最大500件のメッセージを送信できるようになりました。

バージョン3.1.0-2019年10月23日

認証

  • auth.InsufficientPermissionError型を追加して、必要な権限が不足している認証情報が原因で失敗した操作を表します。
  • ユーザー管理APIは、既に使用中のメールアドレスがユーザーに指定されている場合に、 auth.EmailAlreadyExistsError正しくauth.EmailAlreadyExistsErrorするようになりました。

クラウドメッセージング

  • Messageクラスは、 Messageインスタンスの文字列表現を取得するために使用できる__str__()コントラクトを実装するようになりました。

バージョン3.0.0-2019年9月11日

  • Python 2.7のサポートは廃止されました。開発者は、Python 3.4以降を使用してAdmin SDKを実行することをお勧めします。
  • 古いモジュールレベルの例外タイプauth.AuthErrordb.ApiCallErrormessaging.ApiCallErrorinstance_id.ApiCallError 、およびproject_management.ApiCallError削除しました。
  • SDK全体の基本例外タイプを定義する新しいexceptionsモジュールが追加されました。パブリックAPIは、新しいexceptionsモジュール(またはそのサブタイプ)で定義された例外を発生させるようになりました。これにより、これまでサポートされていなかったさまざまなシナリオで、きめ細かなエラー処理ロジックを実装できます。既存のエラー処理コードを移植する方法については、 移行ガイドを参照してください。
  • google-cloud-firestore依存関係バージョンを1.14.0にアップグレードしました。
  • google-cloud-storage依存関係バージョンを1.18.0にアップグレードしました。

プロジェクト管理

  • project_managementモジュールのIosAppIosAppMetadataおよびShaCertificateタイプは、それぞれIOSAppIOSAppMetadataおよびSHACertificateIOSAppが変更されSHACertificateた。

認証

  • プロパティをNone設定してupdate_user() APIでユーザープロパティを削除することはできなくなりました。プロパティをNone設定すると、それらのプロパティは変更されません。それらを削除するには、 auth.DELETE_ATTRIBUTEに明示的に設定する必要があります。

クラウドメッセージング

  • 通知で画像URLを送信するためのサポートが追加されました。 貢献してくれたcchammに感謝ます。

  • 非推奨のWebpushFcmOptionsタイプは削除されました。開発者は、PEP8準拠したタイプ名を使用する必要がありWebpushFCMOptions代わりに。

バージョン2.18.0-2019年8月21日

クラウドメッセージング

  • WebpushFcmOptionsタイプは非推奨になりました。開発者は、PEP8準拠したタイプ名を使用する必要がありWebpushFCMOptions代わりに。

  • 通知のアナリティクスラベルを指定するためのサポートが追加されました。 貢献してくれたwillawang8908に感謝ます。

  • messaging.ApsAlert任意のキーと値のペアのサポートが追加されました。 貢献してくれたviktoraslに感謝ます。

リアルタイムデータベース

  • 開発者は、SDKトラフィックをRTDBエミュレーターに送信することにより、Realtime Database API呼び出しをテストできるようになりました。 FIREBASE_DATABASE_EMULATOR_HOST環境変数を設定して、エミュレータエンドポイントをhost:port形式でhost:portます。

バージョン2.17.0-2019年5月23日

Firebase Cloud Messaging

認証

  • ユーザーアカウントから特定の属性を削除するためにupdate_user() APIで使用できる新しいauth.DELETE_ATTRIBUTE定数。これは、 display_namephoto_urlphoto_urlなどの属性を削除するための推奨方法custom_claims

バージョン2.16.0-2019年2月21日

  • Admin SDKは、HTTPメソッドに関係なく、すべての500および503エラーでHTTPリクエストを自動的に再試行するようになりました。
  • Admin SDKは、 integrationモジュールをリリースアーティファクトにバンドルしなくなりました。

認証

  • パスワードリセット、メールの確認、メールリンクのログイン用のリンクを作成するためのメールアクションリンク生成APIを追加しました。詳細とコードサンプルについては、 ドキュメントをご覧ください。 hardikns貢献に感謝ます。
  • ユーザー管理APIは、新しいGoogle Identity Toolkit REST APIを使用するようになりました。 hardikns貢献に感謝ます。

バージョン2.15.1-2019年1月23日

  • HTTP再試行を実装しました。 SDKは、低レベルの接続とソケット読み取りエラー、およびHTTP 500と503エラーでHTTP呼び出しを自動的に再試行するようになりました。

バージョン2.15.0-2019年1月16日

  • Python 3.3のサポートを終了しました。 Python 3の開発者は3.4以降を使用する必要があります。 Python 2.7のサポートに変更はありません。
  • 長期にわたるFirestoreインストールの問題を解決するために、 google-api-core[grpc]への直接の依存関係を宣言しました。

クラウドメッセージング

  • messaging.Apsクラスは、クリティカルアラートサウンドの構成をサポートするようになりました。この目的のために、新しいmessaging.CriticalSoundクラスが導入されました。
  • messaging.WebpushConfigクラスで、FirebaseウェブSDKでサポートされている機能の追加のFCMオプションの構成がサポートされるようになりました。この目的のために、新しいmessaging.WebpushFcmOptionsクラスが導入されました。

バージョン2.14.0-2018年12月4日

  • Firebaseプロジェクトでアプリを管理するための新しいproject_management API。
  • プロジェクト内の既存のアプリを一覧表示するための新しいlist_android_apps()およびlist_ios_apps()メソッド。
  • プロジェクトで新しいアプリを作成するための新しいcreate_android_app()およびcreate_ios_app()メソッド。
  • 個々のアプリを更新するための新しいAndroidAppおよびIosApp API。

リアルタイムデータベース

  • 大規模なRTDBノードの処理に時間がかかるdb.listen() APIのパフォーマンスの問題を修正しました。
  • SDKがノード名の特殊文字を処理する方法を修正しました。

クラウドメッセージング

  • messaging.AndroidNotificationタイプで、Android Oデバイスにメッセージを送信するときにchannel_id指定できるようになりました。 貢献してくれたchemidyに感謝
  • FCMバックエンドサービスからより詳細なエラー応答を要求することにより、エラー処理を改善しました。

認証

  • プロパティUserRecord.tokens_valid_after_timeが常に整数を返し、 None返さないように修正しました。

バージョン2.13.0-2018年8月21日

リアルタイムデータベース

  • db.Referenceタイプは、Firebaseデータベースからリアルタイムの更新イベントを受信するためのlisten() APIを提供するlisten()貢献してくれたthe-c0d3rrizasifに感謝ます。
  • db.reference()メソッドはオプションでURLパラメータをdb.reference() 。これを使用すると、同じプロジェクト内の複数のFirebase Realtime Databaseインスタンスに簡単にアクセスできます。

クラウドメッセージング

バージョン2.12.0-2018年7月17日

  • Admin SDKは、 GCLOUD_PROJECTおよびGOOGLE_CLOUD_PROJECT環境変数の両方からFirebase / Google Cloud PlatformプロジェクトIDを読み取ることができるようになりました。

認証

  • Admin SDKは、サービスアカウントの認証情報で初期化することなく、カスタムトークンを作成できるようになりました。
  • SDKがserviceAccountIdアプリオプションを受け入れるようにserviceAccountIdました。これは、サービスアカウントのクライアントメールのみを設定するために使用できます。
  • Googleが管理する環境(Google App Engineなど)にデプロイすると、SDKは明示的な構成なしでサービスアカウントIDを自動検出できます。

バージョン2.11.0-2018年5月31日

認証

リアルタイムデータベース

  • Reference.update()メソッドは、 None値を含む辞書で呼び出すことができるようになりました。値がNone子キーはデータベースから削除されます。

バージョン2.10.0-2018年4月12日

認証

  • Firebase IDトークンからセッションCookieを作成するための新しいcreate_session_cookie()メソッド。
  • 指定されたセッションCookie文字列を検証するための新しいverify_session_cookie()メソッド。
  • authモジュールは、IDトークンとセッションCookieを検証するために使用される公開鍵証明書をキャッシュするようになりました。これにより、資格情報を検証する必要があるたびにネットワークコールを回避できます。

クラウドメッセージング

  • mutable_contentオプションフィールドがmessaging.Apsタイプに追加されました。 FCMメッセージをAPNsターゲットに送信するときに、これを使用してmutable-contentプロパティを設定できます。
  • messaging.Apsタイプで任意のKey-Valueフィールドを指定するためのサポートが追加されました。

バージョン2.9.1-2018年3月15日

クラウドメッセージング

  • messaging.send() APIでのエラー処理の改善。このAPIによって発生した例外には、 ドキュメントで定義されている正しいエラーコードが含まれるようになりました。
  • messagingモジュールは、すべての出力リクエストのHTTPタイムアウトの指定をサポートするようになりました。 messaging関数を呼び出す前に、 httpTimeoutオプションをhttpTimeout firebase_admin.initialize_app()httpTimeoutます。 貢献してくれたcarsongeeに感謝ます。

バージョン2.9.0-2018年2月14日

クラウドメッセージング

  • FCMメッセージを送信し、トピックのサブスクリプションを管理するための新しいfirebase_admin.messagingモジュール。
  • FCMメッセージを送信するための新しいsend()関数。
  • デバイス登録トークンのリストをFCMトピックにサブスクライブするための新しいsubscribe_to_topic()関数。
  • FCMトピックからデバイス登録トークンのリストを登録解除するための新しいunsubscribe_from_topic()関数。

認証

  • verify_id_token()関数は、オプションのcheck_revokedパラメータを受け入れるようになりました。 True場合、トークンが取り消されたかどうかを確認するために追加のチェックが実行されます。
  • ユーザーに発行されたすべてのトークンを無効にする新しいrevoke_refresh_tokens()関数。
  • トークンが無効になるまでの時間を示すために、新しいtokens_valid_after_timestampプロパティがUserRecordクラスに追加されました。

バージョン2.8.0-2018年1月11日

初期化

  • initialize_app()メソッドを引数なしで呼び出すことができるようになりました。これにより、Googleアプリケーションのデフォルト認証情報、およびFIREBASE_CONFIG環境変数から読み込まれたその他のオプションを使用してアプリが初期化されます。

リアルタイムデータベース

  • db.Reference.get()メソッドは、オプションのshallow引数を受け入れるようになりました。 True設定すると、SDKは浅い読み取りを実行し、現在の参照の子ノード値を取得しません。

バージョン2.7.0-2017年12月21日

  • FirebaseプロジェクトからのインスタンスIDと関連するユーザーデータの削除を容易にする新しいinstance_id API。

バージョン2.6.0-2017年12月8日

認証

  • 追加しましたlist_users()に関数をfirebase_admin.authモジュール。この関数を使用すると、Firebaseプロジェクトのすべてのユーザーアカウントを一覧表示または反復できます。
  • 追加しましたset_custom_user_claims()に関数をfirebase_admin.authモジュール。この関数を使用すると、Firebaseユーザーにカスタムクレームを設定できます。カスタムクレームには、そのユーザーのIDトークンを介してアクセスできます。

リアルタイムデータベース

  • 空の文字列引数を受け入れることができるように、 db.Queryクラスのstart_at()end_at()およびequal_to()メソッドを更新しました。

バージョン2.5.0-2017年11月7日

バージョン2.4.0-2017年9月21日

リアルタイムデータベース

  • db.Referenceクラスにget_if_changed()メソッドがget_if_changed()されました。これは、最後の読み取り以降に値が変更された場合にのみデータベース値を取得します。
  • initialize_app()関数に渡されたオプションディクショナリに、 httpTimeoutオプションを含めることができるようにhttpTimeoutました。これにより、SDKによって開始されるアウトバウンドHTTP接続のタイムアウト(秒単位)が設定されます。

バージョン2.3.0-2017年8月30日

リアルタイムデータベース

  • データベース参照のETag値を取得するには、 etag=Truedb.Referenceオブジェクトのget()メソッドにdb.Referenceます。
  • db.Referenceクラスにset_if_unchanged()メソッドがset_if_unchanged() 。これを使用して、データベースの場所に、指定したETag値がある場合にのみ書き込むことができます。
  • transaction()スカラー値を更新できなかったtransaction()メソッドの問題を修正しました。

バージョン2.2.0-2017年8月14日

認証

  • PythonアプリケーションからFirebaseユーザーのプロビジョニングと管理を可能にする新しいユーザー管理API。このAPIが追加されますget_user() get_user_by_email() get_user_by_phone_number() create_user() update_user()delete_dser()にメソッドfirebase_admin.authモジュール。

リアルタイムデータベース

  • db.Referenceクラスは、データベース参照でアトミック更新を実行するために使用できるtransaction()メソッドを公開するようになりました。

バージョン2.1.1-2017年7月25日

  • CertificateおよびRefreshToken資格情報タイプのコンストラクターは、ファイルパスまたは解析されたJSONオブジェクトのいずれかで呼び出すことができるようになりました。これにより、ローカルファイルシステム以外のソースからのサービスアカウント資格情報と更新トークン資格情報の使用が容易になります。
  • SDKから認証済みのHTTPリクエストを行うためのgoogle-authライブラリとの統合の改善。

バージョン2.1.0-2017年6月28日

バージョン2.0.0-2017年5月17日

  • このSDKはoauth2clientから新しいgoogle-authライブラリに移行されoauth2clientた。

認証

  • このSDKは、アプリケーションのデフォルト認証情報で初期化されたときのIDトークンの検証をサポートするようになりました。

バージョン1.0.0-2017年4月4日

初期化

  • 資格情報を使用してSDKを初期化するためのinitialize_app initialize_app()関数を提供するfirebase_adminモジュールを実装しました。
  • 実装firebase_admin.credentialsためのコンストラクタ含むモジュール、 CertificateApplicationDefaultRefreshTokenクレデンシャルタイプを。

認証

  • 実装firebase_admin.auth提供するモジュール、 create_custom_token()およびverify_id_token()カスタム認証トークンを鋳造し、Firebase IDトークンを検証するための機能を。