Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase を iOS プロジェクトに追加する

前提条件

  • 以下をインストールします。

    • Xcode 12.2 以降
    • CocoaPods 1.10.0 以降
  • プロジェクトが次の要件を満たしていることを確認します。

    • プロジェクトのターゲットは iOS 10 以降に設定してください。
  • 物理 iOS デバイスを設定するか、iOS シミュレータを使用してアプリを実行します。

Xcode プロジェクトがない場合、Firebase プロダクトを試してみるだけであれば、クイックスタート サンプルをダウンロードしてお使いいただけます。

ステップ 1: Firebase プロジェクトを作成する

iOS アプリに Firebase を追加する前に、iOS アプリに接続するための Firebase プロジェクトを作成します。Firebase プロジェクトの詳細については、Firebase プロジェクトについて理解するをご覧ください。

ステップ 2: アプリを Firebase に登録する

Firebase プロジェクトを作成したら、プロジェクトに iOS アプリを追加できます。

Firebase プロジェクトにアプリを追加するベスト プラクティス、考慮事項(複数のビルド バリアントの扱い方など)の詳細については、Firebase プロジェクトについて理解するをご覧ください。

  1. Firebase コンソールに移動します。

  2. プロジェクトの概要ページの中央にある iOS アイコン()をクリックして、設定ワークフローを起動します。

    すでに Firebase プロジェクトにアプリを追加している場合は、[アプリを追加] をクリックするとプラットフォームのオプションが表示されます。

  3. アプリのバンドル ID を [iOS バンドル ID] フィールドに入力します。

  4. (省略可)その他のアプリ情報(アプリのニックネームApp Store ID)を入力します。

  5. [アプリを登録] をクリックします。

ステップ 3: Firebase 構成ファイルを追加する

  1. [GoogleService-Info.plist をダウンロード] をクリックして、Firebase iOS 構成ファイル(GoogleService-Info.plist)を取得します。

  2. 構成ファイルを Xcode プロジェクトのルートに移動します。メッセージが表示されたら、構成ファイルをすべてのターゲットに追加するオプションを選択します。

プロジェクトに複数のバンドル ID がある場合は、Firebase コンソールで登録済みアプリに各バンドル ID を関連付けて、各アプリで固有の GoogleService-Info.plist ファイルを使用できるようにする必要があります。

ステップ 4: アプリに Firebase SDK を追加する

Firebase ライブラリのインストールには CocoaPods を使用することをおすすめします。ただし、CocoaPods を使用せずに、SDK フレームワークを直接統合するか、代わりに Swift Package Manager を使用する方法もあります。

クイックスタート サンプルのいずれかを使用していますか?使用している場合は、Xcode プロジェクトと Podfile(ポッドを含む)はすでに存在しますが、Firebase 構成ファイルを追加して、それらのポッドをインストールする必要があります。

  1. Podfile がない場合は作成します。

    cd your-project-directory
    pod init
  2. アプリで使用したい Firebase Pod を Podfile に追加します。

    サポートされている Firebase プロダクトを iOS アプリに追加できます。

    アナリティクスが有効な場合

    platform :ios, ‘10.0’
    # Add the Firebase pod for Google Analytics pod 'Firebase/Analytics' # For Analytics without IDFA collection capability, use this pod instead # pod ‘Firebase/AnalyticsWithoutAdIdSupport’ # Add the pods for any other Firebase products you want to use in your app # For example, to use Firebase Authentication and Cloud Firestore pod 'Firebase/Auth' pod 'Firebase/Firestore'

    デバイスレベルの広告識別子である IDFA について詳しくは、Apple のユーザー プライバシーとデータの使用と、App Tracking Transparency に関するドキュメントをご覧ください。

    アナリティクスが無効な場合

    platform :ios, ‘10.0’
    # Add the pods for the Firebase products you want to use in your app # For example, to use Firebase Authentication and Cloud Firestore pod 'Firebase/Auth' pod 'Firebase/Firestore'
  3. ポッドをインストールし、.xcworkspace ファイルを開いて Xcode でプロジェクトを確認します。

    pod install
    open your-project.xcworkspace

ステップ 5: アプリで Firebase を初期化する

最後に、アプリケーションに初期化コードを追加します。この手順は、アプリに Firebase を追加するときにすでに完了している可能性があります。クイックスタートのサンプル プロジェクトを使用した場合は自動で完了しています。

  1. Firebase モジュールを UIApplicationDelegate にインポートします。

    Swift

    import Firebase

    Objective-C

    @import Firebase;
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常はアプリの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで行います。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
  3. Firebase 向け Google アナリティクスを追加した場合は、アプリを実行して、Firebase のインストールに成功したという確認を Firebase コンソールに送信します。

設定は以上です。状況に応じて次の手順に進んでください。

設定の際に問題が発生した場合は、iOS のトラブルシューティングとよくある質問をご覧ください。

使用可能なポッド

このセクションでは、iOS とその Pod でサポートされている Firebase プロダクトを一覧表示しています。Firebase iOS ライブラリの詳細については、以下をご覧ください。

サービスまたはプロダクト Pod アナリティクスの追加
AdMob pod 'Google-Mobile-Ads-SDK'
アナリティクス pod 'Firebase/Analytics'
App Distribution pod 'Firebase/AppDistribution'
Authentication pod 'Firebase/Auth'
Cloud Firestore pod 'Firebase/Firestore'
Cloud Functions for Firebase Client SDK pod 'Firebase/Functions'
Cloud Messaging pod 'Firebase/Messaging'
Cloud Storage pod 'Firebase/Storage'
Crashlytics pod 'Firebase/Crashlytics'
Dynamic Links pod 'Firebase/DynamicLinks'
アプリ内メッセージング pod 'Firebase/InAppMessaging'
(必須)
Firebase インストール pod 'Firebase/Installations'
Firebase ML カスタムモデル API pod 'Firebase/MLModelDownloader'
Performance Monitoring pod 'Firebase/Performance'
Realtime Database pod 'Firebase/Database'
Remote Config pod 'Firebase/RemoteConfig'

CocoaPods を使用せずに統合する

CocoaPods を使用しない場合でも、フレームワークを直接インポートするか、Swift パッケージ マネージャーを使用することで Firebase SDK を利用できます。

フレームワーク

iOS プラットフォームのサポートに加えて、zip にはコミュニティ ベースの Catalyst サポートを追加する .xcframework ファイルが含まれるようになりました。詳しくは、GitHub の Firebase iOS SDK の README をご覧ください。

  1. framework SDK zip をダウンロードします。このファイルのサイズは約 200 MB で、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

  2. ファイルを解凍し、アプリに含めるフレームワークの README を確認します。

  3. ターゲットのビルド設定で Other Linker SettingsObjC リンカーフラグを追加します。

Swift Package Manager

Swift Package Manager の統合の詳細については、こちらのガイドをご覧ください。

次のステップ

以下で Firebase の詳細を確認します。

Firebase サービスをアプリに追加します。