Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase Crashlytics

iOS、Android、Unity で動作する強力なクラッシュ レポート ソリューションを使用して、アプリの問題を明確かつ実践的に把握できます。

Firebase Crashlytics は軽量なリアルタイムのクラッシュ レポートツールで、アプリの品質を低下させる安定性の問題を追跡し、優先順位を付け、修正するのに役立ちます。Crashlytics を使用すると、クラッシュをインテリジェントにグループ化し、クラッシュにつながった状況をあぶり出すことによって、トラブルシューティングの時間を節約できます。

特定のクラッシュが多くのユーザーに影響を与えるかどうかを調べたり、問題の重大度が急激に増した場合にアラートを受け取ったりできるほか、コード内でクラッシュの原因となっている行を特定することもできます。

Crashlytics をインストールする

主な機能

キュレーションされたクラッシュ レポート Crashlytics は大量のクラッシュ レポートを管理しやすい問題のリストに整理し、コンテキスト情報を追加するとともに、クラッシュの重大度と蔓延度を示します。これにより、根本原因をより迅速に特定できます。
一般的なクラッシュへの対処 Crashlytics ではクラッシュ分析を利用できます。よくある安定性の問題に関する役立つヒントを参照できるほか、問題をトラブルシューティングし、優先順位を付けてスムーズに解決できます。
アナリティクスとの統合 Crashlytics では、アプリのエラーを app_exception イベントとしてアナリティクスでキャプチャできます。このイベントを使用することで、クラッシュに至るまでに発生した他のイベントのリストにアクセスできるため、デバッグが容易になります。また、クラッシュしたユーザーのアナリティクス レポートを取得できるため、オーディエンス分析も可能になります。
リアルタイムのアラート 迅速に確認しなければならない新しい問題、リグレッションの問題、拡大している問題について、リアルタイムでアラートを受け取ることができます。

実装パス

アプリを接続する Firebase コンソールで、アプリに Firebase を追加します。
SDK を統合する CocoaPods または Gradle を使用して Crashlytics SDK を追加します。これにより、Crashlytics がレポートの収集を開始します。
Firebase コンソールでレポートを確認する Firebase コンソールにアクセスして、アプリ内の問題の追跡、優先順位付け、修正を行います。

次のステップ

  • Firebase Crashlytics を使ってみる - iOS、Android、Unity のアプリに Firebase Crashlytics を追加する方法を学びます。

  • クラッシュ レポートをカスタマイズする - SDK を追加すると、Crashlytics は直ちに自動的にクラッシュ レポートの収集を開始しますが、オプトイン レポート、ログ、キー、非致命的なエラーの追跡を追加して設定をカスタマイズすることもできます。