Firebase コンソールで Gemini を試す

Firebase で Gemini を設定すると、それを使用して Firebase デベロッパーのエクスペリエンスを向上させることができます。

Gemini ペインを開くには:

Gemini ペインが開き、Firebase コンソールのすべてのページで表示されます。Gemini とのチャットを行い、[Gemini] ペインで利用可能なすべての機能を試すことができます。

Firebase コンソールに spark [Gemini in Firebase] が表示されない場合は、プロジェクトに Gemini を Firebase で設定するの手順に沿って有効にします。

Gemini と話す

Gemini ペインを開いたら、すぐに Gemini との会話を開始し、自然言語を使用した質問を開始できます。

次の手順では、Cloud Firestore に関する Gemini との会話を示します。この例では、Gemini に Firestore の基本ルールセットを提供し、要件を追加するたびにそれらを改良するように指示します。

  1. [Ask me any about Firebase] フィールドに次のプロンプトを入力し、[Send] をクリックします。

    Can you provide a short, secure set of Firestore rules for a chat app?
    

    Gemini はそのレスポンスを表示します。レスポンスには、通常は提案されたルールと、ルールの動作の詳細な説明が含まれます。

  2. 次に、Gemini にルールを拡張、拡張するように指示します。たとえば、Gemini が、認証されたユーザーにチャットの読み取りと書き込みを許可する基本的なルールセットを返している場合は、より制限されたルールセットを要求できます。[Ask me any about Firebase] フィールドに次のプロンプトを入力し、[Send] をクリックします。

    Can you update the rules so that only the sender and recipient can access chats and supports image storage?
    

    Gemini は、画像ストレージを含むより制限の厳しいルールを返し、ルールセットの各コンポーネントについて詳しく説明する必要があります。また、Cloud Firestore のドキュメントや関連するコードラボなどの有用なリソースへのリンクも提供する必要があります。

  3. また、フィールドにルールを貼り付けて、アドバイスを求めることもできます。 Markdown 構文はサポートされているため、次のようなクエリを入力できます。

    What can you tell me about this Firestore rule set?
    
      ```
      rules_version = '2';
      service cloud.firestore {
        match /databases/{database}/documents {
    
          match /users/{userId} {
            allow read, write: if request.auth.uid == userId;
          }
    
          match /chats/{chatId} {
            function isParticipant() {
              return request.auth.uid in resource.data.participants;
            }
    
            allow read, create: if isParticipant();
            allow update, delete: if false;
          }
    
          match /chats/{chatId}/messages/{messageId} {
            allow read, create: if isParticipant();
          }
        }
      }
      ```
    

    会話を続けて、取り組んでいるルールを共有しながらトラブルシューティングを続けると、Gemini から改善と最適化が提案されます。

Firebase コンソールの Gemini ペインで詳細を確認する

Firebase コンソールの Gemini ペインには、Gemini モデルでの共同作業を簡素化するさまざまな機能があります。

オプション アクション
サポートへのお問い合わせ ヘルプの利用: デベロッパー向けドキュメントの検索、サポートへのお問い合わせ、Firebase サービスのステータスの確認を行うことができます。
Spark ヘルプビューがアクティブなら、Firebase チャットで Gemini を切り替えます。
会話を削除します。会話をクリアすると、以前のコンテキストがすべてクリアされ、新しい会話セッションが開始されます。
テキストの選択 Gemini ペインをコンソール上の特定の場所に固定します。ペインのドッキングを、左、上、右、下から選択できます。
テキスト_select_move_back_word Gemini ペインをドッキングすると元の状態に戻ります。
全画面表示 コンソール全体を占める Gemini ペインを最大化します。
fullscreen_exit Gemini ペインを元のサイズに戻します。
Firebase での Gemini の使用体験について、Firebase チームに問題を報告してください。バグの報告、改善の提案、一般的なフィードバックの提供をお願いいたします。
閉じる Gemini ペインを閉じます。

Crashlytics で AI アシスタントを使用する

Crashlytics で AI アシスタントを使用してクラッシュに関する分析情報を生成するには:

  1. プロジェクトの Crashlytics ページを開き、アプリを選択します。
  2. 調査するクラッシュを見つけて選択します。Crashlytics イベントページが表示され、[AI の分析情報を生成] ボタンがあります。

  3. [AI の分析情報を生成] ボタンをクリックします。

    分析情報とともに、次の 1 つ以上が表示されます。

    • 考えられる原因を示すクラッシュの分析
    • デバッグ手順
    • 実行可能な次のステップ
    • ベスト プラクティス

詳細については、Crashlytics で AI アシスタントを利用するをご覧ください。