Firebase 開始チェックリスト

このドキュメントには、Firebase アプリを実際に運用する前に考慮すべきチェックリストが記載されています。

接続済みのアプリを更新

Android Firebase コンソール(OAuth クライアント ID 用)で Android アプリ向けのリリース SHA1 フィンガープリントを追加します。

iOS iOS アプリ向けの App Store ID、バンドル ID、およびチーム ID(必要な場合)を更新します。

ウェブ 不正使用を防ぐためのドメインのホワイトリストを追加します。 - Google Developer Console のブラウザ API キーとクライアント ID の運用環境ドメインをホワイトリストに登録 - Firebase コンソール パネルの [Auth] タブにある運用環境ドメインをホワイトリストに登録

プランの上限を確認する

すべて Spark プランおよび Flame プランでは、Realtime Database、ストレージ、およびホスティング機能の苛酷使用に上限が設けられています。この上限に達すると、アプリが意図したとおりに機能しない可能性があります。この制限を取り除くには、Blaze プランへのアップグレードを検討してください。詳細については、料金体系をご覧ください。

サービスを準備

Remote Config

すべて 試験運用版の Remote Config ルールがリリース ユーザーに影響せず、アプリで適切なデフォルト値が配信されることを確認します。

Analytics

すべて 起動時からユーザーの収集を開始するための、アナリティクス向けのユーザー パラメータを規定します。

すべて Crash Reporting で使用できるように、リリースビルド向けの proguard ファイルをアップロードします。Analytics データで BigQuery を使用する場合に備え、BigQuery のリンクを有効にします。

Cloud Messaging

iOS 本稼働環境の APNs 証明書が iOS での Cloud Messaging にアップロードされていることを確認し、リリースビルドでサンドボックスをオフにします。

Crash Reporting

Android Crash Reporting で使用できるように、リリースビルド向けの proguard マッピングをアップロードします。

iOS Crash Reporting で使用できるように、リリースビルド向けの dsym ファイルをアップロードします。

Realtime Database

Android Proguard Rules を設定して Realtime Database との連携を有効にします。

すべて Firebase Database Rules を設定し、意図しないデータアクセスを防ぎます。

すべて スケーリングの準備が整っていることを確認します。Realtime Database には、ほとんどのアプリケーションに十分対応できるだけのデフォルトの割り当て容量が備わっていますが、アプリによっては追加容量が必要になる場合もあります。

Storage

すべて Storage Security Rules を設定し、意図しないデータアクセスを防ぎます。

Authentication

Android Proguard Rules を設定して Authentication との連携を有効にします。

iOS 一般的なエラーに対するエラー処理が、iOS に備わっていることを確認します。

すべて 使用していないプロバイダ(特に Firebase コンソールの匿名ユーザーなど)を無効にします。

すべて Google ログインを使用している場合は、OAuth 同意画面をカスタマイズします。

すべて 認証メール送信サービスのドメインと送信者をカスタマイズします。

リリース

Android Test Lab で Android アプリを実行し、バグの最終チェックを行います。

すべて 主要な新機能のダイナミック リンクを作成し、これをプロモーション用資料およびソーシャル メディア向けに使用できるようにします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。