Firebase 有料サービスの利用規約

本 Google Firebase 有料サービス契約および Google API 利用規約(合わせて、以下「本契約」)は、Google と本サービスを使用する法人または個人(以下「お客様」)との間で締結されるものです。本契約は、お客様による Google Firebase 有料サービス(以下「有料サービス」)(https://firebase.google.com/terms に掲載)へのアクセスおよび利用に適用され、お客様が本契約をクリックし同意された日(以下「発効日」)に効力を生じます。[同意する] ボタンをクリックして登録プロセスを完了いただくことにより、または本サービスをご使用になることにより、お客様は、(I)本契約をご確認の上これにご同意いただいたこと、(II)本サービス アカウント所有者の代理として行動し、当該所有者を本契約に拘束する権限をお持ちであること、および(III)有料サービスのご使用が商用または事業目的に限られ、一般消費者向け用途ではないことをご承認いただいたものとみなされます。お客様が本契約を締結する法的権限をお持ちでない場合、本契約をご了解いただけない場合、またはいずれかの条件にもご同意いただけない場合は、クリックしてご同意いただくことも、有料サービスをご使用になることもお控えください。上記を考慮し、両当事者は以下のとおり合意するものとします。

1. 有料サービスの提供

1.1: 有料サービスとは、Google が提供および課金の基本フレームワークとして Google Cloud Platform を使用して提供する各種サービスをいいます。お客様が Google Cloud Platform サービスを直接ご使用になる場合、本契約は適用されず、Google Cloud Platform 利用規約が適用されるか、または別個の Google Cloud Platform SKU に従うものとします。

1.2: 新しいアプリケーションおよびサービス。Google は、有料サービスに関連する新しいアプリケーション、ツール、または機能を随時公開することがあります。そうしたアプリケーション、ツール、または機能をご使用いただくにあたっては、追加条件へのご同意が必要となる場合があります。

1.3: サービスの変更。Google は、有料サービスをいつでも変更することができます。

1.4: 契約の改訂。Google は、料金(およびリンクされたドキュメント)を含め、本契約を随時改訂することができます。Google による本契約の改訂はすべて firebase.google.com/terms に掲載され、掲載後直ちに効力を生じます。お客様には、有料サービスをご使用いただく前に、firebase.google.com/terms に掲載される本契約の最新版をご確認いただき、お客様のご使用に適用される最新の本契約条項を熟知いただくことをお勧めします。上記にかかわらず、Google が別途通知しない限り、本契約に対する重要な改訂については、firebase.google.com/terms に掲載されてから 14 日後に効力を生じるものとします。ただし、新機能に適用される改訂、または適用法により求められた改訂はこの限りではなく、firebase.google.com/terms に掲載後直ちに効力を生じるものとします。お客様は、本契約の改訂の一部にでもご同意いただけない場合、有料サービスのご使用を中止いただくものとします。お客様は、本契約の改訂の firebase.google.com/terms への掲載日および発効日以降に有料サービスをご使用になった場合、改訂後の本契約に引き続きご同意いただいたものとみなされます。

1.5: データの保管。有料サービスに関して別途規定がない限り、お客様データは米国内(以下「ホスティング データの場所」)に保管されます。ただし、お客様もしくはお客様のエンドユーザーが別の場所にコピーされたお客様データ、または他の Google 製品およびサービスでご使用になっているお客様データには、このホスティング データの場所が適用されないことがあります。

1.6: 一時的な保管。お客様データは、Google またはその代理店が施設を維持している国に一時的に保管またはキャッシュされることがあります。

1.7: SLA(サービスレベル契約)。有料サービスを含む Google Firebase サービスにサービスレベル契約が適用される場合には、https://firebase.google.com/terms/service-level-agreement で規定されます。

2. 支払条件

2.1: 無料割り当て。無料割り当てが適用されるサービスの場合、料金しきい値までお客様に無料で提供されます。

2.2: オンラインによる請求。Google は、該当する料金発生期間の終了時に、(i)その前の料金発生期間におけるお客様の本サービスの使用量(下記の「料金」で定義される TSS 料金が存在する場合はそれも含む)、および(ii)選択されたパッケージ購入に基づき発生したすべての料金について、お客様に電子請求書を発行します。料金しきい値を超えたご使用については、アカウントで設定された金額を上限として、すべての料金はお客様の負担となります。お客様は、すべての料金を請求書に記載される通貨で支払うものとします。お客様は、すべての料金を、当該料金に適用される支払条件に従って支払うものとします。お客様の使用量については、Google が測定した使用量を最終的なものとします。Google には、複数の請求書を発行する義務はありません。

2.3: 税金。すべての税金はお客様の負担となります。お客様は、有料サービスの料金からいかなる税金も控除することなく、Google に全額支払うものとします。Google が徴税義務または納税義務を負う場合、当該税金をお客様に請求します。ただし、所轄税務署が承認した有効な非課税証明書をお客様が Google に適時に提出した場合を除きます。一部の州では、売上税が販売時の合計購入額に対して課されるため、売上税を販売時に請求し徴収する必要があります。法により、お客様が Google への支払額から税金を控除するよう義務付けられている場合、お客様は、正式な税徴収証明書、または当該控除を裏付けるその他の適切な文書を Google に提出する必要があります。

2.4: 請求書に関する異議申し立ておよび払い戻し。法律で許容された最大の範囲で、お客様は、料金に関する異議申し立てを一切放棄するものとします。ただし、お客様が請求を受けてから 60 日以内にそうした異議申し立てを行った場合を除きます(これは、クレジットカード発行者との間のお客様の権利に一切影響しません)。払い戻し(該当する場合)は、Google の裁量により、有料サービスのクレジットの形でのみ行われます。本契約のいかなる条項も、Google に当事者へのクレジット供与義務を負わせるものではありません。

2.5: 支払いの延滞。支払いが延滞した場合は、利息として月 1.5%(または法定最高利率がこれより低い場合はその利率)が課されることがあります。Google は、お支払いが遅れたお客様のアカウントを停止する権限を有します。

2.6: 料金の改定。Google は、随時料金を改定することがあります。

3. 制限事項

3.1: コンプライアンス。お客様は、お客様データについて、およびお客様(およびエンドユーザー)が本契約条項を遵守して有料サービスをご使用いただくことについて、単独で責任を負うものとします。お客様は、すべてのエンドユーザーが本契約に基づくお客様の義務を遵守するよう保証する責任を負うものとします。

3.2: 危険度の高い活動。お客様は、有料サービスを危険度の高い活動に使用せず、またこのような用途での使用を自らの指示の下で第三者に許可しないものとします。

3.3: アプリケーション、および複数アカウントまたは複数請求書の否認。いかなるアプリケーションも、有料サービスから独立した物的価値を有するものでなければなりません。Google は、本契約に基づき、お客様に複数の請求書または複数のアカウントを提供するいかなる義務も負いません。

4. 機密性保持

いずれの当事者も、相手方当事者から事前に書面による承諾を得ることなく、相手方当事者の機密情報を使用も開示もしないものとします。ただし、本契約に基づく義務の履行を目的とする場合、または法規制もしくは裁判所命令により求められた場合を除きます。そのような場合、機密情報の開示を余儀なくされた当事者は、法が認める場合、当該機密情報を開示する前に、相手方当事者に合理的に実施可能な範囲で通知を行うものとします。

5. 期間および終了

5.1: 契約期間。本契約は、いずれかの当事者が解除するまで効力を存続します。Google は、お客様に対して責任またはその他の義務を一切負うことなく、理由のいかんを問わず、お客様との本契約をいつでも解除する権限を有します。

5.2: サービスの終了。お客様は、いつでも有料サービスの使用を中止することができます。Google は、適用されるサービス終了ポリシーにより制限される場合を除き、お客様に対して責任またはその他の義務を一切負うことなく、理由のいかんを問わず、いつでも有料サービスまたはそのいずれかの部分もしくは機能の提供を終了することができます。

5.3: 終了の効力。本契約が満了または終了した場合、(i)一方の当事者から相手方当事者に与えられた権利は直ちに失効し、(ii)最終請求書の受領をもって、お客様が Google に支払うべきすべての料金(税金を含む)が直ちに支払期限を迎え、(iii)お客様は有料サービスの使用を一切停止し、(iv)請求に応じて、各当事者が相手方当事者のすべての機密情報を返却または破壊すべく、商業上合理的な努力を払うものとします。

6. 免責事項

本契約において明示的に定めがない限り、適用法により許容される最大の範囲で、Google およびそのサプライヤーは、明示、黙示、制定法上その他を問わず、商品性、特定の使用への適合性、非侵害性を含むがこれらに限らず、有料サービスに関連して一切の保証を行いません。Google およびそのサプライヤーは、お客様データおよび有料サービスを通じて維持または送信されたその他の通信内容の削除および保存の不履行について、一切責任を負いません。お客様のアプリケーション、プロジェクト、およびお客様データの保管およびバックアップについては、お客様が単独で責任を負うものとします。Google およびそのサプライヤーならびにライセンシーのいずれも、有料サービスがエラーもマルウェアもない状態で、中断せずに動作することを保証するものではありません。有料サービスは、危険度の高い活動向けに設計または製造されたものではなく、またそうした用途を意図するものでもありません。

7. 責任の制限

7.1: 間接責任に関する制限。適用法で許容された最大の範囲で、Google またはそのサプライヤーのいずれも、逸失収益、または間接損害、特別損害、付随損害、結果損害、もしくは懲罰的損害について、Google またはそのサプライヤーがそうした損害が発生する可能性があることを知っていた、または知っていたはずであるとしても、また直接損害の賠償により十分な救済が得られない場合でも、本契約に基づき責任を負わないものとします。

7.2: 責任の上限。適用法で許容された最大の範囲で、本契約に基づく Google またはそのサプライヤーのいずれの責任も、当該責任を生じさせた事由が発生する前の 6 か月間にお客様が有料サービスの対価として Google に支払った金額を超えないものとします。

7.3: いかなる場合においても、Google およびそのサプライヤーならびに販売代理店のいずれも、合理的に予見できない費用、損失、または損害について、一切責任を負わないものとします。

7.4: 補償。お客様は、(i)アプリケーション、プロジェクト、インスタンス、またはお客様データ、もしくは(ii)お客様またはそのエンドユーザーによる有料サービスの使用に起因する範囲の申し立て、または第三者の法的手続に関連するあらゆる法的責任、損害、損失、費用、料金(弁護士費用を含む)、および費用について、Google およびそのアフィリエイト、役員、取締役、および社員を抗弁および補償するものとします。Google およびそのアフィリエイト、役員、取締役、および社員は、お客様による補償の対象となるいかなる事由についても、自身の費用負担により、単独で防御し支配する権限を有します。

7.5: 救済

7.5.1: Google は、有料サービスが第三者の知的財産権を侵害するものと合理的に判断した場合、自身の選択および費用負担により、(a)お客様が有料サービスを引き続き使用する権利を取得する、(b)有料サービスの機能を本質的に低下させることなく、権利侵害がないように有料サービスを変更する、または(c)有料サービスを、権利侵害がない同等の機能を有する代替サービスに交換することができるものとします。

7.5.2: Google は、第 7.5.1 項に定める救済が商業上合理的ではないと判断した場合、お客様による有料サービスの使用を停止または終了できるものとします。

7.6: 単独の権利および義務。本第 7 項は、相手方当事者の解除に関する権利に影響を与えることなく、知的財産権の申し立ておよび第三者による法的手続に関する本契約に基づく権利および義務を定めるものです。

8. 米国連邦政府機関のユーザー

有料サービスは、民間の費用のみにより開発されたものであり、連邦政府調達規則およびそれに付帯する政府機関補足規則の意義の範囲内での商用コンピュータ ソフトウェアおよび関連ドキュメントとなります。

9. 雑則

9.1: 譲渡。いずれの当事者も、相手方当事者から事前に書面による承諾を得ずに、本契約のいかなる部分も譲渡してはなりません。ただし、(a)被譲渡人が本契約条項に拘束されることを書面にて同意している、(b)被譲渡人が本契約に基づく義務を履行しない場合、譲渡当事者がそうした義務について引き続き責任を負う、かつ(c)譲渡当事者が相手方当事者に当該譲渡を通知している場合におけるアフィリエイトへの譲渡を除きます。これを遵守せずに譲渡しようとした場合、当該譲渡は無効となります。

9.2: 支配権の変更。一方の当事者に支配権の変更(株式売買、合併、その他の企業取引などによるもの)が発生した場合、(a)当該当事者は、当該変更後 30 日以内に相手方当事者に書面で通知するものとし、(b)相手方当事者は、当該支配権の変更から書面による通知の受領後 30 日以内であればいつでも、直ちに本契約を解除することができます。

9.3: 不可抗力。いずれの当事者も、その合理的な支配が及ばない状況により生じた不履行または履行遅滞については、責任を負わないものとします。

9.4: 権利不放棄。いずれの当事者も、本契約に基づく権利のいずれかを履行しなかった(またはその履行を遅延した)としても、権利の放棄とは見なされないものとします。

9.5: 契約の可分性。本契約の条項(または条項の一部)が無効、違法、または施行不能であったとしても、本契約のその他の部分の効力には影響を及ぼさないものとします。

9.6: 効力の存続。Google API 利用規約の第 8 項に基づく条項の存続に加えて、本 Google Firebase 有料サービス契約の第 2 項、第 4 項、第 5.3 項、第 6 項、第 7 項、および第 9 項は、本契約の満了または終了後もその効力が存続するものとします。

9.7: 完全合意。本契約は、両当事者が合意したすべての条項を定めるものであり、本契約の主題に関して両当事者間で交わされたその他のあらゆる取り決めに優先します。本契約の締結により、いずれの当事者も、本契約に明示的に定めるものを除き、いかなる声明、表明、または保証(善意または過失によってなされたかを問わない)に依拠しておらず、またそのような声明、表明、または保証に基づく権利または救済を有するものではありません。本契約およびドキュメントで参照される URL に掲載される条項は、参照により本契約に組み込まれます。Google は、発効日以降、本契約内の URL に代えて、更新した URL を提供することがあります。

9.8: 定義

「アカウント」とは、Google が認証し承認したお客様の有料サービスのアカウントをいいます。

「管理コンソール」とは、有料サービスの管理のために Google がお客様に提供するオンライン コンソールまたはツールをいいます。

「アフィリエイト」とは、当事者が直接的または間接的に支配する、または支配される法人をいいます。

「申し立て」とは、アフィリエイトではない第三者の申し立てをいいます。

「アプリケーション」とは、お客様が有料サービスを使用し作成したウェブ アプリケーションまたはその他のアプリケーションをいいます。これは、インスタンスでホストされる、または有料サービスと併用される、お客様が書いたあらゆるソースコードを含みます。

「機密情報」とは、一方の当事者(またはアフィリエイト)が本契約に基づき相手方当事者に開示する情報であり、機密として標記されるもの、または通常機密情報とみなされるべき状況にあるものをいいます。機密情報には、受領当事者が独自に開発した情報、受領当事者が守秘義務を課されることなく第三者から合法的に付与された情報、または受領当事者の責によらず公知となった情報は含まれません。お客様データは、前文に従いお客様の機密情報とみなされます。

「支配」とは、当事者の議決権または株式持分の 50% を超えて支配することをいいます。

「お客様データ」とは、お客様により(またはお客様の単独の裁量により)有料サービスを通じて Google に提供されるデータをいいます。

「ドキュメント」とは、お客様に有料サービスをご使用いただくにあたり、お客様が一般的にご利用いただける形式で Google が提供する Google のドキュメント(メールを通じて提供されるあらゆる関連情報を含む)をいいます(そうしたドキュメントは随時更新されることがあります)。

「エンドユーザー」とは、お客様が有料サービスを使用して提供するアプリケーションまたはその他のサービスの使用をお客様により許可された個人をいいます。

「料金」とは、各サービスに適用される料金、および適用されるすべての税金をいいます。各サービスの料金は、https://firebase.google.com/pricing/ に掲載されています。

「料金発生期間」とは、管理コンソールで Google が指定する歴月またはその他の期間をいいます。

「料金しきい値」とは、https://firebase.google.com/pricing/ に掲載される、特定の有料サービスに適用されるしきい値をいいます(このしきい値は随時更新されることがあります)。

「Google」とは、(i)お客様の請求先住所が欧州、中東、またはアフリカ(「EMEA」)のいずれかの国である場合、事業所を Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland に置く Google Ireland Limited、(ii)お客様の請求先住所がオーストラリアを除くアジア太平洋地域(「APAC」)のいずれかの国である場合、事業所を 70 Pasir Panjang Road, #03-01, Mapletree Business City II, Singapore 117371 に置く Google Asia Pacific Pte. Ltd.、(iii)お客様の請求先住所がオーストラリア国内である場合、事業所を Level 5, 48 Pirrama Road, Pyrmont 2009, NSW, Australia に置く Google Australia Pty Limited、または(iv)お客様の請求先住所が EMEA および APAC 以外のいずれかの国である場合、事業所を 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, California 94043 に置く Google Inc. をいいます。

「危険度の高い活動」とは、核関連施設、航空管制、生命維持装置の運用など、本サービスの利用または障害が死亡、人身傷害、または環境破壊につながる可能性がある用途をいいます。

「インスタンス」とは、お客様が設定し管理する仮想マシン インスタンスをいいます。

「知的財産権」とは、特許法、著作権法、営業機密法、商標法、または著作者人格権法に基づく現在および将来にわたる世界的な権利、およびその他の同様の権利をいいます。

「パッケージ購入」とは、お客様が有料サービスをご使用になるか否かにかかわらず、指定期間内に有料サービスの指定パッケージを購入するお客様の義務をいいます。パッケージ購入は、管理コンソール、またはその他の適用される注文書により行うことができます。

「プロジェクト」とは、お客様用のコンピューティング、ストレージ、および API リソースのグループをいいます。お客様は、こうしたプロジェクトを通じて有料サービスを使用できます。

「税金」とは、本サービスの購入に伴う、Google の所得税以外のあらゆる税または関税であり、関連するあらゆる罰金または利息を含みます。

「TSS」とは、Google により提供され適用されるドキュメントに基づき、Google がお客様に提供する技術サポート サービスをいいます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。